【2021年】おすすめのポケットサイズWiFiを比較!もっともお得な契約先は?

705 views

WEB会議やネットゲームでインターネットへ接続する機会が増えた昨今。
自宅にWiFiが無いとスマホのデータ容量が足りなくなってしまい、困ることも多いですよね。
そんな時におすすめしたいのが、工事不要でどこでも使える「ポケットサイズWiFi」です。

今回はポケットサイズWiFiの選び方からおすすめの申し込み窓口まで徹底解説していきます!
家にWiFiを用意したい方や、スマホのギガ不足でお困りの方は必見です。
ぜひ最後までご覧になってください。

※本記事は2021年9月3日に作成されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

インターネット回線はポケットサイズWiFiがおすすめ!

インターネット回線はポケットサイズWiFiがおすすめ

家や外出先でWiFiを使いたい方には、ポケットサイズWiFiがおすすめ。
ポケットサイズWiFiとは基地局と無線でつながったインターネット接続機器のことです。
「モバイルWiFiルーター」や「モバイルルーター」とも呼ばれますが、当記事では「ポケットサイズWiFi」としてご紹介しています。

ポケットサイズWiFiには、以下のような特徴があります。

〇ポケットサイズWiFiの特徴

  • ・スマホ同様にモバイル回線でインターネットに接続でき、外出先でも使用可能
  • ・バッテリー内蔵で持ち運びができる
  • ・工事不要で使えるため、回線工事ができないお宅のWiFiとしても便利

まとめると、電波が届けば場所を選ばず使える、非常に便利なインターネット回線です。
光回線などの固定回線と異なり工事がいらないため、開通に手間がかからないのもポイント。
持ち歩いてスマホのギガ不足解消はもちろん、自宅用のWiFiとしてもおすすめです。

ポケットサイズWiFiの選び方!重要な6つのポイントを紹介

ポケットサイズWiFiの選び方

まずはポケットサイズWiFiを選ぶ際にチェックすべきポイントをご紹介します。

自分に合うポケットサイズWiFiの回線サービスを選ぶ

ポケットサイズWiFiには、いくつかの回線サービスがあります。
それぞれ端末スペックやプラン内容など特徴が異なるので、自分に合うサービスを選ぶことが重要です。
ポケットサイズWiFiで代表的な3つの回線サービスについて、それぞれ詳しく確認してみましょう。

・WiMAX

WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社が展開するモバイル回線サービス。
データ容量上限なしのプランや機種スペックの高さから、もっともおすすめしたいポケットサイズWiFiです
回線には主にWiMAX2+、au 4G LTEを利用し、ギガ放題プラスプランではさらにau 5G回線にも接続できます。

〇WiMAX特徴

  • ・ギガ放題、ギガ放題プラスプランなら月間データ容量の上限なし
    (直近3日間のデータ通信量が規定値を超えると、翌日の18時~深夜2時ごろまで1Mbpsに速度制限)
  • ・WiMAX、auの回線を使える
  • ・5G対応プラン・機種があり高速通信が可能
  • ・現行機種のスペックが高い
  • ・プロバイダ(代理店)が多く、お得なキャンペーンや割引を受けられる

〇おすすめな人

  • ・快適なネット環境を用意したい人
  • ・5G対応エリアで使える人
  • ・費用対効果の高いお得なポケットサイズWiFiが欲しい人

・Pocket WiFi(Y!mobile)

Pocket WiFiはY!mobileが展開するモバイル回線サービスで、ソフトバンクの回線を利用できます。
通常だと月間7GBまで利用できますが、アドバンスオプションに加入することでWiMAX同様にデータ容量上限なしで利用することもできます。
5G対応機種が展開されているものの、アドバンスオプションは5G通信に対応していないので注意が必要です。

WiMAXと比べても料金は少し高めですが、「家族割引サービス」を適用することができるのがポイント。
最大9回線までY!mobileのスマホ・通信端末の月額を割引できるので、家族でY!mobileを利用している方におすすめです。

〇Pocket WiFiの特徴

  • ・アドバンスオプション加入で月間データ容量上限なしで利用可能
    (直近3日間のデータ通信量が約10GB以上の場合、翌日の18時~深夜1時まで1Mbpsに速度制限。)
  • ・「家族割引サービス」でY!mobileのスマホ料金を割引できる
  • ・ソフトバンクの回線を使える

