モバイルWiFiルーターと固定回線のメリットを比較!おすすめサービスもまとめてみた

46542 views

ステイホームが推奨され、テレワークなどの「出社せずに自宅で働くワークスタイル」が推進されている昨今。自宅にいることが増えた影響で、仕事や生活のためにインターネット環境を整えようとする世帯も急増しています。

そんな時に迷いやすいのが、契約するインターネット回線の種類です。特に、モバイル回線(モバイルWiFiルーター)と固定回線のどちらを選ぶかという点において悩まれる方も多いのではないでしょうか。

「今は在宅時間が長いが、コロナ禍が落ち着いたらまた生活が変わるかもしれない。モバイルWiFiルーターと固定回線ならどちらがおすすめなんだろう?」
「そもそもモバイルWiFiルーターと固定回線の違いって?」

今回はそんな方に向けて、モバイルWiFiルーターと固定回線をわかりやすく比較しました。利用する前に参考にできる、おすすめのモバイルWi-Fiサービスや固定回線サービスもあわせてまとめたので、契約するインターネット回線にお悩みの方は、ぜひご一読ください。

WiFiストアからの申し込みならお得な特典がついてきます。WiFi選びに迷ったらチェックしてみてください。

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

当記事は2021年9月時点の情報をもとに作成しており、現状とは情報が異なる場合があります。ご了承ください。

どっちが便利?モバイルWiFiルーターと固定回線の特徴を比較

どっちが便利?モバイルWiFiルーターと固定回線の特徴を比較

それぞれの特徴を比較する前に、まずモバイルWi-Fiルーターと固定回線について簡単にご説明します。

モバイルWiFiルーターとは、外出先にもWiFi環境を携帯できる手のひらサイズのデバイスのことです。申し込んだ日から即日~数日中にインターネットが使えるようになるため、手軽に導入しやすいところが魅力といえます。

一方、固定回線は自宅などの宅内に引くインターネット回線のことです。昨今は高速通信を可能にする光回線の普及によって、通信速度の速さや安定感に定評があります。

以上を踏まえて、モバイルWi-Fiルーターと固定回線の違いを、大手サービス2社のデータを元に詳しく比較してみましょう。

比較ポイントモバイルWi-Fiルーター
(Broad WiMAX)
固定回線
(ドコモ光)
工事の有無工事なし工事あり
(申し込みから約2週間後)
工事費用工事なしマンション16,500円(税込)
戸建て19,800円(税込)
利用開始までの期間最短即日約2週間~1ヶ月
月額料金2,999円(税込)~マンション4,400円(税込)~
戸建て5,720円(税込)~
※1ギガ・タイプAプランの場合
通信速度下り最大1.2Gbps※1下り最大1Gbps※2
月間データ容量サービスによっては制限なし※3制限なし
通信速度制限使ったデータ量に応じて制限あり無制限

※1 ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンでご利用時。 Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。 USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。
※1 本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客様のご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
※2 最大速度1Gbpsは技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。インターネットご利用時の通信速度は、お客様のご利用環境や回線の混雑状況、マンションの場合は該当建物の伝送方式などによって、大幅に低下する場合があります。
※3 ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃 (2017年2月時点)にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。 ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。

上記の一覧を見るとわかる通り、モバイルWi-Fiルーターと固定回線には「工事の有無」「通信速度制限の有無」という2点において違いがあります。それぞれの違いについて詳しく見てみましょう。

モバイルWiFiルーターは工事不要!利用開始までのスピード感を重視する方におすすめ

まず「工事の有無」についてですが、固定回線は基本的にインターネットの開通にあたって回線工事が必須であるのに対し、モバイルWiFiルーターは工事の必要がありません。

この「工事の有無」で何が変わるのかというと、申し込みからインターネットの利用開始までの期間に大きな差が出ます

本来、自宅でインターネットを使えるようにするには、インターネットに繋げるための有線ケーブルを外部の電柱などから宅内に引き入れる工事を行う必要があります。この工事そのものは1~2時間で終わりますが、問題はサービスの申し込みから工事日までの間が約2週間~1ヶ月ほど空きやすいという点です。理由としては、工事する建物の構造確認に時間がかかることや、繁忙期で工事日の予約が詰まっているなどの理由が挙げられます。

