【2023年最新】WiMAXプロバイダランキング!おすすめ11社を徹底比較!

18548 views

【おすすめのWiMAXはどこ?】

WiMAXとは、無線通信技術のひとつ。現在はWiMAX回線を利用したWiFiサービスを「WiMAX」と呼ぶことが多いです。WiMAXは工事不要、データ容量無制限*でインターネットを使用できることが特徴です。

各プロバイダからさまざまなプランが展開されているので、どれがおすすめなのか比較する際に迷ってしまいますよね。

WiMAXのプロバイダは、どれを選んでも通信品質に変わりはありません。
そのため、WiMAXは料金の安さやキャッシュバックなどのキャンペーン、クレジットカード以外でも払えるか、ちゃんと安心して使えるサポート体制が整っているかなどでプロバイダを比較しましょう。

ここでは、WiFiストアが自信をもっておすすめする11社のプロバイダを徹底比較し条件別におすすめのWiMAXを紹介します。

WiMAXを比較検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

*一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する可能性があります。

※本記事は2023年1月18日に更新されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

目次

WiMAXおすすめプロバイダ11社を徹底比較!

WiMAXのプランは、契約月数によって料金が変動するプランも多いので、料金を比べる際は初月の安さだけに注目するのではなく、長い目で見たトータルの値段を比べることをおすすめします。

ここでは、WiMAXのおすすめプロバイダ11社を徹底的に比較し、一覧表にまとめています。なお、比較表では初期費用やキャッシュバックを含めて計算した「実質月額」で料金比較をしています。

総合的なお得さを比較する際に便利なので、表に無いサービスを比較したい際はぜひ活用してみてください。

〇実質月額計算式

実質月額料金=(月額料金×契約月数+初期費用 – キャッシュバック・割引特典)÷契約月数
※契約年数の縛りがないものは契約月数38ヶ月で実質月額料金を算出しています。

〇比較表

プロバイダプラン名契約期間月額費用初期費用実質
月額料金
3年間(38ヶ月間)
の総額
支払方法
GMO とくとくBB WiMAXWiMAX +5G ギガ放題(2年)接続サービス2年初月~24ヶ月:3,553円
25~35ヶ月目:4,103円
36ヶ月目以降:4,708円
事務手数料:3,300円
端末代金:21,780円
3,590円167,244円クレカのみ
UQ WiMAXギガ放題プラス
ホームルータープラン/モバイルルータープラン
なし初月~25ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
事務手数料:3,300円
端末代:5,940円
(Speed Wi-Fi HOME 5G L12/Speed Wi-Fi 5G X11HOME 5G L11,Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの場合)
4,744円180,290円クレカ
口座振替対応
カシモ WiMAX+5Gギガ放題プラス 縛りなしプランなし初月:1,408円
1ヵ月目以降:4,378円
事務手数料:3,300円
端末代実質無料
4,255円161,694円クレカのみ
Broad WiMAXギガ放題フリープランなし初月:1,397円
1ヶ月目以降:4,070円
事務手数料:3,300円
端末代:21,780円
4,588円174,372円クレカ
口座振替対応
BIGLOBE WiMAXギガ放題プラスなし初月:0円
1ヶ月目:2,079円
2~24ヶ月目以降:3,355円
25ヶ月目以降:4,928円
事務手数料:3,300円
端末代:21,912円
4,410円167,607円クレカ
口座振替対応
DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラスプラン(2年)ギガ放題プラス2年初月~25ヶ月目:4,180円
26ヶ月目以降:4,730円
事務手数料:3,300円
端末代:21,780円
4,328円169,290円クレカのみ
auホームルーターホームルータープラン5Gなし1~25ヶ月目:4,620円
26ヶ月目以降:5,170円
事務手数料:3,300円
端末代:43,200円(実質無料)
4,895 円186,010円クレカ
口座振替対応
vision WiMAXギガ放題5Gなし初月:2,970円
1~24ヶ月目:4,103円
25ヶ月目以降:4,785円
事務手数料:3,300円
端末代金:21,780円
4,748円180,427円クレカのみ
So-netWiMAX +5G ギガ放題プラスなし初月:3,300円
1ヶ月目以降:4,950円
事務手数料:3,300円
端末代金:21,780円
5,566円211,530円クレカ
口座振替対応
5G CONNECT5G WiMAX
2年契約プラン
2年1~15ヶ月目:4,298円
16~24ヶ月目:3,907円
25ヶ月目以降:4,950円
(3ヶ月まとめて支払いの場合:3,6,9,12,15ヶ月目の月額料金0円21,490円引き)
事務手数料:3,300円3,855円150,743円クレカのみ
縛られないWiFi縛られないコース/
ギガ放題プラン
なし4,620円事務手数料:3,300円4,706円178,860円クレカ
口座振替対応
(1年おトクコース)

※横にスクロールできます。

 

条件別!おすすめのWiMAXプロバイダランキング

おすすめのWiMAXを比較したところで、ここからは重視したい条件別におすすめのWiMAXプロバイダを紹介します。

よくある条件別に、それぞれ比較中最もおすすめするプロバイダをまとめました。WiMAXを選ぶ、参考にしてください。

〇条件別おすすめWiMAX
条件おすすめのWiMAXプロバイダ
サポートを重視したいBroad WiMAX
月額料金を安く利用したい5G CONNECT
乗り換えの負担を軽くしたいGMOとくとくBB
契約期間の縛りなしカシモWiMAX
縛りなしWiFi
口座振替したいBIGLOBE WiMAX
WiMAXを試してみたいUQ WiMAX

サポート重視なら「Broad WiMAX」がおすすめ

Broad WiMAX

参照元:Broad WiMAX

サポート重視の方に最もおすすめできるサービスは「Broad WiMAX」です。Broad WiMAXは、契約後のサポートが充実しているので、初めてWiMAXを使う方でも安心して利用できます。Broad WiMAXのサポート内容やおすすめポイントを、紹介していきます。

