急にスマホの通信速度が遅くなった時の原因とすぐに実践できる対処法を解説

236 views

「スマホが急に遅くなった」「動作が何となく重い感じがする」などで悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

スマホを使っていて急に通信や動作が遅くなった時には、いくつか確認しておきたい典型的な原因と対処法があります。原因を特定して適切に対処できれば、再び快適に通信ができるはずです。ぜひ原因と対処法を押さえていきましょう。

本記事では、スマホの通信速度・動作が遅くなった原因と対処法を詳しく解説していきます。

※本記事は2022年6月29日に更新されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることをあらかじめご了承ください。

急にスマホの通信速度・動作が遅くなった原因は?

急にスマホの通信速度・動作が遅くなった時の原因としては、通信環境、通信制限、デバイスのスペックの問題など、いくつか原因が考えられます。

  • ・インターネットの通信環境が原因
  • ・通信制限や契約プランが原因
  • ・スマホのスペック不足が原因

それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

インターネットの通信環境が原因

インターネットの通信環境が原因で、通信速度が遅くなっている可能性があります。

スマホが携帯電話の回線に接続している場合には、電波状況が悪かったり、あるいは利用者が密集していたりすることで、通信速度が遅くなったり、通信が不安定になったりすることがあります。

また、WiFiに接続している場合には、ルーターの配置、障害物、電波干渉などが原因で、WiFiの電波を十分に受信できていない可能性が考えられます。

Wi-Fiの乗り換えを検討している方はこちらをチェック。

通信制限や契約プランが原因

スマホの料金プランでは、多くのプランで毎月のデータ量の上限が設定されていて、上限を超えると通信制限にかかることになります。

通信制限中は通信速度が制限されるので、制限がかかる前のような快適な通信はできなくなります。

通信制限については、最大1Mbpsなどの比較的制限の緩いものから、最大200kbpsといった制限の厳しいものまでさまざまです。

制限が厳しい場合には、WebページやSNSの閲覧などの比較的軽めの通信であっても、通信のモタつきが大きく、ストレスを感じることになります。

プランによっては、通信制限に関わらず、通信速度の上限が設定されているものもあるため、注意が必要です。

また、スマホの設定を低速モード(節約モード)にしていることに気づかず、速度が落ちてしまっていたなんてことも。
キャリアによっては低速モードがあるため、通信速度が低下した際は低速モードがONになっていないか確認しましょう。

スマホのスペック不足が原因

通信速度に問題がない場合でも、デバイス自体の処理性能の問題で、Webページやアプリを開くのが遅くなることがあります。

「ハイエンドモデルか、エントリーモデルか」「新しいモデルか、古いモデルか」といった違いで、処理性能に大きく差が出てきます。

処理性能が低いデバイスの場合、Webページを開くにもアプリを動かすにも、処理性能の高いものに比べると動作は遅くなります。

スマホの通信速度・動作が遅い時の対処法

スマホの通信速度が遅い時の対処法

スマホの通信速度や動作が遅いと感じたら、以下の対処法を実践してみましょう。

  • ・電波状況の良いところに移動する
  • ・データ量を追加購入する
  • ・スマホを買替える
  • ・OSを最新のものにアップデートする
  • ・不要なデータ・アプリを削除する
  • ・キャッシュを削除する
  • ・携帯電話会社の乗り換えを検討する

電波状況の良いところに移動する

携帯電話回線の電波を十分に受信できていない場合は、場所を移動することで通信速度が改善できる可能性があります。

屋内の奥まった場所にいる場合や、ビルが密集するエリアにいる場合には、少し場所を移動することで電波状況が改善することがあります。

屋内であれば、窓際など電波が届きやすい場所に移動してみると電波が届きやすいはずです。屋外では、障害物の少ない開けた場所に移動してみると通信が改善するかもしれません。

スマホの画面に表示されている受信強度を確認しながら、電波が受信しやすい場所を探してみると良いでしょう。

データ量を追加購入する

通信制限にかかった場合には、データ量を追加購入することで、制限を解除できます。

通常のプランで提供されている金額に比べると割高になることが多いですが、今すぐ制限を解除したい場合には選択肢のひとつになります。

もちろん、月間の上限を超えた際の通信制限については、翌月になれば解除されます。追加で費用をかけたくない場合は、通信制限の解除まで待ちましょう。

スマホを買替える

スマホのスペック不足が原因で動作が遅い場合は、スマホの買替えを検討しましょう。

特に最新の3Dゲームを快適にプレイしたいと考えているなら、ハイエンドのデバイスを使用したいところです。逆にゲームをたくさんプレイしない場合には、普段使いに必要十分な性能を搭載したミドルレンジやエントリークラスのスマホで十分なことが多いです。