このような事情から、固定回線は申し込み~インターネットの開通までの期間が長くなりやすい点がデメリットといえるでしょう。

一方、モバイルWi-Fiルーターは有線ではなく無線で基地局と通信を行うため、回線工事をする必要がありません。工事の順番待ちがないので、サービスの申し込みから最短即日でインターネットを利用できるところが大きなメリットです。

固定回線はほぼ通信速度制限なし

次に、モバイルWi-Fiルーターと固定回線の2つめの違いである「通信速度制限の有無」について見てみましょう。

通信速度制限とは、インターネット通信量がご利用中のプランの上限を超えた時、一時的に通信速度を低下させる制限のことです。インターネットでやりとりできる通信総量はそもそも有限であり、インターネットを使っている全員で分け合っている状態といえます。よって一人がインターネットの通信量を独占して他の人のネット利用に支障をきたさないように、一定のデータ使用量を超過した人には利用制限がかかるようになっているのです。

この通信速度制限が、固定回線にはほぼありません。有線でやりとりできるデータ総量は、モバイルWi-Fiルーターのような無線でやりとりできるデータ総量よりも多いため、制限をかける必要性が薄いのです。

通信速度制限を気にせずインターネットを使えるところが、固定回線のメリットといえるでしょう。

▽モバイルWi-Fiルーターも使い方次第で実質無制限に

ただ、モバイルWi-Fiルーターも普段の使い方によっては、通信速度制限を気にせず使うことができます。

たとえば「Broad WiMAX」のギガ放題プランなら、直近3日間で10GB以上利用していない場合、通信速度を制限されることはありません。

3日間で10GBと言われてもあまりピンと来ないかもしれませんが、PCでYouTubeを約7時間(超高画質)~83時間(低画質)ほど再生すると、約10GBになります。(参考: UQコミュニケーションズ)

Amazonプライム・ビデオやNetflix、DAZNといった動画ストリーミングサービスを1日に数時間利用するようなヘビーユーザーは難しいかもしれませんが、SNSやビジネス使用といった範疇であれば、月間データ量を気にせず高速回線を使うことが可能です。月間データ量に上限がないので、固定回線の代わりとして利用する人も増えています。

【結論】利便性重視ならモバイルWiFiルーターがおすすめ

利便性重視ならモバイルWiFiルーターがおすすめ

ご紹介したとおり、モバイルWiFiルーターと固定回線にはそれぞれ強みがあります。

しかしどこでもネット環境を作れる利便性や、利用開始までのスピーディさ、宅内の回線工事がいらないことなどから、モバイルWiFiルーターの方が利便性に優れているといえるでしょう。

モバイルWiFi ルーターのおすすめサービスは「Broad WiMAX」

モバイルWiFi ルーターの提供元には様々な会社がありますが、中でもおすすめといえるのが「Broad WiMAX」です。

Broad WiMAX

■Broad WiMAXのプラン表

ギガ放題プラン
(WiMAX2+)
ギガ放題プラスプラン
(4G/5G対応)
月額料金2,999円(税込)~4,763円(税込)~
通信速度下り最大1.2Gbps※1下り最大2.7Gbps※
月間データ容量制限なし※2制限なし※3
通信速度制限使ったデータ量に応じて制限あり無制限

※ 本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客様のご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
※ 5G通信は一部エリアで提供。
※1 ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンでご利用時。 Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。 USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。
※2 ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃 (2017年2月時点)にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。 ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。
※3 直近3日間にご利用の通信量が合計15GB以上の場合、ネットワーク混雑時間帯に通信速度が概ね1Mbpsの制限を行います。エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。ネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。

他社と比べてもおすすめといえるポイントはこちら。

  • ・【安い】業界でも最安クラスの月額2,999円~※1
  • ・【早い】最短で申し込み当日に利用開始できる
  • ・【快適】月間データ量制限なし※2
  • ・【端末費無料】全端末無料キャンペーンで最新機種も0円で使える
  • ・【セットでお得】auスマホ割プランあり

※1 各通信事業者のHPで公表されているWiMAX2+サービス22社の月額基本料の比較において。Link Life社調べ(2021年9月時点)
※2 ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃 (2017年2月時点)にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。 ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。

【安い】業界でも最安クラスの月額2,999円~※

Broad WiMAXは、月間データ容量の制限がない「ギガ放題プラン」も月額2,999円から利用できます。さらに2021年9月現在、Web割キャンペーンにより初期費用の20,743円(税込)も0円になっています。お得にインターネットを利用したい方におすすめです。