〇Broad WiMAX概要
プランギガ放題バリュープランギガ放題フリープラン
月額料金初月:1,397円
1ヶ月目以降:3,883円
初月:1,397円
1ヶ月目以降:4,070円
初期費用0円 ※WiFiストア経由限定
端末代:21,780円
初期費用:20,743円(キャンペーン適用で無料)
契約年数2年なし
実質月額4,648円4,588円
支払方法クレジットカード・口座振替
キャンペーン・キャッシュバック・初期費用WEB割キャンペーン
・契約解除料還元のお乗換えキャンペーン
・いつでも解約サポート
・事務手数料無料
(WiFiストア限定)

 

■無料で他社への乗り換えサポートあり

WiMAXを初めて利用する方は、電波の状況が悪くないかな?WiMAXは使いやすいかな?と不安に思うことも多いのではないでしょうか。

WiMAXは対応エリアだけでなく建物の状況などでも電波の状況が変わるので、WiMAXの本当の使い心地は使ってみないとわからない面もありますが、契約期間の縛りなどでWiMAXを一度契約すると、なかなか解約しづらいものです。

しかし、Broad WiMAXなら契約した後でも「いつでも解約サポート」が利用できます。「いつでも解約サポート」とは、Broad WiMAXが紹介する対象のインターネット回線に違約金なしで乗り換えできるサービス。通信速度が遅い、やっぱり固定回線に乗り換えたい、電波の状況が悪いなどWiMAXを使い始めて満足できない場合に、利用できます。契約後はいつでも利用できるので、安心してWiMAXを契約できます。

■他社違約金サポートなどサポート体制が充実

Broad WiMAXは他社から乗り換える場合、契約解除料を最大19,000円還元するキャンペーンがあるため、他社から乗り換えやすいところもポイントの一つです。高額な違約金で乗り換えをためらっている場合は、違約金還元サポートがあるBroad WiMAXを検討してみてください。
また、WiMAXを初めて利用する方やWiMAXに詳しくない方も、Broad WiMAXならQ&Aページが豊富なため疑問点を確認することが可能。さらに、電話・チャットのサポート窓口があるので安心して契約できます。

■Broad WiMAXのメリット・デメリットまとめ

○メリット

  • ・他社への乗り換えサポートがあるのではじめてでも安心
  • ・他社からの乗り換えで違約金の還元サポートがあり乗り換えしやすい
  • ・契約期間の縛りなしプラン(ギガ放題フリープラン)あり
  • ・WiFiストア限定で事務手数料
  • ・口座振替が利用できる

○デメリット

  • ・他社と比べて実質月額があまり安くない
  • ・初期費用が比較的高い(クレカ払い&指定オプション加入&Web申込で無料)

Broad WiMAXは、全てのプランにおいて月間データ容量無制限(※)で利用でき、口座振替での契約も可能です。

※ 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

初期費用が高いことがデメリットですがWEBから申し込み、クレカ支払い+指定オプションに加入することで初期費用(20,743円)が無料で契約できます。さらに、WiFiストア限定で、事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンも実施中です!
公式よりも最大3,300円おトクなるため、契約の際はぜひ活用してみてください。

\【WiFiストア限定】/
最大3,300円おトクに!

3年間の総額が比較中最も安い「5G CONNECT」

参照元:5G CONNECT

料金重視の方におすすめできるサービスは「5G CONNECT」です。今回紹介した11社のうち、料金の安さを重視するなら「5G CONNECT」がおすすめです。

〇5G CONNECT概要
プラン5G WiMAX(2年契約プラン)
月額料金1~15ヶ月目:4,727円
16ヶ月目~24ヶ月目:4,298円
25ヶ月目以降:4,950円
初期費用事務手数料:3,300円
端末代金:0円
契約年数2年
実質月額3,855円
支払方法クレジットカード
キャンペーン・キャッシュバック・3ヶ月まとめて支払いで5ヶ月分無料

 

■3ヶ月おまとめ支払いで月額料金5ヶ月分0円

5G CONNECTは、2年契約プランで3ヶ月おまとめ支払いを利用すると、3ヶ月目・6ヶ月目・9ヶ月目・12ヶ月目・15ヶ月目の月額料金が無料になり、合計5ヶ月分の月額料金が無料になります。

1ヶ月目、4ヶ月目、7ヶ月目などに3ヶ月分まとめて支払う必要はありますが、5ヶ月分も無料で利用できるので、実質月額も安くなります。ただし、途中解約の場合は返金されませんので契約期間に注意しましょう。

■端末がレンタルで初期費用が安い

5G CONNECTでは、端末はレンタルのため無料で利用できます。

WiMAXでは、最初に端末を購入する必要があるプロバイダーが多い中、端末を無料で利用できる5G CONNECTなら初期費用を抑えてWiMAXを利用できます。

■5G CONNECTのメリット・デメリットまとめ

○メリット

  • ・3ヶ月おまとめ支払いなら5ヶ月分の月額料金が無料になる
  • ・30日間のモニター期間がある(3ヶ月おまとめ支払いでは適用なし)
  • ・端末がレンタルで初期費用が安い
  • ・契約期間の縛りなしプランも利用できる

○デメリット

  • ・3ヶ月分まとめて支払いでは、まとまった金額の支払いが必要
  • ・2年契約なので途中で解約すると違約金がかかる
  • ・利用できる端末はGalaxy 5G Mobile Wi-Fi、Speed Wi-Fi HOME 5G L11のみ

5G CONNECTは、2年契約で3ヶ月まとめて支払いを利用すると、月々3,000円代でWiMAXを利用できます。利用できる端末は2種類だけですが、いずれも5Gに対応しているため5G通信サービスを利用できることもポイントです。

3ヶ月まとめて支払いを利用すると、まとまった金額の支払いが必要にはなりますが、比較中最も安い月額料金でWiMAXを利用できます。実質月額は上がりますが、契約期間の縛りなしプランも選択できるため、用途に合わせて選びましょう。

乗り換えするなら「GMOとくとくBB」がおすすめ

GMO

参照元:GMOとくとくBB

乗り換えでWiMAXを利用する場合は、キャッシュバック金額が高額な「GMOとくとくBB」がおすすめです。今回紹介しているプロバイダの中でも、乗り換えでのキャッシュバックが特に高額なので、違約金の負担を少しでも減らしたい方におすすめです。

