置くだけのWiFi徹底比較!コンセントにさすだけで使えるおすすめ5社を紹介

1269 views

「置くだけWi-Fiって最近よく聞くけど、実際どういうサービスなの?」
「置くだけWi-Fiのメリットやデメリット、おすすめサービスを知りたい!」

今回はそんな方にむけて、置くだけWi-Fiの概要やメリット・デメリットなどをご紹介します。
置くだけWiFiを提供している5社の料金プランの比較もまとめているので、置くだけWiFiをお得に契約したい方もぜひご一読ください。

※本記事は2021年10月に作成されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

※「置くだけ WiFi」はドコモ社の商標ですが、本記事ではホームルーターの総称として解説していきます。

置くだけWiFiとは

置くだけのWiFiとは

置くだけWiFi(ホームルーター)とは、本体をコンセントにさすだけで、回線工事などの手間をかけることなくインターネットに接続できるようになる据え置き型機器のことです。

固定回線と置くだけWi-Fiの違い

固定回線(光回線)と置くだけWi-Fiの大きな違いは、利用場所への引き込み方法が有線か、無線かという点です。

まず固定回線の場合は、インターネットの引き込み方法が有線となります。よってインターネットを使うには、光ファイバーケーブルなどの回線を、近くの電柱から宅内に引き込む回線工事を行わなければなりません。工事の申し込みから実施まで約2週間~1ヶ月ほどかかることが多いため、インターネットの利用開始までの待ち時間が長いという難点があります。

一方、置くだけWi-Fiは、光ファイバーケーブルなどの有線ではなく、無線通信によってインターネットと接続します。端末が届いたら、コンセントにさすだけですぐにネットが使えるようになるため、自宅用のネット回線として利用しやすいところがメリットです。

モバイルWi-Fiルーターと置くだけWi-Fiの違い

無線でインターネットに接続できる機器には、モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)というアイテムもあります。モバイルWi-Fiルーターは置くだけWi-Fiと同じく回線工事なしでインターネットを使うことができ、かつ持ち運びができる所が大きな特徴です。

一方、置くだけのWiFiは持ち運びができない反面、直接引き込みをしていることからモバイルWiFiルーターよりアンテナが強く、通信が安定しやすいという利点があります。持ち運び重視ならモバイルWi-Fiルーター、自宅で固定回線の代わりとして使うのであれば置くだけWi-Fiの利用がおすすめです。

※「Pocket Wi-Fi」はソフトバンク社の商標ですが、本記事ではモバイルWi-Fiルーターの総称として表現しています。

置くだけWiFiのメリット

置くだけWi-Fiの主なメリットをさらに詳しく見てみましょう。

○メリット

  • ・回線工事が不要
  • ・引っ越し先でもすぐ使える
  • ・固定回線よりも月額料金が安くなりやすい

メリット1:回線工事が不要

1つめのメリットは前述したとおり、コンセントにさすだけでネットが使えるようになる点です。回線工事に伴う費用もかからないため、初期費用を安く抑えることができます。

固定回線の回線工事費例も参考にご覧ください。

  • ■NURO光:44,000円
  • ■ドコモ光:戸建て19,800円、マンション16,500円
  • ■SoftBank 光:26,400円

メリット2:引っ越し先でもすぐ使える

2つめのメリットは、もし引っ越しや単身赴任といった転居をしなければならなくなった際でも、転居先に置くだけWi-Fiを持っていくことですぐにインターネットを使えるようになることです。

たとえば固定回線を契約していた場合は、引っ越し先に回線環境がなければまた回線工事を待つ必要があります。

一方置くだけWi-Fiに必要な手続きは、契約住所の変更のみ。サービスの対象エリアであれば転居先のコンセントにさすだけでネット環境を整えることが可能です。

メリット3:固定回線よりも月額料金が安くなりやすい

3つめのメリットは、置くだけWi-Fiの月額料金が固定回線より安くなりやすい点です。置くだけWi-Fiの人気サービスのひとつであるモバレコAirと、大手固定回線の月額料金を比較してみましょう。

サービス名月額料金(マンション)月額料金(戸建て)
モバレコAir
プラン:端末購入プラン
2,167円~(税込)
ドコモ光
プラン:1ギガ
4,400円~(税込)5,720円~(税込)
フレッツ光
プラン:完全定額プラン
3,300円~(税込)5,088円~(税込)