〇おすすめな人

  • ・WiMAXがエリア外だった人
  • ・Y!mobileのスマホユーザー

・クラウドSIM

クラウドSIMは、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線を利用できるのが特徴。
電波が入りにくい山間部などでも、電波が入る可能性が高くなります。
対応エリアが広いため、いろいろな場所に出張する方や、旅行が多い方にもおすすめです。

注意点として、クラウドSIMは通信速度が控えめです
WiMAXやPocket WiFiと比べるとスペック・実測値ともに劣ってしまいます。
ネットでの調べ物やナビ程度なら問題ありませんが、高画質動画の視聴やゲームなどは厳しい場合もあるので用途に合わせて選びましょう。

〇クラウドSIMの特徴

  • ・3大キャリアの回線を利用できるので対応エリアが広い
  • ・通信速度は控えめ
  • ・海外にも対応

〇おすすめな人

  • ・旅行や出張でいろいろな場所に持ち歩く人
  • ・山間部など電波の入りにくい場所に住んでいる人
  • ・通信速度はほどほどで良いライトユーザー

費用の安さやキャンペーンを比較する

同じ回線やプランでも、契約するプロバイダによって月額費用が異なります。なるべく月額費用や初期費用の掛からないプロバイダで契約しましょう。

費用で比較する際、注意するポイントは2点あります。

費用は年単位で計算した実質費用で比較

キャンペーンで割引が行われていても、適用期間はプロバイダによって異なります。1ヶ月分の費用だけで比較すると、キャンペーンをすべて反映した実質費用がわかりません。
そのため、初期費用やキャンペーンを含めた実質月額料金を計算してみましょう。

〇実質月額料金の計算式

実質月額料金=(月額料金×契約月数+初期費用 – キャッシュバック・割引特典)÷契約月数

実質月額料金で比較することで、キャンペーンや月額割引を含めた総合的なお得さを比較することができます。
厳選11社を比較!おすすめのポケットサイズWiFiをチェック」では実質月額料金を使って各ポケットサイズWiFiを比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンペーン内容と適用条件を確認

各プロバイダで展開しているキャンペーンも要チェック。
キャッシュバックや割引、乗り換え費用の補助などを活用することで、よりお得に契約が可能です。

ただし、キャンペーンには適用条件があるので必ず確認しておきましょう
適用条件を満たさないと、キャンペーンの特典を受け取れません。

とくにキャッシュバックは適用条件が厳しかったり、受け取りにくかったりする場合があるので要注意です。

通信速度は速い方が有利

ポケットサイズWiFiの通信速度が速いと、容量の大きなデータを扱うときに有利です。
高画質動画やゲームなどを楽しみたい方は、通信速度が速いものがおすすめ

比較する際の注意点として、各回線サービスの公式ページに記載されている「最大下り通信速度〇〇Mbps」という表記はあくまで理論値なので表記の速度が出ることはほぼありません。
そのため、実際にポケットサイズWiFiを使って測定した実測値も確認して比較しましょう。

また、通信速度は下記の要素で変化します。

  • ・使用場所
  • ・周囲の障害物
  • ・通信エリア(キャッチしている電波)
  • ・時間帯
  • ・使用端末

条件次第で通信速度は変化するので、通信速度の実測値は平均値で見るのがおすすめ

各回線サービスの代表機種と実測下り通信速度をまとめると以下のようになります。
〇速度比較表

回線サービスWiMAXPocketWiFiクラウドSIM
機種名Speed Wi-Fi NEXT WX06Galaxy 5G Mobile Wi-FiPocket WiFi 802ZTU3
実測平均下り速度34.06Mbps55.59Mbps30.84Mbps24.32Mbps

※実測平均下り速度は「みんなの回線速度」から参照しています。
使用する端末によって異なりますが、速度を重視するならWiMAXがおすすめです。

 

なお、プロバイダが違っても同じ回線サービスなら通信品質に差はありません。
例を挙げると、WiMAX本家の「UQ WiMAX」と委託先の「Broad WiMAX」では、どちらで契約しても通信能力は同じです。

データ通信容量は上限なしがおすすめ

ポケットサイズWiFiは、スマホと同様に契約プランによって使える月間データ通信容量が決められています。

さまざまな容量のプランがありますが、おすすめは「上限なし」のプラン。文字通り1ヵ月間で使えるデータ容量上限がないので、高画質動画の視聴や大容量データの送受信も可能です。

