MENU

スマホの通信速度をすぐに測定できるアプリは?おすすめのスピードテストアプリを紹介

通信速度 アプリ

\ワンコイン550円!/
ホームルーターとポケット型Wi-Fiを
14日間お試しできる!

目次

スマホの通信速度が遅い原因と対処法

スマホでインターネットを利用しているときに、読み込みや更新が止まるのは通信速度が遅くなっている可能性があります。 スマホの通信速度が遅い場合、次のような原因が考えられます。

  • ・回線速度が遅い
  • ・スマホOSのバージョンが古い
  • ・速度制限が発生している

上記の原因と対処法を順番に解説します。

回線速度が遅い

スマホは契約している携帯電話会社の回線を利用してインターネットに接続しています。 そのため、携帯電話会社の回線速度が低下すると、スマホの通信速度が遅くなります。

携帯電話会社の回線の通信品質は事業者によって異なり、利用者が多いと混雑して遅くなる傾向があります。 また、格安SIM(MVNO)は大手キャリアから回線を借りますが、借りられる量が事業者によって違います。

対処方法としては、携帯電話会社の回線速度が低下している場合、混雑が解消されるまで待ちましょう。

スマホOSのバージョンが古い

OSは「Operating System(オペレーティング システム)」の略称で、スマートフォンを動かすシステムのことです。 iPhoneにはiOS、iPhone以外のスマートフォンには主にAndroidがOSとして入っています。

OSにはバージョンがあり、古いバージョンだと通信速度が遅くなる原因となります。 そのため、最新のバージョンにアップデートすれば、スマホの通信速度は改善されることがあります。

ただし、スマホの機種によっては最新のバージョンにアップデートできない場合があります。 OSを最新のバージョンにアップデートできないと、通信速度の改善以外に次のようなデメリットが発生します。

  • ・最新のアプリが起動できない
  • ・セキュリティが古い
  • ・不具合が起きやすい

速度制限が発生している

携帯電話会社にもよりますが、モバイル回線だと契約している料金プランで通信データ容量が決まっている場合があります。

通信データ容量を使いきると、スマホの通信速度に制限がかかり、速度制限が発生します。 スマホの通信速度が遅くなると、インターネットを快適に楽しむことは難しくなります。

スマホの速度制限を解除する方法は以下のとおりです。

  • ・速度制限が解除されるまで待つ
  • ・通信データ容量を追加で購入する

速度制限は期間が決まっており、一定期間が過ぎると自動的に解除されます。 そのため、速度制限が発生したら解除されるまで待つのが一般的な対処法です。

速度制限が解除されるまで待つことが難しい場合は、通信データ容量を追加で購入しましょう。 携帯電話会社にもよりますが、通信データ容量を購入すると速度制限が解除されます。 ただし、購入した通信データ容量を制限期間内に消費すると、速度制限が再び発生します。

iPhoneやAndroidスマホの通信速度を無料で測定(チェック)できるおすすめアプリ

スピードテストアプリとは、スマホの通信速度を測定できるアプリのことです。 次項より、iPhoneやAndroidスマホで利用できる無料のスピードテストアプリを紹介します。

アプリ①ドコモスピードテスト

ドコモスピードテスト」は大手キャリアのドコモが配信しているスピードテストアプリです。 今いる場所の通信速度の測定だけでなく、周辺のドコモ5G/LTEの速度平均値の確認や、ドコモショップ、ドコモのWiFiスポットなどを探せます。

ドコモスピードテストの操作方法は以下のとおりです。

  1. アプリをダウンロードして開く
  2. 利用規約に同意する
  3. 画面中央下の測定ボタンをタップ
  4. 測定モードを選択
  5. 「測定開始」をタップ
  6. 測定が終わるまで待つ

アプリ②RBB SPEED TEST

RBB SPEED TEST」はモバイル回線の通信速度を測定することに特化したスピードテストアプリです。 モバイル回線の測定時は、回線の種別やWiFiスポットなどの情報が自動で判別されるので簡単に測定できます。