〇GMOとくとくBB概要
プランWiMAX +5G ギガ放題(2年)接続サービス
月額料金初月~24ヶ月目:3,553円
25~35ヶ月目:4,103円
36ヶ月目以降:4,708円
初期費用事務手数料:3,300円
端末代:21,780円
契約年数2年
実質月額4,538円
支払方法クレジットカード払い
キャンペーン・キャッシュバック・他社から他の乗り換えで最大49,000円キャッシュバック
・月額料金値引き

 

■他社からの乗り換えで最大49,000円キャッシュバック

GMOとくとくBBは、他社からの乗り換えの場合のキャッシュバックが高額なので、他社を解約する際の違約金の負担が少なくなります。WiMAXを契約したいけど、解約すると違約金がかかると悩んでいる方におすすめのプロバイダです。

キャッシュバックを受け取るためには、GMOとくとくBBに申込後、電話でキャッシュバックの申し込みをする必要があります。他社サービスの解約違約金明細などの写真の提出も必要なので、忘れないようにしましょう。

■35ヶ月目までは月額料金の割引サービスがある

GMOとくとくBBの通常の月額料金は、4,708円(税込)です。35ヶ月目までは月額料金の割引サービスが適用され、1~24ヶ月目までは3,553円、25~35ヶ月目までは4,103円で利用できます。

■GMOとくとくBBのメリット・デメリットまとめ

○メリット

  • ・他社からの乗り換えで高額キャッシュバック
  • ・インターネット安心セキュリティが1年間無料で利用できる

○デメリット

  • ・24ヶ月間の最低利用期間がある
  • ・キャッシュバックの受け取りは11ヶ月後

GMOとくとくBBは、セキュリティソフトが1年間無料で利用できる点もメリットです。セキュリティソフトは、パソコンやスマホを最大3台まで登録できるインターネットセキュリティソフトの「マカフィー」。インターネットを使用するうえでセキュリティ面が心配という方には安心です。

デメリットは24ヶ月間の最低利用期間があり、途中解約すると違約金が発生することです。更新月以外に解約すると、違約金が発生します。また、キャッシュバックの受け取りは、端末発送月を初月として11ヶ月目になります。11ヶ月目に口座確認メールが届き、登録するとキャッシュバックが受け取れるので忘れないようにしましょう。キャッシュバック受取までの期間が長いことがデメリットです。

契約期間を気にせず使いたいなら「カシモWiMAX」

カシモWiMAX

参照元:カシモWiMAX

契約期間を気にせず使いたい方に最もおすすめできるサービスは「カシモWiMAX」です。

〇カシモWiMAX概要
プラン+5Gギガ放題プラス
縛りなしプラン
月額料金初月:1,408円
1ヵ月目以降:4,378円
初期費用事務手数料:3,300円
端末代金:21,780円(実質無料)
契約年数なし
実質月額4,255円
支払方法クレジットカード
キャンペーン・キャッシュバック・端末返却でアマゾンギフト券5,000円
・端末分割払いサポート

 

■1ヶ月目以降料金が変わらないシンプルな料金体系

1ヶ月目以降は月額料金4,378円(税込)と料金体系がシンプルなので「インターネット回線の料金はややこしくて苦手」という方も安心して契約できます。契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金がかからないため、利用期間が決まっていない方や一度WiMAXを試してみたいという方にもおすすめです。

■端末は実質無料

カシモWiMAXは、WiMAXでは珍しく端末を実質無料で利用できます。端末を分割で購入すると、端末分割払いサポートが適用され、端末を実質無料で利用できます。また、解約時に端末を返却すると5,000円分のアマゾンギフト券が受け取れるのも魅力の一つです。

■カシモWiMAXのメリット・デメリットまとめ

○メリット

  • ・1ヶ月目以降月額料金が変わらないシンプルな料金体系
  • ・端末が実質無料
  • ・解約時に端末を返却したら5,000円分のamazonギフト券プレゼント
  • ・契約期間の縛りなし

○デメリット

  • ・初月の月額料金は日割りにならない
  • ・口座振替に対応していない
  • ・36ヶ月以内に解約すると端末の残債を支払う必要がある

カシモWiMAXは、端末サポートがあるので、端末を実質無料で利用できます。
さらに解約時に端末を返却すれば、amazonギフト券5,000円分もプレゼントされるので、端末を大事に利用すれば解約時もおトクです。ただし、36ヶ月以内に解約すると、端末の残債を支払う必要があります。

初月の月額料金は1,408円と固定。例えば、12月31日に利用開始した場合でも、初月の月額料金として1,408円が発生するので注意しましょう。

契約期間の縛りなしで利用するなら「縛られないWiFi」もおすすめ

縛られないWiFi

参照元:縛られないWiFi

契約期間の縛りなしで利用するなら、「縛られないWiFi」もおすすめです。

〇縛られないWiFi概要
プランギガ放題プラン
月額料金4,620円
初期費用事務手数料:3,300円
契約年数なし
実質月額4,706円
支払方法クレジットカードクレジットカード
口座振替(1年おトクコースのみ)
キャンペーン・キャッシュバックなし

 

■契約期間の縛りがない

縛られないWiFiは、契約期間の縛りなしで利用できるWiMAXです。短期間だけ利用して解約しても、違約金なしで解約できることがメリットです。契約してみて使い勝手が悪いと感じたら、すぐに解約できるので、契約しやすいことがポイントです。

■口座振替にも対応

縛られないWiFiは、「1年おトクコース」で契約すると口座振替が利用できます。口座振替に対応したサービスが少ない中、口座振替が利用できるのはメリットですね。ただし、口座振替には手数料220円(税込)が別途必要ですので、覚えておきましょう。

■縛られないWiFiのメリット・デメリットまとめ

○メリット

  • ・契約期間の縛りなし
  • ・シンプルな料金プラン
  • ・端末はレンタルのため無料で利用できる
  • ・口座振替に対応している

○デメリット

  • ・端末が新品ではない
  • ・通信速度が遅い可能性がある
  • ・WiMAXが契約できるのはギガ放題プランのみ

縛られないWiFiは、端末をレンタルで利用できるため初期費用を抑えて利用できます。しかし利用できる端末は、クリーニング済みの中古端末なので、気になる方はおすすめしません。縛られないWiFiは、5Gには対応していません。通信速度が遅い可能性もあることを考慮しましょう。WiMAXが利用できるのは、ギガ放題プランのみです。縛られないWiFiを契約する場合は、プランに気を付けましょう。