上限なしプランは「WiMAX」と「Pocket WiFi」にありますが、どちらも3日間で10GB(WiMAXギガ放題プラスプランの場合15GB)以上使うと速度制限が掛かるので注意が必要です。
制限を加味しても他の大容量プランよりおすすめするのには、下記の理由があります。

  • ・制限が掛かるのは翌日の夕方18時~深夜2時ごろのみで、午前中などは制限なし
  • ・すぐに制限はかからず、一気に50GBの通信なども可能
  • ・制限が掛かっても最大1Mbpsの通信速度が出る
    (100GBなど容量制限のあるプランだと最大128~384kbpsほど)

制限がかかるのは一部の時間帯だけなので、使い方によっては実質無制限で使用できます
仮に制限が掛かっても最大1Mbpsの通信速度は出るので、YouTubeの通常画質動画の再生などは可能です。(※)

また、上限なしプランだと一日に50GBや100GBのデータを通信しても3日間の通信制限だけですむため、大容量データも扱いやすいのも大きなメリットです。

〇データ使用イメージ

WiMAX制限イメージ

参照元:UQ WiMAX公式サイト

インターネットをあまり利用しない方は上限の決まっている低容量プランでも問題なく、費用面でお得になる可能性もあります。
しかし、外出先から自宅まで、常に使えるネット環境を求める方は上限なしプランをおすすめします

※参照元:YouTubeシステム要件

 

自宅で使える?対応エリアを確認

ポケットサイズWiFiは、使用する回線によって対応エリアが異なります
自宅や普段の活動圏内で使えるか、確認しておきましょう。

WiMAX、Pocket Wi-Fi、クラウドWiFiの使用回線とエリアマップは下記のようになります。

使用回線と対応エリア

 

使用回線

対応エリア確認(リンク)

WiMAX

WiMAX2+、au4GLTE

UQWiMAX公式 エリアマップ

Pocket Wi-Fi

ソフトバンクLTE

Y!mobile公式 エリアマップ

クラウドWiFi

3大キャリア回線
(ドコモ、au、ソフトバンク)

ドコモ公式 エリアマップ

au公式 エリアマップ

ソフトバンク公式 エリアマップ

3種類の中でもっとも対応エリアが広いのはクラウドWiFiです。

3大キャリアの回線に接続できるので、ほぼ全国で使用可能。山間部などの電波の悪い場所で使う予定の方におすすめです。

5G通信を利用するかどうか

ポケットサイズWiFiの5G対応プラン・機種を使うことで、5G通信を利用可能です。
ご紹介した回線だと、WiMAXとPocket WiFiが5Gに対応しています。
5Gには以下のメリット・デメリットがあるので、自分に必要かどうか検討してプランや機種を選びましょう。

〇5Gのメリット

  • ・5Gエリア内で高速通信が可能
  • ・WiMAXの5Gプランはスタンダードモードで4G LTE回線を使える

〇5Gのデメリット

  • ・プランの月額料金が高い
  • ・5Gエリアがまだ狭い
  • ・Y!mobileのPocket WiFiはデータ容量7GBまでしか利用できない

大きなメリットは5G通信を行うことで通信速度、反応速度が向上することです。
オンラインゲームや高画質動画の視聴をしたい人におすすめです。

ただし、5Gエリアはまだ狭いので高速通信ができる場面は限られます。
さらにY!mobileのアドバンスモードでは5G通信ができません。
5G通信をする場合は、月間7GBの制限があるため注意しましょう。

5Gを検討している方には、WiMAXがおすすめ。
プランの月額料金は高くなりますが、5G通信でも月間データ容量上限なしで利用可能です。
さらに従来では直近3日間で10GBだった制限が15GBにアップするので、容量の大きいデータ通信もしやすくなっています。

また、5Gプランのギガ放題プラスならスタンダードモードでWiMAX2+に加え、au 4G LTE回線にも接続可能です。
従来のプランだと通常のモードではWiMAX2+回線にしか接続できなかったので、安定性の向上が期待できるでしょう。

仮に5Gエリアでの利用が出来なくてもメリットはあるので、興味がある方はぜひ検討してみてください。

厳選11社を比較!おすすめのポケットサイズWiFiをチェック

ポケットサイズWiFiを取り扱うプロバイダを11社に厳選し、通信速度や費用、キャンペーンの比較を行いました。表にまとめたので、自分に合うお得に使えるポケットサイズWiFiを探してみましょう。