用途に合わせて、必要なスペックの機種を選んでいきましょう。

OSを最新のものにアップデートする

セキュリティの向上や機能の追加のために、iPhone、Androidのそれぞれで、OSアップデートが定期的に実施されています。

最新OSへアップデートすれば、現在使用しているOSバージョンでの不具合が解消し、快適に使用できるようになる可能性があります。

iPhone、AndroidそれぞれのOSアップデートの手順は以下のとおりです。

▼iPhoneのOSをアップデートする手順

  • 1.「設定」>「一般」の順に選択
  • 2.「ソフトウェア・アップデート」をタップ

※OSバージョンにより細かい操作は異なります

▼AndroidのOSをアップデートする手順

  • 1.「設定」>「システム」>「システム アップデート」の順に選択
  • 2.アップデートのステータスが表示されるので、画面に表示される手順に沿って操作

※機種やOSバージョンにより細かい操作は異なります

不要なデータ・アプリを削除する

ストレージ不足で動作が遅い場合は、要らない動画・写真・アプリを削除しましょう。特に動画や、ゲームアプリなどデータ量の大きいものの削除から手を付けていきたいところです。

iPhoneのストレージ使用状況の確認は、「設定」アプリから可能です。「設定」>「一般」>「[デバイス] ストレージ」の順に選択すると、ストレージの管理画面が表示されます。こちらのページから、アプリのデータ量を確認しながら削除ができるので活用していきましょう。

Androidのアプリやデータの整理では、Google公式の「Files by Google」のアプリが便利です。こちらのアプリから、使用していないアプリを一覧で表示したり、まとめて削除したりすることができます。

効率的に空き容量を増やすためにぜひ利用していきましょう。

キャッシュを削除する

キャッシュがたまりすぎている場合には、キャッシュを削除することで動作が改善することがあります。

キャッシュは、WEBサイトやアプリのデータを一時的に保存して読み込みを早くするものですが、データがたまりすぎてしまうと、逆に動作が遅くなることもあります。スマホの動作が遅いと感じているなら、キャッシュの削除も試してみると良いでしょう。

個人情報を保存しているCookieの削除も有効ですが、こちらを消してしまうと、通販サイトやSNSなどににログインする際に保存されたパスワードやIDの記録が削除されるため注意が必要です。

Androidの各アプリのキャッシュは下記の手順で削除できます。

▼Androidの各アプリのキャッシュを削除する方法

  • 1.「設定」を開く
  • 2.アプリをタップ
  • 3.「○個のアプリをすべて表示」をタップ
  • 4.キャッシュを削除したいアプリをタップ
  • 5.「ストレージとキャッシュ」をタップ
  • 6.「キャッシュを削除」をタップ

※機種やOSバージョンにより細かい操作は異なります

iPhoneについては個別のアプリの設定からキャッシュを削除します。なお、標準ブラウザのSafariのキャッシュの削除は、「設定」アプリ内から可能です。下記の手順で操作して削除できます。

▼iPhoneのSafariのキャッシュを削除する方法

  • 1.「設定」>「Safari」の順に選択
  • 2.「履歴と Web サイトデータを消去」をタップ

携帯電話会社の乗り換えを検討する

契約先の通信速度がそもそも遅いのであれば、乗り換えを検討したいところです。

格安SIMに比べると、大手キャリアの方が安定して通信ができる傾向です。大手キャリアは自社で回線を保有しているため、大手キャリアから回線を借り受けてサービスを提供している格安SIMに比べると通信速度が安定しています。

料金としては、格安SIMの方が安いことが多いですが、通信速度が遅くて快適に利用できない場合には、キャリアの提供するサービスへの乗り換えも検討しましょう。

スマホの通信速度に関するよくある質問

最後に、スマホの通信速度に関するよくある質問をまとめています。気になる疑問をチェックしていきましょう。

通信速度はどうやって測定できる?

スマホの通信速度はスピードテストサイトやアプリで測定できます。

たとえばNetflixが提供するスピードテストサイト「Fast.com」では、下り・上りの通信速度、レイテンシが確認できます。ページを開くとすぐに測定が開始され、測定完了後に結果が表示されます。

通信速度測定

参照:Fast.com

動画を見るのにどれぐらいの通信速度が必要?

動画を見るのに必要な通信速度としては、通常の画質であれば、3~10Mbps程度の速度があれば十分です。4Kなどの高画質で動画を視聴する場合には、20~30Mbps程度の通信速度が必要になります。

必要に応じて、スピードテストを実施して、快適に動画が視聴できる通信速度が出ているかを確認してみましょう。

まとめ

急にスマホの通信速度が遅くなる原因としては、通信環境、通信制限、デバイスのスペックの問題など、いくつかの原因が考えられます。

通信速度や動作の改善方法としては、「電波状況の良いところに移動する」「スマホの買替え」「データやキャッシュの削除」「契約先の乗り換え」などが挙げられます。

ぜひ通信環境や使用方法を見直して、必要な対処方法を実践していきましょう。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。