口座振替で安いWiMAXなら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

参照元:BIGLOBE WiMAX

「BIGLOBE WiMAX」は、口座振替を利用できるプロバイダです。そのため、クレジットカードを持っていない方でも利用できます。

〇BIGLOBE WiMAX概要
プランギガ放題プラス
月額料金初月:0円
1ヶ月目:1,166円
2~24ヶ月目:3,355円
25ヶ月目以降:4,928円
初期費用事務手数料:3,300円
端末代:21,912円
契約年数なし
実質月額4,410円
支払方法クレジットカード
口座振替
キャンペーン・キャッシュバック・24ヶ月目まで月額料金割引特典あり
・初月0円

 

■口座振替対応で実質月額が安い

BIGLOBE WiMAXは比較した11社中、口座振替に対応しているWiMAXの中で最も安い実質月額です。本人名義のクレジットカードがない場合は、口座振替で契約できるので、WiMAXの契約のためにクレジットカードを作る必要がありません。ただし、口座振替を利用するためには手数料220円(税込)が発生します。

■初月無料で利用できる

BIGLOBE WiMAXは初月無料で利用できます。初月日割り計算はよくありますが、結局何円の請求が来るのかがわかりにくいですよね。初月無料であれば、いつから利用を始めても初月の利用料は無料なので安心して利用できます。翌月の利用料金も1,166円と他社よりも安いので、最初にかかる費用を抑えて利用できます。

■BIGLOBE WiMAXのメリット・デメリットまとめ

○メリット

  • ・初月無料・翌月の月額料金も1,166円
  • ・契約期間の縛りがない
  • ・口座振替に対応している
  • ・WiMAXのSIMのみを契約できる

○デメリット

  • ・口座振替を選択すると端末を一括で支払う必要がある(代引き手数料440円)
  • ・端末の発送が最短即日ではない

BIGLOBE WiMAXは、口座振替が利用できるWiMAXのプロバイダです。初月無料で翌月の月額料金も1,166円のため、最初にかかる費用を抑えて利用できます。WiMAXのSIMのみの契約もできるので、WiMAX+5Gに対応した端末を持っている方は新たに端末を購入する必要がありません。

口座振替を選択すると、端末を一括で支払う必要があります。代引き手数料も発生するため、クレジットカードの場合よりも割高になります。端末は最短2日~1週間のお届けです。急いでいる場合は、端末がすぐに届かない可能性があるため注意しましょう。

WiMAXをお試し利用したいなら「UQ WiMAX」

参照元:UQ WiMAX

「UQ WiMAX」は、WiMAX本家のプロバイダ。本家の安心感が欲しい方におすすめです。

〇UQ WiMAX概要
プランギガ放題プラス
ホームルータープラン/モバイルルーター
月額料金初月~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
初期費用事務手数料:3,300円
端末代:5,940円
(Speed Wi-Fi HOME 5G L12/Speed Wi-Fi 5G X11の場合)
契約年数なし
実質月額4,744円
支払方法クレジットカード
口座振替
キャンペーン・キャッシュバックWiMAX+5Gはじめる割

 

■TryWiMAXでお試し利用ができる

UQ WiMAXの特徴は、TryWiMAXを利用すれば無料でWiMAXをお試し利用できることです。TryWiMAXではWiMAXの使い心地を試したい、電波状況が問題ないのか不安といった場合に、契約する前に端末をレンタルして実際にWiMAXを体験できます。

レンタルできる端末は、ホームルーター、ポケット型WiFiから好みのタイプを選択できます。TryWiMAXが利用できるのは約2週間。2週間の間に端末を受け取り、利用したのち返却すれば無料でWiMAXを体験できます。WiMAXの使い心地が心配という方にはおすすめのサービスです。

■WiMAX本家の安心感がある

UQ WiMAXは、KDDIの会社であるUQコミュニケーションズが運営しておりWiMAX本家のプロバイダです。UQ WiMAX以外のWiMAXプロバイダはUQ コミュニケーションズから回線を借りて運営されています。サポート体制も充実しており、店舗数も多くコールセンターは年中無休で9時~20時まで対応しています。土日もコールセンターが利用できるので、平日になかなか電話できない方も安心です。

■UQ WiMAXのメリット・デメリット

○メリット

  • ・端末が安い
  • ・口座振替に無料で対応
  • ・WiMAX本家の安心感
  • ・TryWiMAXでWiMAXを無料でお試し利用できる

○デメリット

  • ・キャッシュバックがない

UQ WiMAXは、オンラインストアで端末を購入すると割引価格で購入できます。そのため、月額料金は高く見えますが、実質月額は他社とあまり変わらない価格となっています。さらに、auスマートバリューやUQモバイル自宅セット割を利用することで、端末代金がキャッシュバックされ、実質2円になるためauやUQモバイルユーザーにはおトクです。口座振替にも対応しており、手数料も無料で利用できます。

UQ WiMAXは、高額キャッシュバックは実施していません。乗り換えなどでキャッシュバックが欲しい場合は、Broad WiMAXやGMOとくとくBBを選びましょう。

WiMAXの選び方とは?比較する5つのポイントを紹介!