〇費用と通信品質の比較

プロバイダ回線実質月額※1契約期間データ通信容量主な特典
Broad WiMAXWiMAX3,922円3年上限なし※2・端末代無料
・事務手数料無料(WiFiストア限定)
・WEB割キャンペーン
DTI WiMAXWiMAX3,967円3年上限なし※2・端末代無料
・最大2ヵ月間月額料金無料
So-net WiMAXWiMAX4,414円3年上限なし※2・有料オプション3種 最大12ヵ月間無料
・初月月額料金無料
・端末代金無料
カシモWiMAX(5G)WiMAX4,704円3年上限なし※2・端末代無料
・初月月額料金無料
縛られないWiFiWiMAX4,895円なし上限なし※2・端末レンタル代無料
BIGLOBE WiMAXWiMAX4,949円1年上限なし※2・最大17,000円キャッシュバック
Broad WiMAX(5G)WiMAX4,823円3年上限なし※2・端末代無料
・最大5,000円キャッシュバック
UQ WiMAX(5G)WiMAX5,124円2年上限なし※2
BIGLOBE WiMAX(5G)WiMAX5,548円1年上限なし※2・最大10,000円キャッシュバック
Y!mobileソフトバンク5,355円なし上限なし※
(アドバンスオプション加入)
・端末代18,000円割引
(803ZTの場合)
・アドバンスオプション初月無料
MUGEN WiFiクラウドSIM3,293円2年100GB/月・端末代無料
・最大13,500円キャッシュバック
AirWiFiクラウドSIM3,553円1年100GB/月・端末レンタル代無料
それがだいじWiFiクラウドSIM3,856円2年100GB/月・端末代実質無料
・ビューン@無料利用可能
クラウドWiFiクラウドSIM3,993円なし100GB/月・端末レンタル代無料
地球WiFiクラウドSIM3,187円3年3GB/日・端末代実質無料
・事務手数料無料
・初月月額無料

※横にスクロールできます。
※1 費用は各プロバイダの最大月間データ通信容量に該当するプランで計算しています。
※2 直近3日間で指定のデータ通信量を超えた場合、翌日の通信が混雑する時間帯で1Mbpsの速度制限が発生します。

さらに、どこで契約すべきか迷う方のために、11社のなかでもとくにおすすめしたい3社をピックアップしてご紹介します。

総合的におすすめなのはBroad WiMAX!

Broad WiMAX

11社の比較から、総合的にお得なポケットサイズWiFiは「Broad WiMAX」です!

〇Broad WiMAXをおすすめする理由

  • ・通信速度が優秀で上限なしプランを選べるWiMAX
  • ・比較したWiMAXのなかで3年合計費用がもっとも安い
  • ・キャンペーンが充実しており乗り換えもしやすい

Broad WiMAXは、通信品質・費用・キャンペーンの3点が充実しており、お得に契約ができるプロバイダです。

通信速度が優秀なWiMAXを比較13社中もっとも安く契約が可能です。
また、5Gプランのギガ放題プラスも展開しており、最新機種を選ぶこともできます。

さらに、キャンペーンが充実しているのもBroad WiMAXの強みです。
他回線からの乗り換え時には「違約金当社負担乗換えキャンペーン」で違約金の補填もあり、契約しやすいのがうれしいポイント。

また、逆に解約する際にも「いつでも解約サポート」を使えば、条件を満たすことで違約金なしでの解約が可能です。きちんと使えるか不安な方や、いつまで使うか分からない方も乗り換えやすく、おすすめしやすいプロバイダです。

初期費用のWEB割キャンペーン、端末代0円に加え、WiFiストア限定で事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンも実施中です。
下記リンクから適用できるので、ぜひ検討してみてください!

