テザリングとWiFiの違いは? テザリングとモバイルWiFiルーターのメリット・デメリットも解説

29217 views

WiFi環境がない場所でパソコンやタブレットをネットに繋ぐには、モバイルWiFiルーターを使うのが一般的ですが、スマホのテザリング機能を使っても接続できます。

テザリングとWiFiはどちらもインターネットに繋ぐ手段となりますが、両者はどのような違いがあるでしょうか。

本記事ではテザリングとWiFiの仕組みから、モバイルWiFiルーターとテザリングのメリット・デメリットを分かりやすく解説し、それぞれどんな人に向いているのかをまとめています。

※本記事は2021年4月8日に作成されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

テザリングとWiFiの違いとは

まずはテザリングとWiFiの違いについて説明します。

テザリングとは、スマートフォンやタブレットの回線を使ってパソコンやゲーム機をネットに接続できる機能のことです。親機となる回線が通信エリア内であれば、周辺に無線LAN環境がなくてもネットが使えます。

WiFiは無線LANの規格(ルール)の1つです。WiFiの電波が届く範囲ならLANケーブルを繋がなくても、複数台の機器を同時にインターネットに接続できるようになります。

そもそもWiFiってどういう仕組み?WiFiってなに?という人はこちらをチェック。

テザリング・モバイルWiFiルーターのメリット / デメリット

テザリングとモバイルWiFiルーターを比較してみると、用途や目的によってメリットやデメリットがあります。双方の特徴を見ていきながら、どちらが自分に合っているのかチェックしてみてください。

テザリングのメリット・デメリット

テザリング・モバイルWiFiルーター

■テザリングのメリット

・スマホだけで手軽にネット環境ができる

スマホの標準機能として使える「テザリング」は、設定からオンにするだけですぐに使い始められる手軽さが最大の魅力です。筆者もパソコン作業をする時にWiFi環境がない場所ではテザリングを使っています。

■テザリングのデメリット

・バッテリーの消耗が激しい
・通信制限にかかる可能性がある
・通話中は利用できない
・プランによってはオプション料金が発生する

テザリングのデメリットは、スマホ側のバッテリー消費がはやくなること。WiFiの電波を飛ばしながらスマホも常時接続しているため通常よりもみるみる残量が減っていきます。

長時間テザリングをオンにしていると、スマホを肝心なときに使えなくなる可能性があるため注意が必要です。バッテリー残量が少なくなったときのために、モバイルバッテリーや充電器は一緒に持っていくと安心です。

また、スマホの通信量を使って通信を行うため、ついつい使いすぎると速度制限に掛かってしまう可能性があります。

テザリングでパソコンを使う場合、OSのアップデートやクラウドの自動バックアップなど、思わぬところで大容量の通信を行うことがあります。スマホの設定やキャリアのマイページでどれだけ通信したのか定期的に通信量を確認しておいたほうが安心です。

モバイルWiFiルーターのメリット・デメリット

テザリング・モバイルWiFiルーター

■モバイルWiFiルーターのメリット

・高速通信 / 容量が多い(無制限も!)
・バッテリー消費が少なく長時間使用できる
・クレードルで有線LAN接続も可能

写真や動画のアップロードやダウンロードなど、大容量の通信を使う場合は制限の掛かりにくいモバイルWiFiルーターの利用がおすすめです。テザリングの手軽さは魅力的ですが、ヘビーに利用する方に根強い人気があります。

近年では月間通信量が無制限のプランも続々と登場しており、通信量を気にせず思う存分ネットが楽しめます。とはいえ、ネットワーク占有レベルの極端な使い方をしてしまうと制限に掛かってしまうため使いすぎには注意が必要です。

デスクトップPCやゲーム機など自宅に据え置きで使う場合、クレードルに設置することで有線LAN接続も可能な機種があります。無線と比べて接続が安定しており、専用機ならではの使い勝手の良さもメリットの1つ。

■モバイルWiFiルーターのデメリット

・持ち運ぶ荷物と充電する手間が増える
・携帯とモバイルWiFiルーターの2台分の料金が掛かる

モバイルWiFiルーターのデメリットは、充電管理や持ち運ぶ手間が増えてしまうこと。

モバイルWiFiルーターは長時間駆動が魅力ですが、バッテリーが切れてしまうとただの荷物になります。外出前にルーターをカバンに入れ忘れたり、外出先で紛失してしまうと通信できなくなるため充電や持ち運ぶ手間が増えます。

さらに、スマホとモバイルWiFiルーターの請求が別々で来てしまうので、お金の管理や解約時の手間が増えてしまいます。WiFiルーターは2~3年縛りのプランが多く、「契約したけどあまり使わなくて解約したい」と思っても解約しづらくなります。

WiFiストアでは様々なWiFiサービスをまとめています、WiFiルーターの比較も可能なので気になるWiFiがあったらチェックしてみてください。

テザリングとモバイルWiFiルーターを比較!お得なのはどっち?