上記の表のとおり、置くだけWi-Fi「モバレコAir」の月額料金は、住まいのタイプに関わらず2,167円~。固定回線の月額料金と比べてもリーズナブルであるほか、初期費用も安いことから、気軽に利用しやすいことがわかります。

置くだけWiFiのデメリット

置くだけWi-Fiには便利な点も多くありますが、以下のようなデメリットもあります。

〇デメリット

  • ・固定回線と比べて通信速度や安定性でやや劣る
  • ・契約回線によっては速度制限がある

デメリット1:固定回線と比べて通信速度や安定性でやや劣る

置くだけWi-Fiは無線でインターネットに接続する機器なので、光回線などの固定回線と比べると、通信速度や安定性でやや劣ります。

特に電波が届きにくい場所ではネットの接続が切れることもある点がデメリットです。対応エリア外でも利用できないため、申し込みの際は契約先の公式サイトで対応エリアをチェックするようにしましょう。

ただ通信速度については、動画視聴やオンラインゲームを楽しむ速度は十分出るため、インターネットの使用感に問題はありません。実際にゲームを試した記事もあるので、参考にしてみましょう。

デメリット2:契約回線によっては速度制限がある

置くだけWi-Fiは、契約回線によっては短期間で大容量の通信を行うと速度制限がかかることがあります。

たとえばWiMAXでは、直近3日で10GB以上のデータ通信を行うと、翌日の18時~深夜2時まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

ただし、直近3日の使用量が10GBを下回ったタイミングで制限は解除されます。制限が掛かる時間帯以外も、直近3日で10Gという制限に気をつければ無制限で使用が可能です。

〇利用イメージ

wimax制限

人によってはデメリットにならないので、自身のネットの使い方から判断すると良いでしょう。

置くだけWiFiに向く人、向かない人

置くだけWi-Fiのメリット、デメリットを踏まえた上で、置くだけWi-Fiに向いている人と不向きな人について見てみましょう。

置くだけWi-Fiに向いている人

  • ・インターネットを使うのは主に自宅
  • ・回線工事なしでネット環境を作りたい
  • ・一人暮らしまたはネットユーザーが自分だけ(通信量が少ない)
  • ・自宅にネット環境を用意したいが、引っ越しや転勤の予定がある

置くだけWi-Fiに向いているのは、インターネットのライトユーザータイプの人です。また、家の構造や家主の意向などで回線工事がしにくい人や、引っ越しの予定がある人にもおすすめのサービスといえます。

置くだけWi-Fiに不向きな人

  • ・外でも使えるインターネット環境がほしい
  • ・オンラインゲームをよくプレイするので、ラグを起こしたくない
  • ・高画質の動画を長時間視聴するなど、ネットのヘビーユーザーである

置くだけWi-Fiにやや不向きといえるのが、インターネットのヘビーユーザータイプの人です。

置くだけWi-Fiなどの無線回線はデメリットの項目でご紹介したとおり、大容量のデータ通信を行うと一時的に通信制限がかかってしまうことがあります。特に、月々のデータ使用量の制限がないプランは、一部のヘビーユーザーによって回線の独占を防ぐため、この制限がかけられていることが多いです。

通信が混雑しやすい18時~深夜2時を含めてインターネットをよく利用する方は、やや不便を感じることもあるでしょう。

通信容量制限なしのサービスを選ぶなら、ヘビーユーザーでも置くだけWi-Fiの利用はアリ

ただ、置くだけWi-Fiの中には速度制限がほぼないサービスも存在します。代表的なプランが、SoftBankが提供している置くだけWi-Fi「ソフトバンクエアー」です。

WiMAXを始めとする無線回線(モバイル回線)の場合、月々のデータ通信容量に上限がないプランには「3日間のデータ使用量が10GB以上になると一時的に速度制限がかかる」などの規制が掛かっています。