RBB SPEED TESTの操作方法は以下のとおりです。

  1. アプリをダウンロードして開く
  2. 権限の許可を認める(初回)
  3. 「測定開始」を選択
  4. 測定が終わるまで待つ

別のユーザーのモバイル回線やWiFiの全国平均や最速地、都道府県別ランキングがアプリでいつでも確認できます。
ただし、固定回線の通信速度を測定する場合は、契約プランやプロバイダ情報をご自身で入力(任意)する必要があります。

アプリ③Speedchecker Speed Test

Speedchecker Speed Test」は最大1Gbpsまで測定できるスピードテストアプリです。 GPSと連動すれば、通信速度の速いエリアが分かる機能が付いています。

Speedchecker Speed Testの操作方法は以下のとおりです。

  1. アプリをダウンロードして開く
  2. 「スピードテスト開始」をタップ
  3. 屋内か屋外を選択
  4. 権限の許可を認める(初回)
  5. 測定が終わるまで待つ

操作方法はシンプルで、表示される結果も分かりやすいので、使いやすいアプリとなっています。

アプリ④Speedtest by Ookla

Speedtest by Ookla」はスマホの通信速度の安定度をグラフで確認できるスピードテストアプリです。 また、動画視聴の際の通信速度を測定できる機能があるので、スマホでYouTubeや動画配信サービスをよく見る方におすすめのアプリになります。

アプリの操作方法は以下のとおりです。

  1. アプリをダウンロードして開く
  2. プライバシーポリシーや権限を許可する(初回)
  3. 「スタート」をタップ
  4. 測定が終わるまで待つ

契約しているモバイル回線のエリアマップが表示できるので、5G回線を利用したいときに役立ちます。

自宅のWiFiでスマホを使用している場合は別の原因が考えられる

自宅でWiFiを使用している場合は別の原因が考えられる

自宅のWiFiを使用していてスマホの通信速度が遅い場合、次のような原因があると考えられます。

  • ・契約しているインターネット回線
  • ・WiFiルーターやモデムなどの機器
  • ・WiFiを使用している周囲の環境

上記の原因と対処法を順番に解説します。

契約しているインターネット回線

インターネット回線サービスごとに回線速度は異なります。 また、同じインターネット回線サービスでも、契約しているプランによっては、回線速度が遅い場合もあります。

対処法としては、自宅のWiFiの通信速度が遅いと感じたら、インターネット回線サービスの乗り換えを検討してみましょう。 基本的に、光回線に乗り換えると通信速度が改善される傾向があります。

WiFiルーターやモデムなどの機器

使用しているWiFiルーターが古いと、通信速度が安定しません。 また、モデムのファームウェアが更新されていない、WiFiルーターとモデムをつなげるLANケーブルが劣化しているなどが原因で通信速度が遅くなることもあります。

対処法としては、WiFiルーターやLANケーブルは定期的に新しい製品と交換し、モデムのファームウェアを更新してみましょう。

WiFiを使用している周囲の環境

WiFiは無線通信のため、周囲の環境によって通信速度が低下します。 たとえば、WiFiルーターが置いてある場所がスマホから遠いと、壁や障害物に邪魔されて、電波が届きにくくなります。

ほかにも、電子レンジやBluetooth接続の機器などが発する別の電波が干渉してWiFiがつながりにくい場合もあります。

対処法としては、WiFiルーターの近くでスマホを利用する、あるいは電波を発する機器の近くでスマホを利用しないなどを試してみましょう。

スマホと光回線を同時に契約するとおトク

自宅でスマホの通信速度を向上したいなら、光回線に加入してWiFi接続するのが良いでしょう。 光回線はモバイル回線に比べて通信速度が安定して速く、光回線は運営会社によってスマホセット割があるため、スマホの月額料金を節約できます。

利用しているスマートフォンの携帯電話会社によっておすすめの光回線が異なるので、順番に解説します。

ドコモユーザーなら「ドコモ 光」がおすすめ

参照元:ドコモ 光(代理店:株式会社ネットナビ)