テザリングとモバイルWiFiルーターを比べて、どちらを使った方がお得か比較してみました。

テザリングにはドコモ、モバイルWiFiルーターにはBroadWiMAXを使用し、利用可能データ通信量の多いプランの使用を想定しています。

〇テザリングとモバイルWiFiルーターの比較

 ドコモ ギガホ プレミアBroad WiMAX 
基本月額料金7,205円(定期契約あり:7,018円)2,999円~4,413円※1
利用可能データ量60GBまで上限なし※2
テザリング利用料0円
最低利用期間・解約金定期契約あり:2年間
2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外の解約で1,100円
定期契約なし:0円
3年間
12ヶ月以内:20,900円
13-24ヶ月以内:15,400円
 25ヶ月目以降:10,450円
更新月0円

〇1台持ちと2台持ちの費用比較

 1台持ち
ドコモ ギガホ プレミア
2台持ち
ahamo+BroadWiMAX
基本月額料金7,205円(定期契約あり:7,018円)5,969~7,383円※1

表記の価格は全て税込みとなります。
※1 Broad WiMAXの月額費用は、1~2カ月目は2,999円、3~24カ月目は3,753円、25カ月目以降は4,413円となります。
※2ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃 (2017年2月時点)にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。

 

利用可能なデータ量は、モバイルWiFiルーターが有利。テザリングでは利用可能データ量に制限がありますが、WiMAXのギガ放題プランなら動画も気にせず楽しめます。

また、テザリングではスマホと通信量を共有することになるため、実際にテザリングで使えるデータ量はさらに限られてしまいます。

費用面での比較では、ドコモのギガホ プレミア1台持ちと、ドコモのahamo(月額2,970円)+BroadWiMAXの2台持ちを比べてみました。割引期間によって変化はありますが、割引期間が終わるとドコモのギガホ プレミアの方が少し安くなります。

しかし、定期契約なしの場合、費用差183円でデータ通信量が60GBから上限なしになると考えると、ヘビーユーザーは2台持ちの方がお得に使えるでしょう。

モバイルWiFiルーターを使用する際に注意したいポイントは最低利用期間と違約金です。スマホの回線契約と比べて縛りが強いため、途中解約がしづらくなっています。今回の例で挙げたBroad WiMaxなど、一部の契約会社では違約金の負担を減らすキャンペーンも行っているので、気になる方はチェックしておきましょう。

初期費用がお得!おすすめのモバイルWiFiルーターは「Broad WiMAX」

モバイルWiFiルーターでおすすめしたいのは「Broad WiMAX」。

税込み2,999円から使える業界最安級(※1)の月額費用が魅力。また、WiFiストアから申し込むことで事務手数料3,300円が無料になり、クレカ払いと合わせることで初期費用最大20,743円もの割引が受けられます。

回線にはUQモバイルが展開するWiMAXが使用しており、通信品質が高いのも特徴。下り最大440Mbps(※2)の高速通信で、動画もスムーズに視聴可能です。

高速通信が可能なWiMAX2回線に加え、au 4G LTE回線に対応しているのもポイント。対応エリアが広く、どこでも快適にネットを楽しめます。

モバイルWiFiルーターを検討している方は、ぜひBroad WiMAXをチェックしてみてください。

※1 各通信事業者のHPで公表されているWiMAX 2+サービス29社の月額基本料の比較において。LinkLife社調べ(2021年4月時点)
※2 表記の通信速度はシステム上の最大速度となります。通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。一部下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。

まとめ

テザリングとモバイルWiFiルーターの特徴や、メリットとデメリットをご紹介しました。

どちらも一長一短あるので、自分に合う方を選ぶことが大切。手軽に使いたいならテザリング、データ通信量が多いならモバイルWiFiルーターを検討してみましょう。

スマホとモバイルWiFiルーターの2台持ちなら、状況に応じて使い分けるのも便利です。外出先でよくインターネットを利用する方は検討してみましょう。

WiFiストアからの申し込みなら、お得な特典が付いてきます。WiFiの契約を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。