WiMAXのプロバイダはたくさんありますが、通信サービスとしてはどこも「UQ WiMAX」を展開するUQコミュニケーションズ社の回線を利用しています。そのため、通信対応エリアや回線速度に違いはありません。

しかし、各プロバイダによって価格やサービス内容に差があります。WiMAXを選ぶ際に比較するのは次の5つのポイントです。

  • ・価格
  • ・機種
  • ・プランの契約内容
  • ・サポート
  • ・支払い方法

これらのポイントを比較すれば、自分に合ったWiMAXを選べます。順番に確認していきましょう。

重要な比較ポイントは価格!キャンペーンも要チェック

WiMAXのプロバイダで大きな差が出るのは価格です。 価格差が出る要因としては下記の3点が挙げられます。

  • ・月額費用
  • ・初期費用
  • ・キャンペーンによる割引やキャッシュバック

とくに割引やキャッシュバックなどのキャンペーンは要チェック。月額費用の割引を行っているプロバイダは多いのですが、割引率や期間はさまざまです。

一見割引率やキャッシュバックの大きいプロバイダでも、年単位の費用で見るとあまりお得ではないこともあります。価格を比較する際は、2~3年の契約期間中の必要費用で比較してみましょう。

場合によっては3年間で3万円以上お得になることもあるので、コスパの良いプロバイダを探してみてください。

参考までにBroad WiMAXのプラン別の比較表を載せておきますので、月額料金含め参考にしてみてください。

 ギガ放題バリュープランギガ放題フリープラン
月額料金初月:1,397円
1ヶ月目以降:3,883円
初月:1,397円
1ヶ月目以降:4,070円
データ容量無制限 ※2
通信速度 ※1下り最大2.7Gbps ※3
キャンペーン・初期費用WEB割キャンペーン
・契約解除料還元のお乗換えキャンペーン
・いつでも解約サポート
・事務手数料無料
(WiFiストア限定)

※横にスクロールできます。

※1 最大下り通信速度はスペック上の最大値です。実際の速度を表すものではありません。
※2 一定期間内に大量のデータ通信が発生した場合、混雑する時間帯の通信速度が制限されるが可能性あります。
※3 本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客様のご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。また、5Gは一部エリアのみの提供となります。

 

使える機種を確認

WiMAXで使用できるWiFiルーターは決まっていますが、在庫などの関係でプロバイダによって購入できる機種が異なります。

WiFiルーターの機種は最大通信速度や接続の安定性に関わってくるので、通信環境にこだわりたい方には重要なポイントです。自分が使いたい機種がラインナップされているか、しっかりと確認しておきましょう。

記事中紹介しているおすすめWiMAXで使用できる端末の一覧は、以下のとおりです。

WiMAX+5Gに対応しているプロバイダはほとんど同じ端末を使用できます。auホームルーターはホームルーターのみ、5G CONNECTは2種類しか選択できないので注意しましょう。縛られないWiFiは、5Gに対応していないためWiMAX2+(4G)の端末しか使用できません。

プロバイダ使用できる端末
GMO とくとくBB WiMAX・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
UQ WiMAX・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
カシモ WiMAX・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
Broad WiMAX・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
BIGLOBE WiMAX・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
DTI WiMAX 2+
ギガ放題プラスプラン(2年)
・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
auホームルーター・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
vision WiMAX・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
So-net・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
5G CONNECT・Galaxy 5G mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11
縛られないWiFi・Speed Wi-Fi NEXT W06
・Speed Wi-Fi NEXT WX06
・WiMAX HOME 02
・Speed Wi-Fi HOME L02

 

プランの契約内容

プロバイダごとにプランの内容は異なり、使用可能なデータ容量や月額料金、契約期間などに差があります。

契約内容で注意しておきたいのが、契約期間と違約金です。最近では、契約期間の縛りがないプランが一般的になりつつありますが、中には2~3年の縛りがあるプランもあります。近いうちに解約する可能性がある方は、なるべく契約期間の縛りがないプランを選ぶと良いでしょう。ただし、契約期間に縛りがあるプランは、縛りなしプランよりも月額料金が安い傾向があります。長期間使用する予定であれば、縛りがあるプランを選ぶのもおすすめです。

また、契約の更新月以外で解約すると違約金が発生しますが、プロバイダの中には条件次第で違約金がなくなることもあります。例えば「Broad WiMAX」なら指定の他回線への乗り換えの場合なら違約金が無料になります。

これらのサービスは各プロバイダ独自のものなので、比較する際はしっかりとチェックしておきましょう。下記記事では、契約期間に縛りがないWiFiを詳しく紹介しています。参考にしてください。

 

特有のサービス内容やサポートもチェック

各プロバイダには、有料でのオプションサービスがあります。端末故障時の修理保証などの基本的なオプションはほとんどのプロバイダにありますが、口座振替オプションや契約期間の縛りなしオプションなどプロバイダ独自のオプションもあります。契約の際には、自分が使いたいオプションが揃っていることを、確認しておきましょう。

トラブル時などの問い合わせ方法も、電話やチャット、メールなどプロバイダによってさまざまです。問い合わせの対応フローはどうなっているか、事前に確認しておくと安心です。

支払方法も確認しておこう

WiMAXの月額料金の支払方法は、クレジットカードが基本です。 なかには口座振替に対応しているプロバイダもあるので、クレジットカードを使えない方は確認しておきましょう。

ただし、口座振替では振替手数料がかかるところもあるので、口座振替で契約したい場合は手数料込みの料金で比較すると良いでしょう。下記記事では、口座振替に対応したおすすめのポケット型WiFiを紹介しています。参考にしてください。

WiMAXで使用できる端末を比較

WiMAXで利用できる端末は、決まっています。WiMAX+5Gで利用できるのは、ホームルーター2種類、ポケット型WiFi2種類です。

ここでは、それぞれの特徴を比較し、おすすめ機種を紹介します。

〇ポケット型WiFi2機種:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi・Speed Wi-Fi 5G X11

 

〇Speed Wi-Fi 5G X11・Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのスペック比較
製品名Speed Wi-Fi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
端末
最大通信速度*1下り2.7Gbps/上り183Mbps下り2.2Gbps/上り183Mbps
重さ約174g約203g
ディスプレイ約2.4インチ約5.3インチ
大きさ約136.0×68.0×14.8mm約147×76×10.9mm
バッテリー使用時間連続通信時間:約490分(初期設定時)
連続待受時間:約400時間(初期設定時)
連続通信時間:約1,000分(初期設定時)
連続待受時間:約790時間(初期設定時)
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)(Wi-Fi6対応)IEEE802.11a/n/ac(5GHz)、IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
最大同時接続数17台(USB接続1台含む)11台(USB接続1台含む)