しかし、ソフトバンクエアーには月々のデータ使用上限も、通信速度制限もありません。大容量データを扱う人も、光回線などと同じように使用することができます。

なおサービス安定供給のため、下記の場合に速度制限が掛かることがあります。

  • ・夜間など利用が集中する時間帯
  • ・周辺のエリアでネットワークが高負荷となった場合

詳しくは「SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて」をご確認ください。

状況次第で通信制限がかかることを留意しておく必要はありますが、通信制限なしの置くだけWi-Fiサービスを探している人にはおすすめのサービスといえるでしょう。

〇ソフトバンクエアー詳細

機種名Airターミナル4 NEXT
使用回線SoftBank 4G LTE
最大通信速度※下り612Mbps
無線LAN規格IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
最大接続数128台
月間データ通信容量上限なし
速度制限サービス安定提供に伴い、速度制限が起こる可能性あり。※1

※最大通信速度は、規格上の最大値です。実際の使用速度を示すものではありません。
※1 詳しくは「SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて」をご確認ください。

※「置くだけ WiFi」はドコモ社の商標ですが、本記事ではホームルーターの総称として解説していきます。

「置くだけWiFi」5社を徹底比較!「安さ重視」と「速度重視」のおすすめプラン

「置くだけWiFi」5社を徹底比較

それでは2021年10月時点で申し込める「置くだけWi-Fi」のおすすめ5社を比較してみましょう。自分に合うプランを見つけたい時は、

  • ・料金の安さ
  • ・通信速度

という2つのポイントに注目するのがおすすめです。

〇置くだけWi-Fi比較

プラン使用回線月額費用実質月額※契約期間キャッシュバック・割引
モバレコAir4GプランSoftBank2,167円~5,368円3,562円2年・最大26,580円キャッシュバック
・機種代金分36ヵ月割
SoftBank Air4G&5G対応プランSoftBank5,368円5,457円機種代金分36ヵ月割
カシモWiMAX4G&5G対応プランau 5G、WiMAX2+、au 4G LTE4,455円4,462円3年・端末代金無料
・初月1,408円
Broad WiMAX4GプランWiMAX2+、au 4G LTE2,999~4,413円3,787円3年・月額割引キャンペーン
・事務手数料無料(WiFiストア限定)
・端末代金無料
・最大5,000円キャッシュバック
4G&5G対応プランau 5G、WiMAX2+、au 4G LTE2,090~4,708円4,353円3年・月額割引キャンペーン
・事務手数料無料(WiFiストア限定)
UQ WiMAX4G&5G対応プランau 5G、WiMAX2+、au 4G LTE4,268~4,818円5,124円2年・WiMAX +5G はじめる割
25か月間550円割引

※実質月額の契約期間は37ヶ月間で統一して計算しています。

上記5社のプランを「料金の安さ」重視で見た場合、最もおすすめできるのはモバレコAirです。

次に「通信速度」と「料金の安さ」をあわせて見た場合、最もおすすめできるのはBroad WiMAX(5G)となります。

それぞれのサービスがおすすめできる理由についてご紹介しましょう。

安さを重視するなら、モバレコAirがおすすめ!

モバレコAir

置くだけWi-Fiの利用料金の安さを重視する方には、「モバレコAir」がおすすめといえます。

理由は、長期間の月額費用割引やキャッシュバックキャンペーンが非常に充実しており、実質月額も3,291円と、5社中最安値だからです。お得さを実感できる3つのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント① 2年間にわたる月額費用の割引あり

モバレコAirは限定月額キャンペーンにより、月々の利用料金が大きく割引されます。

通常月額料金5,368円のところ、

  • ・1~2ヶ月目は3,201円引きの2,167円
  • ・3~24ヶ月目は1,689円引きの3,679円

で利用できます。2年間の総割引額は43,560円と、非常にお得です。

おすすめポイント② 最大26,580円の高額キャッシュバック

モバレコAirの公式サイトからの新規申し込み、かつクレジットカード払いで、最大26,580円のキャッシュバックを受け取ることができます。

おすすめポイント③ 違約金・撤去工事費用を還元

他社の固定ブロードバンド回線または他社モバイルブロードバンド回線からモバレコAirに新規で乗り換える場合、違約金(解約金)や撤去費用を還元してもらえます。条件に概要する人は、乗り換えにかかる費用がほとんどかからなくなるでしょう。

モバレコAirは2021年10月時点において、最もお得に契約できる「置くだけWiFi」といえます。

〇モバレコAir詳細

月額費用1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目~:5,368円
実質月額3,562円
初期費用事務手数料:3,300円
使用回線サービスソフトバンクエアー
最大下り通信速度612Mbps
平均実測下り速度44.55Mbps※
主なキャンペーン・最大26,580円キャッシュバック
・モバレコAir限定月額キャンペーン
・あんしん乗り換えキャンペーン