ドコモのスマホを使用しているなら、「ドコモ光」がおすすめです。

次の表は、「ドコモ光」の集合住宅(マンション向け)と戸建向けの料金や事務手数料などをまとめたものです。

 集合住宅
(1ギガ タイプA)
戸建
月額料金4,400円(税込)5,720円(税込)
事務手数料3,300円(税込)
工事費最大16,500円(税込)
(※キャンペーンで実質無料)
最大19,800円(税込)
(※キャンペーンで実質無料)
下り最大速度(※)1Gbps
速度制限なし
契約期間2年
エリア全国
支払方法クレジットカード
口座振替
請求書

※横にスクロールできます。

(※) 記載の速度は理論上の最高値であり、最大通信速度を保証するものではありません。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

「ドコモ光」ではドコモユーザーを対象に、1台につきスマホの月額料金が毎月最大1,100円(税込)割引となります。 最大20台まで適用でき、離れて住んでいる家族も対象となるので、スマホをドコモに切り替えると節約効果を期待できます。

また、定期契約プランを更新するたびにdポイントが3,000ptプレゼントされます。 貯まったdポイントはスマホの購入や、ネットショッピングの支払いなどに利用できます。

下記サイトで申込みの上、条件を満たすとキャッシュバックや無料WiFiレンタルなどのキャンペーンが受けられます。 「ドコモ光」の特典や月額料金についても詳しく解説されているので、興味がある方はご覧ください。

ドコモ光の詳細はこちら

auユーザーなら「auひかり」がおすすめ

参照元:auひかり(代理店:株式会社25)

auのスマホを使用しているなら、「auひかり」がおすすめです。

次の表は、「auひかり」の集合住宅(マンション)向けと戸建向けの料金や事務手数料などをまとめたものです。

 集合住宅
(V16契約以上 お得プランA)
戸建
(1ギガ・3年)
月額料金4,180円(税込)1年目:5,610円(税込)
2年目:5,500円(税込)
3年目以降:5,390円(税込)
事務手数料3,300円(税込)
工事費最大33,000円(税込)
(※割引適用で実質無料になる)
最大41,250円(税込)
(※割引適用で実質無料になる)
下り最大速度(※)1Gbps
速度制限なし
契約期間2年3年
エリア中部・関西・沖縄を除く全国
支払方法クレジットカード
口座振替
コンビニ払い(請求書払い)

※横にスクロールできます。

(※) 記載の速度は理論上の最高値であり、最大通信速度を保証するものではありません。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

「auひかり」は「auスマートバリュー」の対象サービスで、スマホの月額料金が毎月最大1,100円(税込)割引になります。 最大10回線まで適用できるので、家族4人がauユーザーなら月額最大4,400円(税込)、1年間で52,800円(税込)おトクになります。

なお、「auひかり」は中部地方や関西地方、沖縄県などのエリアでは契約できません。 契約できないエリアに住んでいるauユーザーは、「auスマートバリュー」の対象サービスである「eo光」や「コミュファ光」などの地方限定回線を検討してみましょう。

また、「auひかり」へ下記サイトから申し込み、乗換えなどの条件を満たすと、キャッシュバックがもらえます。 受け取るには条件や手順などありますが、実質料金がおトクになるので、コストパフォーマンスにこだわるなら、下記サイトをチェックしてみましょう。

auひかりの詳細はこちら

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」がおすすめ

参照元:ソフトバンク光(代理店:株式会社LifeBank)

ソフトバンクのスマホを使用しているなら、「Softbank光」がおすすめです。

次の表は、「Softbank光」の集合住宅(マンション)向けと戸建向けの料金や事務手数料などをまとめたものです。

 集合住宅
(2年自動更新プラン)
戸建
(2年自動更新プラン)
月額料金4,180円(税込)5,720円(税込)
事務手数料3,300円(税込)
工事費最大26,400円(税込)
(※キャンペーン適用で実質無料になる)
下り最大速度(※)1Gbps
速度制限なし
契約期間2年
エリア全国
支払方法クレジットカード
口座振替