※横にスクロールできます。

*1 5Gは一部エリアでの提供です。上記の通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。通信速度は記載時点の最大通信速度であり、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

Speed Wi-Fi 5G X11・Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは、いずれも5G対応のポケット型WiFiです。両者を比較すると、バッテリーの駆動時間はGalaxy 5G Mobile Wi-Fiに軍配が上がるものの、その他の機能はSpeed Wi-Fi 5G X11が上です。

Speed Wi-Fi 5G X11は、2021年10月15日に発売された、5G対応の最新機種。

下り最大2.7Gbps(※)、無線LAN規格は最新の「11.ax(Wi-Fi6)」に対応しており、通信速度にも期待できます。また、重さ約174gと軽量で、携帯性にも優れています。

Speed Wi-Fi 5G X11はビームフォーミング機能が搭載されています。ビームフォーミング機能は、電波が対応端末に集中して向かうため、電波が安定することが特徴です。同時接続台数もSpeed Wi-Fi 5G X11が多いので、ポケット型WiFiで選ぶならSpeed Wi-Fi 5G X11がおすすめです。

※ 速度はベストエフォート型で、実使用速度を示している訳ではありません。また、5Gエリアでの速度であり、5Gは一部エリアのみの提供となります。

〇ホームルーター2機種:Speed Wi-Fi HOME 5G L12/L11

〇Speed Wi-Fi HOME 5G L12/L11のスペック比較
製品名Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
端末
最大通信速度*1下り2.7Gbps/上り183Mbps下り2.2Gbps/上り183Mbps
重さ約446g約599g
大きさ約W101×H179×D99mm約W70×H182×D124mm
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)(Wi-Fi6対応)IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)(Wi-Fi6対応)
最大同時接続数有線LAN:2台
無線LAN:40台(2.4GHz:20台/5GHz:20台)
有線LAN:2台
無線LAN:30台

※横にスクロールできます。

*1 5Gは一部エリアでの提供です。上記の通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。通信速度は記載時点の最大通信速度であり、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

いずれの機種も5G対応のホームルータータイプ。コンセントに繋ぐだけでネット環境が構築できるので手軽に自宅でWiFiが利用できます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12とL11は、どちらもWi-Fi6に対応しているなどスペック上の大きな違いがないように見えますが、L12には搭載されている機能が多く通信の安定性が見込めるのでおすすめです。L12は、ビームフォーミングやバンドステアリング、OFDMA(直行周波数分割多元接続)に対応しており、安定した通信が期待できます。

前機種の「L11」からアップグレードされた点としては、ストリーム方式が2ストリームから4ストリームになったことが挙げられます。 「ストリーム」はデータ転送の道筋のことで、この本数が増えたことでデータの渋滞が起こりにくく、より快適な通信が可能となっています。

また、接続方式もWi-Fi5の「OFDM」からWi-Fi6の「OFDMA」接続になったことで、複数機器を同時接続した場合の通信安定性が向上し、それに伴い同時接続台数も最大30台から最大40台にアップしました。

OFDMA(直行周波数分割多元接続)は、1つの通信で同時に複数台に安定した通信を送ることができる機能。またバンドステアリングは2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯を自動で切り替えて通信を安定させやすくする機能です。OFDMAは、WiMAXの端末の中でもL12だけに搭載している機能なので、通信の安定を求める場合は、L12を選びましょう。

WiMAXの対応エリアの確認方法

WiMAXを申し込む前には、対応エリアを確認しましょう。自宅やよく利用する場所で、WiMAXが対応していなければ、WiMAXを利用できません。

UQ WiMAXの公式サイトで確認

WiMAXの対応エリアは、UQ WiMAXの公式サイト「対応サービスエリア」から確認できます。都道府県を選択すると、マップが表示されるます。WiMAX+5G、WiMAX2+をそれぞれ確認できるので、確認したいエリアを拡大して調べましょう。

WiMAXの5G対応エリアは、まだ一部エリアに限りますが、順次エリアを拡大中です。エリアマップでは、今後の拡大予定エリアについても確認できます。WiMAXの5Gプランは、WiMAX2+(4G)エリアでも利用できます。5Gエリア外の場合は、4GでWiMAXを利用しつつ、エリアの拡大を待つのもおすすめです。

WiMAXのプラスエリアモードとは?

「プラスエリアモード」とは、auのプラチナバンド回線を利用できるモードのことで、繋がりやすさが格段にアップするメリットがあります。

auのプラチナバンド回線で使われる800MHzという周波数帯は、障害物に弱い通常モードの周波数帯に比べて「障害物による減衰が少ない」という特性を持っているため、途中に建造物などの障害物があっても回り込んで遠くまで届くのです。

ただし、プラスエリアモードのデータ容量は、WiMAX+5Gで月当たり15GB、WiMAX2+で月当たり7GBまでとなっており、これを超えると通信速度が概ね128kbpsに制限されてしまいます。なお速度制限は、(WiMAX+5Gの場合、通常モードには影響なし/WiMAX2+の場合、通常モード(ハイスピードモード)のWiMAX2+通信もその制限の対象となります。

また、プラスエリアモードを使用した月に1,100円が加算されるプロバイダと、無料でプラスエリアモードを利用できるプロバイダがあるので、繋がりやすさを重視する方は、無料で利用できるプロバイダから選ぶのも良いでしょう。

参考までに各プロバイダの、プラスエリアモードのオプション料金は、以下のとおりです。プラスエリアモードを利用した月は、下記のオプション費用が追加で発生します。

プロバイダプラスエリアモード
GMO とくとくBB WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
UQ WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
カシモ WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
Broad WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
UQ WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
カシモ WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
Broad WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
BIGLOBE WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
DTI WiMAXプラスエリアモード(月額1,100円)
auホームルーター無料
vision WiMAX無料
So-netプラスエリアモード(月額1,100円)*
*「So-net モバイル WiMAX +5G ギガ放題プラス」をご利用かつ「auスマートバリュー 」または「自宅セット割」の適用期間中は無料
5G CONNECT無料
縛られないWiFi無料

