MENU

【2024年6月】持ち運びできるポケット型WiFiのおすすめ16社!無制限・安いなどを紹介

おすすめのポケット型WiFiレンタルはここ

ポケット型WiFiは、持ち運び可能で外出先でもWiFiを利用できる端末です。

工事不要でネット回線を導入できるため、手軽にインターネットを使いたい方に非常に人気があります。また、ポケット型WiFiのデータプラン料金はスマートフォンに比べて安いため、ネットの利用をWiFiに切り替えるだけで毎月の通信費用を節約することも可能です。

目次

最もおすすめなポケット型WiFiはBroad WiMAX!

参照元:Broad WiMAX 公式サイト

Broad WiMAXは、豊富なキャンペーンとサポートの手厚さが魅力のプロバイダです。

○Broad WiMAXをおすすめする理由

  • データ通信容量が無制限(※1)で利用できる
  • 契約期間ありとなしのプランを自由に選べる初期費用無料キャンペーンや違約金還元キャンペーンで費用を抑えて始めやすい!
  • いつでも解約サポートでBroad WiMAXを解約後のアフターフォローも完備!
  • 当サイトからの申し込みで、事務手数料3,300円が無料に!

Broad WiMAXは、月間のデータ通信容量無制限※1で利用できるので、とにかくインターネットを思う存分使いたい人に最適です。
また、料金プランには契約期間の縛りありとなしが選べるので、短期・長期で好みの契約ができます。

Broad WiMAXでは、初回契約時に事務手数料と初期費用に20,743円(税込)が請求されます。しかし、この2つはキャンペーンを適用することで0円にすることが可能です。

それぞれのキャンペーンには所定の条件を満たす必要(※2)がありますが、WiFiストアから申し込めば事務手数料・初期費用ともに0円で始められます。

また、初回特典として、Broad WiMAXには36ヶ月間の月額料金割引が用意されています。初月からの割引はどの料金プランにも適用され、割引総額は最大41,041円(税込)と非常にお得です。

現在他社を利用中で乗り換えしたくても違約金が怖いという場合、「違約金還元キャンペーン」の利用をおすすめします。他社を解約後に発生した解約違約金を、最大19,000円(税込)までキャッシュバックで補償してくれます。

初期費用と3年間の月額料金は最安級。乗り換え後の補償サポートも充実し、WiMAXでは一押しのプロバイダです。

※1一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
※2 適用には条件がございます。詳しくは公式ホームページをご確認ください。

\ WiFiストア限定 /
事務手数料3,300円が無料に!

ポケット型WiFiとは?特徴やメリットを解説!

家や外出先でWiFiを使いたい方には、ポケット型WiFiがおすすめです。

ポケット型WiFiとは、基地局からの電波と無線で繋がった携帯型のインターネット接続機器のことです。携帯用に設計されたルーター端末のため、持ち運びに優れたコンパクトなサイズとデザインが特徴。

「モバイル型WiFiルーター」や「モバイル型ルーター」とも呼ばれますが、当記事では「ポケット型WiFi」として紹介しています。

ポケット型WiFiの回線の種類

ポケット型WiFiの回線の種類は、大きく分けて以下の3つです。

  • WiMAX
  • キャリア回線
  • クラウドSIM

それぞれの特徴を順番に見ていきましょう。

WiMAX

WiMAXとは、UQコミュニケーションズが提供しているインターネット回線です。厳密には4GやLTEと同じ無線通信規格の中の1つで、キャリア回線とは異なる無線のインターネットになります。

WiMAXの中にもWiMAX 2+やWiMAX +5Gという種類があり、高速かつ大容量データ通信が可能な5G通信(WiMAX +5G)が主流です。

WiMAX +5Gの最大の特徴は、高速通信回線を月間データ容量無制限*で利用できることでしょう。そのほか、UQコミュニケーションズは親会社がKDDIであるため、WiMAXのプロバイダではUQモバイルやauのセット割が使えます。

WiMAXは全国の都市部や中規模エリアを中心に展開し、サービスエリアは全国に拡大中です。ただし、WiMAXの電波は障害物に弱く、遮蔽物の多い建物内や地下や高層階では通信が遅くなる可能性があります。

WiMAXは回線を保有するUQコミュニケーションズ株式会社が、一部の提携会社に開放しています。そのため、プロバイダを選ぶ自由度があり、好みのサービスと契約することが可能です。レンタルサービスの数も多く、高速通信を短期で利用したいという方にもおすすめします。