※横にスクロールできます。

※ 表記の通信速度はシステム上の最大速度となります。通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況などに応じて変化します。

「Softbank光」では、ソフトバンクユーザーの月額料金が毎月最大1,100円(税込)割引、Y!mobileの方は月額料金が毎月最大1,188円(税込)割引されます。 ただし、スマホセット割を受けるには次のオプションに加入する必要があります。

  • ・光BBユニットレンタル
  • ・WiFiマルチパック
  • ・BBフォンまたはホワイト光電話または光電話(N)

オプション加入には別途月額料金が発生するので、「Softbank光」に加入するなら下記サイトを活用しましょう。 下記サイトで申込みをして条件を満たせば、最大50,000円のキャッシュバックや、1年間月額料金が割引になるキャンペーンが受けられます。

Softbank光の詳細はこちら

通信速度に関するよくある質問

スマホの通信速度に関するよくある質問に回答します。

スマホの通信速度はどれぐらいあれば快適になるの?

インターネットを快適に楽しむためには、一定以上の通信速度が必要です。 ただし、必要な通信速度はインターネットの用途によって、次の表のように異なります。

 回線速度の目安
LINEの音声通話※120kbps~26kbps/1分間
LINEのビデオ通話※1120kbs~426kbs/1分間
LINEのビデオ通話(複数人・グループ)※1120kbs~426kbs/1分間
LINEの画像共有※1960kbps
YouTubeのストリーミング再生※2SD 360p:0.7Mbps
SD 480p:1.1Mbps
HD 720p:2.5Mbps
HD 1080p:5Mbps
4K:20Mbps
オンラインゲームをする※350Mbps

※横にスクロールできます。

※1 参照元:https://help.worksmobile.com/jp/message/voice-video-call/call-bandwidth-and-data-rate/
※2 参照元:https://support.google.com/youtube/answer/78358?hl=ja
※3 参照元:https://support.google.com/googlenest/answer/6246634?hl=ja#zippy=%2C%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E9%80%9F%E5%BA%A6%E3%81%AE%E7%9B%AE%E5%AE%89

スマホの通信速度が10Mbps程度もあれば、LINEの音声通話やビデオ通話を安定しておこなえます。 また、YouTubeのストリーミング再生は20Mbps以上あると、最高画質でも途中で止まらずに視聴できます。

オンラインゲームはジャンルによって異なりますが、一般的に50Mbps以上あれば、快適にプレイできます。 スマホでインターネットを快適に楽しむ際は、上記の表を目安にしましょう。

関連記事

回線速度はどれぐらいあれば快適?インターネットが遅い時の計測方法や対処法を紹介

自宅に光回線を設置できない場合はどうすればいいの?

Broad WiMAX

参照元:Broad WiMAX

自宅に何らかの理由で光回線を設置できない方は、モバイル回線サービスの「Broad WiMAX」がおすすめです。

頻繁に引っ越す方や、集合住宅で工事ができない方でも工事不要で持ち運び可能なWiFiだったら安心です

モバイル回線サービスは対象エリア内なら、工事不要でインターネット環境を構築できます

次の表は、「Broad WiMAX」の料金や事務手数料などをまとめたものです。

〇Broad WiMAX概要

プランギガ放題コスパDXプランギガ放題縛りなしDXプラン
タイプホームルーター
ポケット型Wi-Fi
回線サービス※1WiMAX 2+
au 4G LTE
au 5G
月額料金初月0ヶ月目:1,397円
1~36ヶ月目:3,773円
37ヶ月以降:4,818 円
初月0ヶ月目:1,397円
1~36ヶ月目:3,960円
37ヶ月以降:4,950 円
実質月額※24,924円4,764円
キャンペーン・初期費用0円のWEB割キャンペーン
・WiFiストア限定で事務手数料3,300円が無料
・契約解除手数料還元のお乗換えキャンペーン
・いつでも解約サポート
・2台同時お申し込みキャンペーン(端末2台を申し込みで5,000円キャッシュバック)
契約年数2年なし
月間データ容量上限なし※4