※平均実測下り速度は、「みんなのネット回線速度」から参照しています。
https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-air

本家「ソフトバンクエアー」よりお得に使える

モバイルAirと本家のソフトバンクエアーと比較すると、通信回線や対応エリアなどのサービスは変わりません。大きな違いは月額費用のみ。実質月額で比較するとモバレコAirの方が月々1,895円もお得です。

置くだけWi-Fiをリーズナブルに使いたい方はもちろんのこと、ソフトバンクエアーをお得に使いたい方にも、モバレコAirはおすすめのサービスといえるでしょう。

速度重視の5Gプランなら、Broad WiMAXがおすすめ!

Broad WiMAX

インターネットの通信速度を重視するなら、高速通信ができる「5G回線」対応のプランを選ぶのが前提となります。

上記5社のうち、5Gに対応しているのはSoftBankAir、カシモ WiMAX、Broad WiMAX、UQ WiMAXの4社です。それぞれの通信速度を比較してみましょう。

最大下り通信速度平均実測下り速度
SoftBank Air2.1Gbps24.59Mbps
計測機種:Airターミナル5
カシモ WiMAX2.7Gbps75.75Mbps
計測機種:Speed Wi-Fi HOME 5G L11
Broad WiMAX2.7Gbps44.69Mbps
計測機種:Speed Wi-Fi HOME 5G L11
UQ WiMAX2.7Gbps60.21Mbps
計測機種:Speed Wi-Fi HOME 5G L11

※平均実測下り速度は、「みんなのネット回線速度」から参照しています。
https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-air

速度の差を感じやすいのは「下り通信速度」ですが、上記の表のとおり、各社の最大下り通信速度および平均実測下り速度に、それほど大きな差はありません。通信環境や機器によっても通信速度は変わるため、どのサービスも快適にネットができるポテンシャルは十分あるといえます。

これを踏まえた上で、5G回線に対応しており、かつ「安さ」も重視した場合のおすすめプランはBroad WiMAXです。おすすめのポイントをまとめてみました。

おすすめポイント① 月額割引でお得に使える

Broad WiMAXの5G対応プランには、2年契約のギガ放題プラスと、3年契約のギガ放題プラスDXがあります。どちらも通常月額である5,313円から大幅な月額割引があり、リーズナブルに利用できるところが魅力です。

ギガ放題プラスギガ放題プラスDX(3年)
月額料金(税込)利用1~2ヶ月目:2,999円
利用3~24ヶ月目:4,634円
利用1~2ヶ月目:2,090円
利用3~36ヶ月目:3,894円

特に3年契約のギガ放題プラスDXは契約期間である3年もの間、ずっと月額料金の割引を受けられるため、とてもお得に5G回線を使えるようになっています。長期的な利用を考えている人におすすめです。

おすすめポイント② キャッシュバックやキャンペーンも充実

Broad WiMAXは上記の月額割引の他、以下のキャンペーンも実施されています。

  • ・Webからの申込み、かつ2台目契約で5,000円キャッシュバック(ギガ放題プラスのみ)※
  • ・Webからの申込みで、通常時 20,743円の初期費用が0円※
  • ・最新端末を含む全端末の代金0円(ギガ放題プラスのみ)
  • ・他社WiMAXからの乗り換えなら違約金最大19,000円還元

※お支払い方法をクレジットカードで申し込みし、オプションの「安心サポートプラス(月額550円)」と「My Broadサポート(月額907円)」に初回加入する必要があります。無料で解約が可能です。

乗り換えや端末費を大きく抑えられるので、利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

〇Broad WiMAX (ギガ放題プラスDX)概要

月額費用ご利用開始月:2,090円の日割料金
1~2ヶ月目:2,090円
3~36か月目:3,894円
37ヵ月目~:4,708円
実質月額4,353円
初期費用事務手数料:0円(WiFiストア限定)
使用回線サービスWiMAX
最大下り通信速度2.7Gbps
平均実測下り速度44.7Mbps※
主なキャンペーン月額割引キャンペーン