WiMAXとは?メリットとデメリットを紹介

WiMAXとは、無線通信技術の規格の呼称です。WiMAX回線は、auやソフトバンク、ドコモなどのキャリアの通信回線と並ぶ無線インターネット回線の1つ。ただし、今では回線としてではなく、WiMAXを使用したWiFiのことをWiMAXと呼ぶことが多いです。

WiMAXを他のWiFiを比較するとメリットばかりではなく、デメリットも存在します。契約前には、デメリットも理解しておきたいものです。

ここでは、光回線や他の回線と比較したWiMAXのメリットとデメリットをまとめて紹介します。

WiMAXのメリットWiMAXのデメリット
・通信速度が速い
・工事不要で使える
・登録住所以外でも使えるホームルーター
・オンラインゲームではラグる場合もある
・山間部など使えないエリアがある

メリット①通信量無制限で使える

WiMAXのメリットは、データ通信容量無制限で利用できることが挙げられます。

WiMAXには、「WiMAX2+」、「WiMAX+5G」の回線があります。WiMAX2+回線は、2013年にサービスがスタートした通信回線で、下り最大通信速度は1.2Gbps。WiMAX+5Gは2021年にスタートし下り最大速度は2.7Gbps*1*2を誇ります。

*1 本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。通信速度は記載時点の最大通信速度であり、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
*2 5G提供エリアは一部に限ります。

WiMAX2+では、3日で10GBを利用した場合は通信速度に制限がかかりましたが、WiMAX+5Gではこの制限が撤廃され、データ容量無制限で利用できるようになりました。WiMAX+5Gは、一度に大量のデータ通信があった場合は通信制限がかかる可能性がありますが、基本的にデータ容量無制限*3で利用できるので、思う存分インターネットを使用できます。

*3 スタンダードモードの場合。プラスエリアモードは月間15GBのデータ量制限があります。

メリット②通信速度が速い

前述したとおり、WiMAX+5Gの下り最大通信速度は2.7Gbpsです。通信速度を、他の回線と比較すると、以下のとおりです。

通信キャリア、種類端末下り最大速度
WiMAXSpeed Wi-Fi 5G X112.7Gbps
ドコモWi-Fi STATION SH-52B4.2Gbps
ソフトバンクPocket WiFi 5G A101ZT2.4Gbps
楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B150Mbps
クラウドSIMU3150Mbps

ご覧のとおり、WiMAXの通信速度はドコモに続き2番目に通信速度が速いことがわかります。大手キャリアにもひけを取らない通信速度の速さなので、高速通信にこだわる方にもおすすめです。

メリット③工事不要で使える

WiMAXはモバイル回線を利用しているので、利用し始める際に開通工事が必要ありません。光回線を使う場合は、開通工事が必要なので、工事日程の調整や工事費用も必要です。開通工事までに数週間から数ヶ月かかる場合もあり、インターネットを使えるようになるまでに時間がかかります。

しかし、WiMAXなら工事不要で利用できるので、端末が届いたら簡単な初期設定をしてすぐにインターネットが利用できるようになります。引っ越しの際も、撤去工事などの工事も不要。住所変更の手続きだけで引越し先でもインターネットを使えるようになるので、面倒な手続きが不要です。

そのため、WiMAXはすぐにインターネットを使いたい方や、引越しが多い方にもおすすめです。

登録住所以外でも使えるホームルーター

ドコモのhome 5GやSoftBank Airは、登録住所以外でホームルーターを使用すると利用停止になる可能性があります。

しかしWiMAXは、登録住所以外でも利用できます。WiMAXのエリア内でコンセントがある場所であればホームルーターを利用できるので、出張や旅行、入院などの際にも気軽に持ち運び、利用できます。

デメリット①オンラインゲームではラグる場合もある

WiMAXは光回線とは異なり、通信が安定しない場合があります。また、オンラインゲームにとって重要なPing値が大きめなので、一瞬の遅延がゲームを左右するようなFPSなどのシューティングゲームではラグる可能性があります。

ただし、オンラインゲームの種類ごとに、求められる通信速度が異なります。Ping値の小ささを求められない一般的なゲームであれば、WiMAXでもオンラインゲームが可能です。
また、WiMAXの電波は、周りの障害物や遮へい物の影響を受けやすく、設置場所によっては通信速度が思うように出ない可能性があります。通信速度が思うように出ない場合は、設置場所を見直してみるのもいいでしょう。

デメリット②山間部など使えないエリアがある

WiMAXは人口カバー率90%以上を達成しており、日本全国でサービスを展開しています。ただし、山間部や離島、地方などでは一部利用できないエリアもあります。なお、WiMAX2+は、2022年秋以降にサービスが縮小されています。そのため、契約前には対応エリアを確認しましょう。

WiMAXのスマホとのセット割は?

WiMAXを契約すると、スマホとのセット割が利用できることもメリットの1つです。スマホのセット割が利用できるのは、auとUQ モバイルです。

auとUQ モバイルユーザーの方は、お得にWiMAXを利用できるので、特におすすめです。それでは、割引内容を確認してみましょう。

auスマートバリュー

auスマホユーザーがWiMAXを契約すると、適用される割引は「auスマートバリュー」です。インターネットサービス1回線につきau携帯電話など10回線まで適用されるので、auを利用しているユーザーが多いほどお得になります。auスマートバリューの割引内容は、以下のとおりです。

対象プランデータ容量割引額(税込、月額)
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで550円
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G DAZNパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G DAZNパック
使い放題MAX 4G
1,100円

UQ モバイルの自宅セット割

UQ モバイルユーザーは、「自宅セット割」です。UQ モバイルも、au同様にインターネット契約1回線につき10回線まで割引が適用されるので、UQ モバイルを利用している家族が多いほどお得になります。自宅セット割の割引内容は、以下のとおりです。

プラン割引額(税込、月額)
くりこしプランS +5G638円
くりこしプランM +5G
くりこしプランL +5G858円

WiMAXの申し込みから開通まで

おすすめのWiMAXを紹介しましたが、実際に利用するならどのような流れで申し込めばいいのでしょうか?