○WiMAXの特徴

  • 月間データ容量が無制限*
  • 5G通信による安定した高速通信
  • プロバイダを選ぶことができ、料金やキャンペーンを比較して契約できる
  • UQやauのユーザーならセット割が使える

*一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

○WiMAXがおすすめな人

  • UQモバイルやauスマホユーザー
  • 国内旅行や単身赴任、一人暮らしの人
  • 自宅に固定回線を引けない人
  • 毎日のデータ通信量が多い人

キャリア回線

キャリア回線は、NTTドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど、携帯電話会社が保有している通信回線です。
自社の携帯電話回線と同じ5Gや4G LTEの電波を使用し、自社が設置している基地局から送られる電波で通信を行います。

キャリア回線の電波は会社ごとに特徴や基地局、設備の数も違うため、それぞれがまったく別の回線と思って問題ありません。それぞれが携帯電話と同じサービスエリアで展開しているため、広い範囲での通信を可能としています。

4つのキャリアの通信速度を、各最新機種で比較したものが以下です。

端末機種Wi-Fi STATION
SH-52B※1
Speed Wi-Fi
5G X12
Pocket WiFi
5G A101ZT※1
Rakuten WiFi
Pocket 2C
キャリア会社ドコモauソフトバンク楽天モバイル
下り最大通信速度4.2Gbps*2*33.9Gbps*2*32.4Gbps*2*3150Mbps*3
平均下り実測値*491.48Mbps104.88Mbps90.58Mbps25.45Mbps

*1 最新機種のデータが無いため代替機での測定になります。
*2 5G対応エリアは一部に限ります。
*3 上記の通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。
*4 平均下り実測値は、「みんなのネット回線速度」を参照しています。(2024年3月18日調べ)

キャリア回線は、楽天モバイルを除いてすべて5G回線に対応済みです。

auはUQコミュニケーションズ株式会社と回線を共有しているため、 WiMAXと同じ回線です。楽天モバイルのポケット型WiFiは4G LTEをメインにしているので、5G非対応のポケット型WiFiサービスやクラウドSIMと同様のものとして比較します。

5G対応のキャリア回線はいずれも安定した高速通信です。キャリア回線は国内のインターネット回線の最新技術をいち早く取り入れており、設備が整っているので通信が安定しています。

サポートも充実しているため、回線の品質や会社の信頼性を重視する方におすすめです。

また、自社の携帯電話とのセット割が使えるので、利用する携帯キャリアに合わせて回線を選ぶのが良いでしょう。
ただし、キャリア回線のポケット型WiFiの月額料金は通信サービスの中でも高額なため、コスパは良いとは言えません。

○キャリア回線の特徴

  • 対応エリアが広い
  • 回線品質が高く、通信速度が安定して速い
  • 月額料金が高め

○キャリア回線がおすすめな人

  • 各キャリアに対応したスマホユーザー
  • 回線品質や会社の信頼性を重視する人

クラウドSIM

クラウドSIMは、厳密に言えば回線ではなくSIMカード情報をクラウド上で管理する通信技術のことです。

ドコモ、au、ソフトバンクの3つのキャリア回線のSIM情報を使用し、利用エリアや通信状況によって繋がりやすい回線を自動で選択してくれます。なお、2024年3月時点では、楽天モバイル回線には対応していません。

クラウドSIMは3キャリアの通信エリアをカバーしているため、対応エリアが広く旅行や単身赴任などのプライベートや仕事といった用途が幅広いのが魅力です。電波が入りにくい山間部などでも、電波が入る可能性もあります。

また、海外でも端末やSIMを交換することなく、そのまま持ち込んで使うことが可能です。多様性に富んだポケット型WiFiと言えるでしょう。

クラウドSIMはレンタルサービス専用で、月額料金を安くし、契約期間の縛りを設定していないプロバイダが多いです。どなたでも手に取りやすい手軽さがある反面、通信速度はWiMAXや5Gに比べると低速です。

また、クラウドSIMは4G対応のみとなっており、使用端末も5G対応機種に比べてロースペックとなるため、通信速度や回線の安定性の面では過度な期待は持てません。

ネットでの調べ物やナビ程度なら問題ありませんが、高画質動画の視聴やゲームなどには正直厳しい場合があるので、クラウドSIMは用途に合わせて選びましょう。

○クラウドSIMの特徴

  • 3キャリアのサービスエリアを利用できるので利用できる範囲が広い
  • SIMカードの差し替え不要
  • 通信速度は5Gに比べ遅い
  • 海外でSIMカードや機種変更が不要でそのまま使える