※平均実測下り速度は、「みんなのネット回線速度」から参照しています。(https://minsoku.net/speeds/home_router/services/speed-wifi-home-5g-l11/providers/broad-wimax?page=5)
※「置くだけ WiFi」はドコモ社の商標ですが、本記事ではホームルーターの総称として解説していきます。

置くだけWi-Fiの申し込みからセッティングまでの流れ

最後に、置くだけWi-Fiを申し込んでから使用開始までの流れを確認してみましょう。申し込み方法はおすすめの「モバレコAir」を例としてご紹介します。

置くだけWi-Fi「モバレコAir」の申し込み方法

モバレコAir公式サイトにある、「モバレコAirにお申込み」ボタンから申し込みフォームに移動できます。

モバレコAir申込ボタン

フォームに沿って必要な情報を入力し、申し込みをしましょう。また、申し込みの際にはクレジットカードと本人確認用書類が必要です。有効期限が切れていない運転免許証やパスポート等を用意しておきましょう。

置くだけWi-Fiのセッティングのコツ

申し込みから最短3日で置くだけWiFiが到着します。手元に置くだけWiFiが届いたら、コンセントを挿して利用を開始しましょう。

ただし、置くだけWiFiは置く場所によっては電波の入りが悪くなってしまいます。下記の置き場所選びのポイントを参考にしてみてください。

○好ましい置き場所

  • ・外からの電波が届きやすい、窓の近く
  • ・棚の上など、ある程度高さのある場所

×避けた方がいい置き場所

  • ・棚の中やテレビの裏など、障害物がある場所
  • ・電子レンジなど電波が発生する物の近く

電源が入ったら本体に記載されているSSIDと暗号キーを確認し、スマホ等でWiFi接続してみましょう。

もし使ってみて通信速度が遅いなどの不満があるときは、送料を負担する必要はありますが、8日以内に返却することで無料キャンセルができます

届いたらすぐに利用を開始して、2日間ほど様子を見てみましょう。対応エリア内でも電波が入りにくい場所があるので、必ず問題なく使用できるか確認してください。

キャンペーンの手続きも忘れずに

最大26,580円キャッシュバックキャンペーンを受け取るには、申請が必要です。キャッシュバックは、申し込み月を含めた12ヶ月目に行われます。

事前にキャッシュバック申請メールが届くので、記載された登録期間内に手続きを行いましょう

置くだけWi-Fiの 5G対応機種・プランが続々登場!今後は5Gが主流になる可能性大

今回は定番の人気サービスを中心にご紹介しましたが、今後5G対応の置くだけWiFiサービスはどんどん増えていくことが予想されます。

たとえば2021年8月にはau初の5G対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」がリリースされ、同月にドコモ初の置くだけWiFi「HOME 5G」も販売がスタートしました。

さらに、11月上旬にはNECプラットフォームズ製の5G対応置くだけWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」がUQコミュニケーションズより発売予定。UQ WiMAXおよびauでの取り扱いがすでに決定しています。

このように、5G対応の置くだけWi-Fi機器やサービスは、続々と新商品が登場しています。今後モバイル回線の5Gエリアもどんどん拡大されていくことから、置くだけWiFiは5G回線が当たり前になっていくでしょう。

コンセントにさすだけで、簡単にインターネットに繋がる「置くだけWi-Fi」。今後もWiFiストアコラムでは新情報を随時発信していくので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

○この記事のポイント

  • ・置くだけWi-Fiのメリットは、回線工事が不要などの手軽さ
  • ・置くだけWiFiのデメリットは光回線と比べると安定性でやや劣ることや、契約回線によっては速度制限があること
  • ・置くだけWi-Fiに向いている人はインターネットのライトユーザー
  • ・置くだけWi-Fiに不向きな人はインターネットのヘビーユーザー。ただし通信容量制限なしのサービスを選べば快適な利用が可能
  • ・置くだけWi-Fiのなかで料金の安さを重視するなら「モバレコAir」がおすすめ
  • ・置くだけWi-Fiのなかで通信速度と安さを重視するなら「Broad WiMAX(5G)」がおすすめ

置くだけWi-Fiは工事が不要で手軽に利用できる、自宅用におすすめのネット回線です。コンセントにさすだけで使うことができ、面倒な設定や配線もいりません。自宅にWi-Fi環境を用意したい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

※「置くだけ WiFi」はドコモ社の商標ですが、本記事ではホームルーターの総称として解説しています。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。