ここでは簡単に4つのポイントで申し込み~開通までの流れを解説します。

申し込み~開通までの4つのポイント

①:どこで申し込むかを決める
②:プランを決める
③:端末を選ぶ
④:端末が到着次第初期設定をして利用開始する

①:どこで申し込むかを決める

WiMAXはいろいろなプロバイダがあり、特徴や月額料金体系、キャンペーンなどが異なります。選び方でも紹介したとおり、WiMAXのプロバイダごとに通信可能エリア等は変わりません。

プロバイダを比較する際、特に気にしたいのは価格なので、今回紹介した実質月額料金の比較やおすすめランキングを参考にしながら、お得なプロバイダを探してみましょう。

②:プランを決める

WiMAXのプランは、プロバイダによってさまざまです。

プランによっては契約期間の縛りがないものもあるため、ご利用用途に合わせて選択してください。

③:端末を選ぶ

WiMAXは複数のプロバイダがありますが、通信のエリアや品質はどのプロバイダでも全く変わりません。ただし、利用する機種によっては、バッテリー容量・対応する通信速度の限界値・接続台数など変わってきます。

現在のラインナップの中で新しい機種を選んでおけば大丈夫です。

参照元:Broad WiMAX

中でもポケット型WiFiであれば、Speed Wi-Fi 5G X11、ホームルーターであればSpeed Wi-Fi HOME 5G L12がおすすめです。

Broad WiMAXで機種を確認してみると、モバイルルータータイプが「Speed Wi-Fi 5G X11」、ホームルータータイプが「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」の5G端末が現在の新しい機種となっています。

④:端末が到着次第初期設定をして利用開始する

WiMAXの申し込みが完了し、端末が届いたら後は簡単な設定をして利用できるようになります。

設定の流れ

①:WiMAXの電源をONにする
②:WiMAXのネットワーク情報(SSID / PASS)を表示する
③:利用したい端末側のWiFi設定を開く
④:WiMAXのネットワーク情報を、利用する端末に入力する

まずは端末本体の電源を入れます。本体の電源をいれたら、SSIDとパスワード情報などの端末情報が本体側に表示されます。パスワードは「KEY」と表示されていることもあります。

あとは、利用したいデバイス、パソコンやスマホ側のWiFi設定画面を開き、WiMAXのSSIDとパスワードを入力すれば、利用したいデバイスで使用開始することができます。

WiMAXのよくある質問

ここでは、WiMAXに関してよく寄せられる質問と、その回答をご紹介します。

そもそもWiMAXって何?

「WiMAX」とは、MNO(移動体通信事業者)であるUQコミュニケーションズが提供する通信回線です。

各プロバイダは、このWiMAX回線を借りてそれぞれのサービスを提供しているため、基本的にはプロバイダごとに通信性能の差は生じません。

2021年4月には、従来の「WiMAX2+」に加えて、auの4G LTE及び5G回線も利用できる「WiMAX+5G」が登場し、益々利用の幅が広がりました

WiMAXは容量無制限で使える?

どのプランも、「データ容量実質無制限」を謳っており、基本的には月あたりのデータ通信容量を気にすることなく利用できます。ただし、利用状況に応じて以下のような制限がかかります

ギガ放題プラスプラン:一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

WiMAXの対応エリアの調べ方は?

UQ WiMAX公式サイトの「対応サービスエリア(UQ WiMAX)」ページより、確認できます。なお、プロバイダによる対応エリアの違いはありません。

上記ページにアクセスしたら、確認したい都道府県を選択することで対応サービスごとに色分けされたマップが表示されます。

あとは、通常の地図アプリと同じように拡大したり検索窓に住所を入力したりすることで、ピンポイントで提供されている回線サービスの確認が可能です。

WiMAX+5GとWiMAX2+って、どう違う?

「WiMAX+5G」は「WiMAX2+」のアップグレード版という位置づけであるため、基本的にはすべてのスペックにおいて「WiMAX+5G」のほうが上回っています。具体的には、以下のような違いがあります。

 WiMAX+5GWiMAX2+
下り最大速度上り最大速度 ※1下り:2.7Gbps上り:183Mbps ※2下り:440Mbps上り:75Mbps
繋がりやすさ場所によって圏外になりにくい地下、山間部、障壁に囲まれた場所では繋がりにくい
プラスエリアモード月15GB月7GB

※1 「ベストエフォート型サービス」であるため、下り最大速度及び上り最大速度はスペック上の最大値です。実際の速度を表すものではありません。
※2 5Gエリアでの速度であり、5Gは一部エリアのみの提供となります。

WiMAXの端末レンタルサービスはある?

WiMAXの端末レンタルサービスを提供しているプロバイダはいくつかありますが、おすすめなのが「縛られないWiFi」です。

「WiMAXギガ放題プラン」を選ぶと、WiMAX対応のポケット型WiFiまたはホームルーターがレンタル可能です。契約期間の縛りがないため、お試し感覚でWiMAXを使ってみたい方に最適です。

また、以下の記事では、レンタル可能なポケット型WiFiとホームルーターについて、詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

WiMAXはプロバイダによって何が違うの?

WiMAXはUQコミュニケーションズ社が提供する回線サービスであるため、どのプロバイダと契約しても、対応エリア、通信速度、データ容量といったWiMAXの基本的な性能に違いはありません。

端末についても、プロバイダによって取り扱いのない機種はありますが、反対に特定のプロバイダでしか購入できない機種というのはありません。

プロバイダによって最も大きな違いが出るのは料金面で、初期費用や月額料金、端末代の有無、キャッシュバックなどによって差別化を図っています

その他の要素としては、契約年数や解約違約金、口座振替に対応しているか、などが挙げられ、ご自身で何を重視するかによって比較するポイントをチェックするのがおすすめです。

まとめ

WiMAXは、実質無制限(※)、工事不要で手軽に利用できます。ホームルータータイプ、ポケット型WiFiタイプがあるので、家でも外でも使いたい人におすすめのサービスです。

今回のWiMAXランキングで紹介したとおり、各プロバイダによってキャンペーンや月額料金が変わります。そのため、おすすめのプロバイダは、何を重視するかで変わります

WiMAXを検討する際は、契約後の自身の使い方や契約年数などあらかじめ想定して申し込みをすることをおすすめします。

※ 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

 

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。