○クラウドSIMがおすすめな人

  • (海外)旅行や出張など幅広い用途で使いたい人
  • 手ごろな料金でインターネットを使いたい人
  • 山間部など電波の入りにくい場所に住んでいる人
  • 通信速度はほどほどで良いライトユーザー

ポケット型WiFiのメリット

ポケット型WiFiには、以下のようなメリットがあります。

〇ポケット型WiFiのメリット

  • 手軽!工事不要ですぐに利用できる
  • 家でも外出先でも使える
  • スマホの通信量を抑えて通信費用を安くできる
  • 端末・デバイスへの複数台同時接続ができる
  • データ容量実質無制限のモバイルWi-Fiルーターもある

各メリットを詳しく解説するので、参考にしてください。

1:手軽!工事不要ですぐに利用できる

ポケット型WiFiは、工事不要ですぐに利用できるのが大きなメリットです。有線の固定回線の場合、開通工事や開通までにインターネットが使えない期間が発生します。

また、申し込んでも時期によっては予約が埋まっていることもあり、ネットが利用できるまでに数週間もかかってしまうケースも少なくありません。

ポケット型WiFiなら契約してからプロバイダによっては最短即日発送で、早くて翌日にはネットが利用できるサービスが多いです。手軽にすぐネットを使いたい方には、大きなメリットですよね。

2:家でも外出先でも使える

ポケット型WiFiは、家でも外出先でも使えるのが特徴でもあり最大のメリットです。対応エリア内で通信回線さえ通っていれば、外出先でもたっぷりネットを楽しめます。

固定回線は、電柱から宅内に引き込むネット回線を使用するので、回線が通っている屋内でしかネットが使えません。
ポケット型WiFiは無線でシーンを選ばずネットに繋がるため、外でもたくさん通信したい方にうってつけです。

3:スマホの料金を安くできる場合がある

スマホの通信をポケット型WiFiで補えば、月々のスマホの通信費を節約することができます。スマホの通信費、特に大手のキャリア携帯はデータ容量が大きいプランにかかる費用が高額です。

それに比べ、ポケット型WiFiは料金プランが安いサービスが多く、同じデータ通信量でもポケット型WiFiとスマホで通信費に大きな差があります。

通信費が高額なスマホは最も安い料金プランを選び、データ通信自体は料金プランが安いポケット型WiFiから必要なデータ容量に合った料金プランを選んで利用するのがおすすめです。

スマホとポケット型WiFiを使い分けることで、毎月のデータ通信量を節約して通信費を抑えることに繋がります。
また、スマホのセット割を併用することで、さらに毎月のスマホ代を安くすることが可能です。

「毎月のスマホ料金をもう少し安くしたい!」と考えている方にとって、ポケット型WiFiは非常に大きなメリットがあるのではないでしょうか。

ただし、節約に繋がるかは利用状況やセット割に対応しているキャリア次第となるので、自分のライフスタイルを見直して選びましょう。

4:複数の端末・デバイスとの同時接続が可能

ポケット型WiFiに繋げられる端末は、1台だけではありません。

機種によって異なりますが、無線で16台、別売りのクレードルを活用すれば最大17台まで同時接続が可能です。家族でスマホを使う場合や家電などのWiFi対応機器、オンラインゲームで複数人同時プレーなどが楽しめます。

自宅でも外でも複数の端末やデバイスと繋がることができ、スマートなライフスタイルを実現させるのに大いに役立つでしょう。

5:データ容量実質無制限のポケット型WiFiもある

2024年現在では、データ容量完全無制限のポケット型WiFiを提供している会社はありません。ポケット型WiFiに限らず、ホームルーターも含め、ほぼ完全無制限は光回線などの固定回線のみです。

そのため、WiFiサービスでいう無制限とは、月間データ通信量の上限が無制限、ただし条件つきで速度制限がかかる場合がある「実質無制限」のことを指します。

実質無制限で利用できるポケット型WiFiでは、「WiMAX」がおすすめです。実質無制限のWiFiでは、一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

しかし、実際には常識の範囲で使用していれば速度制限がかかることはほとんどありません。手ごろな料金で実質無制限の高速インターネットが使えるWiMAXは、普段使いからリモートワークやオンラインゲームなど、さまざまなシーンにおすすめです。

ポケット型WiFiのデメリット

次に、ポケット型WiFiのデメリットを紹介します。

〇ポケット型WiFiのデメリット

  • 持ち運ぶ際に荷物がかさばりやすい
  • 場所や環境によって接続が不安定になる
  • バッテリー充電が必要
  • 複数人による大容量のデータ通信には向かない