※1 5Gの提供エリアは一部となります。またプラスエリアモード(一部のLTE回線)を利用する場合は別途料金がかかります。
※2実質月額料金=(月額料金×契約月数+初期費用や端末代などの各種費用 – キャッシュバック・割引特典)÷契約月数としています。契約年数の縛りがないものは契約月数37ヶ月で実質月額料金を算出しています。
※3 適用には条件があります。詳細は公式ホームページをご確認ください。
※4 一定期間内に大量のデータ通信が発生した場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される可能性があります。

「Broad WiMAX」は5G対応のWiMAXルーターを扱っているプロバイダです。 コストパフォーマンスに優れており、コンセントに挿すだけで光回線並みの通信速度が利用できるWiMAXホームルーターがあります。

さらにBroad WiMAXでは2023年6月発売のWiMAX端末「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」を選択することができます。

ほかにも、手のひらサイズで持ち運びがしやすいモバイル型WiFiルーターも販売しています。 スリムな大きさなので、外出先や旅行先、出張先でインターネットを快適に利用したい場合に役立ちます。

「Broad WiMAX」のルーターは工事をする必要がありません。 そのため、光回線よりも早くインターネットを利用できるようになるのも魅力的です。 Web申込&クレカ払いを選択し、指定オプションサービスに初回加入する事で初期費用20,743円(税込)が割引されます。

また、下記サイトから申し込むと事務手数料3,300円(税込)が無料になるので、さらにおトクです。 「Broad WiMAX」に興味がある方は、下記サイトで詳しい内容を確認してみましょう。

Broad WiMAXの詳細はこちら

関連記事

【2023年最新】WiMAXのおすすめプロバイダ11社を徹底比較!料金が安いのはどこ?

理論値と実測値の違いは?

携帯電話会社やインターネット回線サービスに記載されているスマホの最大速度は理論値です。 理論値は、最良の通信環境や機器などを揃えた場合に実現する通信速度のことで、一般的なユーザーの環境では再現できません。

一方、実測値はユーザーがスピードテストアプリで測定した実際のスマホの通信速度です。 スピードテストアプリによってはユーザーの測定結果の平均値を公開しているので、携帯電話会社やインターネット回線サービスを選ぶ際の参考になります。

携帯電話会社やインターネット回線サービスを選ぶ際は、理論値だけでなく実測値も確認しましょう。

まとめ

スマホの通信速度を知りたいときは、スピードテストアプリを活用してみましょう。 スピードテストアプリは無料で利用でき、会員登録不要のケースが多いです。 ただし、アプリごとに機能や特徴は異なるので、自身に合ったアプリを選びましょう。

自宅でスマホの通信速度を上げたいなら、セット割引がある光回線がおすすめです。 光回線は通信速度が安定しやすいので、インターネットを快適に利用できます。

何らかの理由で光回線を引くことができない場合は、Broad WiMAXのようなWiMAXプロバイダがおすすめなので、申込みの検討をしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WiFiストアは、Wi-Fiに関する情報メディアサイトです。

今、世の中にたくさんの通信サービスが提供されてます。一方、サービスが多すぎて、自分にぴったりのサービスを選ぶ事が難しいという声をたくさん耳にします。そこでWiFiストアは、皆様のそのような悩みを解決すべく、Wi-Fi(WiMAX、ソフトバンク、docomo、auなど)に関する情報を分かりやすく記事にして監修しています。例えば、おすすめのWi-Fiサービスをランキングにしたり、各サービスの口コミやレビュー、メリットデメリットをご紹介してます。WiFiストアの記事を読んでいただく事で、皆様にぴったりのWi-Fiは何かが見つかれば幸いです。

目次