コスパ重視なら「Mugen WiFi」がおすすめ

Mugen WiFi

なるべく費用を抑えてポケットサイズWiFiを契約したいなら、「Mugen WiFi」がおすすめです。

〇Mugen WiFiをおすすめする理由

・最大13,500円キャッシュバックが受けられる
・100GB/月のクラウドWiFiでは実質月額が比較中もっとも安い
・2年以降はいつ解約しても違約金なし

Mugen WiFiでは最大13,500円の高額キャッシュバックを受け取ることが可能で、実質月額の安さが魅力
とくに100GB/月の大容量プランの中では比較中もっとも安く、容量制限ありでも問題がないライトユーザーの方におすすめできるサービスです。

また、一般的なポケットサイズWiFiは契約期間終了後は更新月を挟み、また同じ契約期間が発生しますが、Mugen WiFiの場合は2年以降契約期間がなくなります
数年たったら契約を見直したい方や、5Gエリアが増えたらWiMAXに移行したいという方にもおすすめです。

お試しで使うなら契約期間が無い「縛られないWiFi」

縛られないWiFi

ポケットサイズWiFiを数ヶ月だけ使ってみたい方や、お試しで使ってみたい方には「縛られないWiFi」がおすすめ。

〇縛られないWiFiをおすすめする理由

・契約期間なしで1年以内の解約も可能
・端末代金がかからないレンタルサービス
・WiMAX、クラウドWiFiの2回線から選べる

縛られないWiFiはレンタルサービスなので契約期間がなく、いつ解約しても違約金が発生しません
端末代金もかからず初期費用が安いため、一時的にポケットサイズWiFiを使いたい方におすすめのサービスです。
ただし、月額料金は他より高めなので、長期利用する場合は注意しましょう。

縛られないWiFiはWiMAXとクラウドWiFiからプランを選べるのもポイント。
もちろんクラウドWiFiでも契約期間なしでレンタルできるので、自分にあった回線を選べます。

おすすめポケットサイズWiFiの申し込み方法

おすすめポケットサイズWiFiの申し込み方法

実際にポケットサイズWiFiを申し込む方法を解説します。
当ページおすすめの「Broad WiMAX」を例に見ていきましょう。

WEB上から申し込む場合

1.公式ページからWiMAX申し込みページへ

下記のリンクから公式ページへ行き、「WiMAXへ申し込みする」から申し込みましょう。

Broad WiMAX

2.案内に従い、契約プラン・機種・オプションを選択

ルーターの機種や契約したいプランを選択します。
また、適用したいキャンペーンをチェックする項目があるので、利用する際は忘れないようにしましょう。

3.契約者情報を入力して申し込み完了

氏名や住所などの契約者情報を入力し、内容を確認したら申し込み完了です!

電話で申し込む場合

WEBページでの契約はよくわからない……という方は、電話での契約がおすすめです。
公式ページの「オペレーターに電話で相談する」から、電話相談の申し込みを行いましょう。

Broad WiMAX

電話相談申し込みフォームから氏名や電話番号、希望の時間帯を送信すると、折り返しの電話がかかってきます。
オペレーターと相談しながら申し込めるので、ぜひ活用してみてください。

ポケットサイズWiFiを契約する際の注意点

ポケットサイズWiFiを契約する際の注意点

ポケットサイズWiFiを契約する際、注意すべき点がいくつかあります。

確認を怠ると思わぬ出費やトラブルが発生してしまうので、必ずチェックしておきましょう。

表記月額や通信速度の注意書きをよく確認する

公式ページを見ると、月額費用や通信速度の表記に※マークがついていることがあります。

※マークは、表記に対する注意書きがあることを示しており、表記の月額になるための条件や、通信速度を出すための条件などが記載されています。

注意書きの条件を満たしていないと、表記通りにならない可能性があるので必ず確認しておきましょう。

契約期間と違約金

ほとんどのポケットサイズWiFiには、契約期間が設定されています。「最低何年継続使用する」という期間で、2~3年が一般的です。

契約期間中に解約すると違約金がとられるため、注意しましょう。

契約期間の終わりにある「更新月」で解約すると、違約金は掛かりません。
更新月で解約しない場合、再度同じ契約期間が発生するので、更新月が近づいたら契約内容の再検討を行うと良いでしょう。

キャッシュバックの受け取り忘れ

キャッシュバックキャンペーンを受け取るとき、別途申請が必要な場合があります。
申請方法はキャンペーンにより異なりますが、申請を忘れるとキャッシュバックを受け取れません

とくに、契約から1年後に申請メールが届くなど、時間が空くものは注意が必要です。ほとんどのキャッシュバックには申請期限が設けられており、期限が切れると受け取れなくなります。

キャッシュバックキャンペーンのあるプロバイダを申し込む際は、申請忘れに注意しましょう

ポケットサイズWiFiに関するよくある質問

よくある質問

ポケットサイズWiFiに関するよくある質問をまとめました。

気になるポイントがある方は、ぜひご覧になってください。

Pocket WiFiやWiMAXにはどんな違いがある?