各デメリットを詳しく解説するので、参考にしてください。

1:持ち運ぶ際に荷物がかさばりやすい

ポケット型WiFiを外で使う場合、本体端末を持ち運ぶ手間が増えてしまいます。また、旅行時などはモバイルバッテリーやクレードルなどの付属品を含めた場合、荷物がかさばって邪魔に感じてしまうケースも考えられるでしょう。

ポケットWiFiは小物類が増えると持ち運ぶ際の労力も増えるため、できる限りコンパクトに整理整頓して管理することをおすすめします。USBケーブルなどの付属品は、すぐに取り出せるようにカバンなどにしまっておきましょう。

2:利用する場所や環境によって接続が不安定になる

場所や環境によっては、接続が不安定になることがあります。WiFiの電波は他の電波と干渉した場合、混線を起こして通信速度の低下を引き起こす可能性が高いです。

例えば、電子レンジやエアコン、テレビなどの電磁波を出す家電付近、壁越しや遮蔽物のある場所、地下や高層階などの電波が届きにくい場所が挙げられます。

また、通信回線のメンテナンスや自然災害などによる影響で通信障害が発生するケースもあります。ポケット型WiFiを使用する場合は電波の通りが良い場所や電波干渉などが起こりにくい場所を選びましょう。

前提として、対応エリアなどを事前に確認して対策することをおすすめします。

3:バッテリー充電が必要

ポケット型WiFiは、端末本体に充電をしないと使えないので要注意です。

外出先で利用する場合は、電池切れの恐れがあるので充電用のUSBケーブルやモバイルバッテリーを持ち歩くことをおすすめします。スマホ用の充電ケーブルやモバイルバッテリーが流用できるので、備えとして用意しておきましょう。

また、バッテリーを節約して使いたい方は、節電モードが搭載されているポケット型WiFiが最適です。各端末で使用できるモードをチェックして、ポケット型WiFiを選んでみましょう。

4:複数人による大容量のデータ通信には向かない

WiMAXやキャリア系ポケット型WiFiは、基本的には一ヶ月間のデータ通信に制限はありません。

ただし、月間データ通信容量「上限なし」というだけで特定の条件下で速度制限がかかる場合があります。例えば、一定期間内に大量のデータ通信利用時、混雑する時間帯では通信速度制限をかけられる可能性があります。

WiFiの電波は使用する帯域幅を共有しているため、同時接続数が増えれば帯域幅が分散されます。帯域幅が分散されると帯域幅が狭くなり、一度に送れるデータ通信量が少なくなります。

そのため、MMOゲームや高画質ストリーミングの動画配信サービスなどの大容量データ通信が必須なコンテンツでは、通信速度の低下が起こる可能性が高くなってしまうのです。外で利用する機会がほとんどない場合、ポケット型WiFiよりも固定回線やホームルーターのほうが向いています。

ポケット型WiFiおすすめ16社のプランを徹底比較!最もおすすめは?

ポケット型WiFiのおすすめ16社のプランを通信回線ごとにピックアップし、徹底的に比較します。具体的なおすすめプランは後ほど紹介しますので、まずは各プランの概要をご覧ください。

なお当記事では、費用の比較用に「実質月額料金」を算出しています。
※料金はすべて税込価格です。

〇実質月額料金 計算式

実質月額料金=(月額料金×契約月数+初期費用 – キャッシュバック・割引特典)÷契約月数
※契約年数の縛りがないものは契約月数37ヶ月で実質月額料金を算出しています。

実質月額料金とは、初期費用やキャンペーン特典などを含む総合費用を、契約月数で割った値です。 月々の費用を比較する際の目安となるので、こちらも月額費用と合わせてぜひ参考にしてみてください。