※ 各通信事業者のHPで公表されているWiMAX2+サービス22社の月額基本料の比較において。Link Life社調べ(2021年9月時点)

【早い】最短で申し込み当日に利用開始できる

Broad WiMAXは回線工事が不要のため、端末が到着したその日からすぐにインターネットが使えるようになります。また、東京都、埼玉県、大阪府、愛知県については端末の受け取りができる店舗も設置しているため、近辺にお住まいの方は最短即日で利用を開始することも可能です。

【快適】月間データ量制限なし※

Broad WiMAXの「ギガ放題プラン」「ギガ放題プラスプラン」は、月間データ容量の制限がありません。たっぷりインターネットを楽しみたい方にぴったりです。

※【ギガ放題プランの場合】ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃 (2017年2月時点)にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。 ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。
※【ギガ放題プラスプランの場合】直近3日間にご利用の通信量が合計15GB以上の場合、ネットワーク混雑時間帯に通信速度が概ね1Mbpsの制限を行います。エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。ネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。

【端末費無料】全端末無料キャンペーンで最新機種も0円で使える

Broad WiMAXでは2021年9月現在、端末無料キャンペーンが実施中です。最新のモバイル端末やホームルーターを無料で使うことができる他、回線工事も不要のため、申し込み後速やかにインターネットを利用できるようになります。

【セットでお得】auスマホ割プランあり

auスマホを利用されている方なら、「auスマートバリューmine」と、Broad WiMAXの「ギガ放題プラン」または「ライトプラン」を同時に申し込むことで、毎月最大1,100円のスマホ料金の割引を受けることが可能です。

Broad WiMAXをご検討したい方は、ぜひ下記リンクより公式サイトをご確認ください。当サイト経由で申し込むと、事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンも行っております。

「それでも固定回線がいい」という方はSoftBank光やドコモ光、auひかりも視野に

「それでも固定回線がいい」という方はSoftBank光やドコモ光、auひかりも視野に

利便性についてはモバイルWi-Fiルーターが優れていますが、外出先でネットを使う予定がない場合は、固定回線の利用もひとつの選択肢です。

おすすめのサービスは「SoftBank光」や「ドコモ光」、「auひかり」。固定回線はモバイルWi-Fiルーターと比べて月額料金が高くなる傾向にありますが、SoftBank光やドコモ光、auひかりならそれぞれスマホのセット割が適用されるため、月々のスマホ利用料金を安く抑えやすくなります。料金の比較やキャンペーン概要などを以下にまとめました。

SoftBank 光ドコモ光auひかり
月額料金(税込)マンション:4,180円~
戸建て:5,720円~
マンション:4,400円~
戸建て:5,720円~
マンション:4,730円~
戸建て:6,130円~
工事費(税込)工事不要~26,400円工事不要~19,800円マンション:33,000円
戸建て:41,250円
スマホ料金の割引額(税込)
※加入プランにより割引額が異なります。
毎月550~1,100円割引毎月110~1,100円割引毎月550~1,100円割引
キャンペーン■LifeBankのHPからの申し込みにより、
・最大75,000円キャッシュバック
・25,200円を指定口座へお振込み

■違約金・撤去工事費還元
■回線開通までWi-Fiルーターを無料レンタル

■ネットナビのHPからの申し込みにより、最大20,000円キャッシュバック
■新規工事費無料
■販売代理店「25」HPからの申し込みにより、最大131,000円キャッシュバック
■初期費用相当割引

※横にスクロールできます。

SoftBank光なら販売代理店である「株式会社LifeBank」から申し込むことで最大7万5000円、ドコモ光ならネット代理店「ネットナビ」から申し込むことで最大2万円のキャッシュバックを受けることができます。またauひかりは販売代理店「25」なら最大131,000円還元を行っています。お得に契約したい方は参考にしてみてください。

まとめ

まとめ

モバイルWiFiルーターと固定回線それぞれの特徴や、おすすめのサービスなどについてご紹介しました。

インターネットはもはや、日々の生活に欠かせない大切なインフラのひとつです。上記を参考に、快適な通信サービスを選んでみてくださいね。

WiFiストアでは様々なWiFiサービスをまとめています、WiFiルーターの比較も可能なので気になるWiFiがあったらチェックしてみてください。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。