Pocket WiFiやWiMAXはモバイル回線サービスの名称です。
回線サービスごとに使用できる機種やネット回線が異なるため、通信性能や対応エリアに差があります

大容量データを扱うなら通信速度の速いWiMAX、出先でのつながりやすさを優先するなら対応エリアの広いクラウドSIMがおすすめです。

〇代表的な回線サービスの比較

 

WiMAX

ポケットWiFi

クラウドWiFi

使用回線

WiMAX2+、au 4G LTE、au 5G

ソフトバンクLTE

ドコモ、au、ソフトバンク

最大下り通信速度※

2.2Gbps

838Mbps

150Mbps

対応エリアの広さ

※ 記載の各通信速度は、ベストエフォート方式に基づく技術規格上の最大値であり、実効速度として保証するものではありません。通信環境や混雑状況により、通信速度が変化する可能性があります。また、ご利用地域によって最大通信速度が異なります。

 

支払いは口座振替にも対応している?

一部のプロバイダでは口座振替にも対応しています。
WiMAXだと「Broad WiMAX」「BIGLOBE」「UQ WiMAX」「縛られないWiFi」が対応しているので、検討してみてください。

口座振替で支払えるポケットサイズWiFiについて詳しくまとめた記事もあるので、参考にしてみましょう。

ポケットサイズWiFiでもゲームや動画を楽しめる?

ポケットサイズWiFiでもゲームや動画は楽しめます。

例として、YouTubeでは4K動画の再生に必要な通信速度を20Mbpsとしています。(※)
WiMAXの下り通信速度WX06の実測平均値で34.06Mbpsなので、十分再生できる速度です。

また、ポケットサイズWiFiで実際にゲームや動画再生をしたレビュー記事もあるので、参考にしてみてください。

YouTubeシステム要件参照

 

自宅用のネット回線は光回線(固定回線)の方が良い?

通信性能を重視するなら光回線の方がおすすめですが、ポケットサイズWiFiにもメリットはあります。

それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

〇通信回線メリット・デメリット比較

 

メリット

デメリット

光回線(固定回線)

・通信速度が速い
・通信が安定している

・工事が必要
・比較的費用がかかる

ポケットサイズWiFi

・工事なしで使える
・費用が控えめ

・通信性能は光回線に劣る

・通信性能が光回線に劣る

FPSゲームユーザーなど、通信性能を重視する場合は光回線がおすすめですが、ネット閲覧や動画視聴がメインならポケットサイズWiFiでも問題ありません

自宅用のネット回線については、下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

ポケットサイズWiFiを使う際の注意点は?

ポケットサイズWiFiを使うときに注意したいポイントは2点あります。

〇注意したいポイント

  • ・電波の入りやすい場所で使う
  • ・プラン内容をしっかりと確認する

ポケットサイズWiFiは基地局と無線でつながることでインターネットに接続できます。そのため、電波が届かないところでは使えません。

対応エリア内で使うことはもちろんですが、障害物の多い場所だとうまく電波が拾えない可能性があります。
見晴らしのいい場所や、屋内なら窓際など、電波が届きやすい場所で使うと良いでしょう。

 

もうひとつ注意したいポイントはプラン内容です。

たとえば、WiMAXの「ギガ放題プラン」では月間のデータ通信容量が上限なしで使えますが、3日で10GB以上使うと通信制限がかかります。
プラン内容を理解していないと、突然通信速度が遅くなり驚くこともあるでしょう。

また、費用についてもキャンペーン適用後の実質月額をみて契約すると、思ったより安くないと感じることもあります。ポケットサイズWiFiの契約をする際は注意書きをよく読み、プラン内容をしっかりと理解しておくことをおすすめします

まとめ

ポケットサイズWiFiを選ぶ際は、重要なポイントをおさえて比較することが大切です。

契約先によっては、契約先によっては、実質月額で約1,000円の費用差が出るケースもあります。
年間で考えると1万円以上の差となるので、キャンペーン内容や月額料金の差をしっかりと確認しておきましょう。

費用と通信能力のバランスから、もっともおすすめなのは「Broad WiMAX」です。

WiFiストアから申し込むと、事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンも実施中です。ぜひ活用してみてください。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。