【WiMAX7社】

スクロールできます
プロバイダプラン月額料金実質
月額
契約期間データ通信容量*1下り最大
通信速度*2
初期費用
Broad WiMAXギガ放題コスパDXプラン初月:1,397円
1~36ヶ月目:3,773円/月
37ヶ月以降:4,818円/月
4970,円/月
(25か月利用の場合)
2年無制限3.9Gbps※3・契約事務手数料
(WiFiストア経由申込みで無料):0円
・初期費用:20,743円
・端末代金一括支払の場合:31,680円
ギガ放題コスDXパプラン(「学割・引っ越しキャンペーン適用時」)初月:1~6ヶ月目:3,223円/月
7~36ヶ月目:3,773円/月
37ヶ月以降:4,818円/月
4,782円/月
(25か月利用の場合)
ギガ放題縛りなしDXプラン初月:1,397円/月
1~36ヶ月目:3,960円/月
37ヶ月以降:4,950円/月
4,764円/月
(25か月利用の場合)
なし
GMOとくとくBBWiMAX +5G ギガ放題(2年)接続サービス端末発送月:1,089円/月
1~12か月目:3,784円/月
13~35か月目:4,334円/月
36か月目~:5,104円/月
4,161円/月
(25か月利用の場合)
2年無制限3.9Gbps※3・事務手数料:3,300円
・端末代金:27,720円
BIGLOBE WiMAXギガ放題プラスS初月:0円
1~24か月目:3,773円/月
25か月目~:4,928円/月
(「プラン料金値引き特典」適用時)
4,884円/月
(37か月利用の場合)
なし無制限3.9Gbps※3・事務手数料:3,300円
UQ WiMAXWiMAX +5G ギガ放題プラスS課金開始月~13カ月目:4,268円/月
14カ月目~:4,950円/月
(「WiMAX +5G はじめる割」適用の場合)
5,068円/月
(37か月利用の場合)
なし無制限3.9Gbps※3・事務手数料:3,300円
・端末代金:9,900円~(適用には条件があります)
カシモWiMAX縛りなしSA端末プラン初月:1,408円
1ヶ月目~:4,818円/月
4,816円/月
(37か月利用の場合)
なし無制限3.9Gbps※3・事務手数料:3,300円
・端末代金:27,720円
(「端末分割払いサポート」適用で実質0円)
縛られないWiFiどんなときもWiFi MAXプラン(5G対応コース)3,960円/月
(「おトク割」適用の場合)
4,532円/月
(25か月利用の場合)
2年無制限3.9Gbps※3・事務手数料:3,300円
シンプルWiFiかんたんシンプルプラン4,840円/月4,930円/月
(37か月利用の場合)
なし無制限2.7Gbps※4・事務手数料:3,300円

*1 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。5G提供エリアは一部に限ります。
*2 上記の通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。
*3 下り最大通信速度はSpeed Wi-Fi 5G X12による数値です。
*4 下り最大通信速度はSpeed Wi-Fi 5G X11による数値です。

【クラウドSIM 5社】

スクロールできます
プロバイダプラン月額料金実質月額契約期間データ通信容量*1下り最大通信速度*2※3初期費用
クラウドWiFi100GBプラン3,718円/月3,808円/月
(37か月利用の場合)
なし100GBU3:150Mbps
事務手数料:3,300円
AiR-WiFiらくらくプラン3,377円/月3,631円/月
(13か月利用の場合)
1年100GBU3:150Mbps事務手数料:3,300円
MUGEN WiFiMUGEN格安プラン(3ヶ月おまとめオプション)3,718円/月3,35円/月
(25か月利用の場合)
2年100GBU3:150Mbps事務手数料:3,300円
ZEUS WiFiスタンダードプラン ギガ特盛100GB~3か月:1,980円/月
4~24か月:3,212円/月
25か月目~:3,828円/月
(「神コスパキャンペーン」適用時)
3,221円/月
(25か月利用の場合)
2年100GBH01:150Mbps事務手数料:3,300円
THE WiFiTHE WiFi 100GB1~3か月:0円/月
4か月目~:3,828円/月
3,472円/月
(37か月利用の場合)
なし100GBNA01:150Mbps事務手数料:3,300円

※1ギガ数を超えた場合は概ね128Kbpsで通信可能です。
※2ご利用地域や場所によって最大通信速度は異なります。また、ベストエフォート方式の為、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下または通信ができなくなる場合があります。
※3 通信速度は提供されている端末すべてに共通しています。

【キャリア回線4社】

スクロールできます
プロバイダプラン月額料金実質月額契約期間データ通信容量下り最大通信速度*3初期費用
楽天モバイル(4G)Rakuten最強プラン~3GB:1,078円/月
~20GB:2,178円/月
20GB以上:3,278円/月
3,116円/月
(37か月利用の場合)
なし無制限150Mbps※4事務手数料:0円
Y!mobilePocket WiFi®プラン2
(ベーシック)
4,818円/月
(「アドバンスオプション」料金を含む)
5,090円/月
(37か月利用の場合)"
なし
上限なし※1
2.4Gbps※5事務手数料:0円
(オンラインストアからの申し込みの場合)
端末代:28,800円
(Pocket WiFi 5G A102ZT)
(オンラインストアの申し込みで18,000円割引)
ソフトバンクデータ通信専用50GBプラン5,280円7,160円なし50GB2.4Gbps※5事務手数料:3,850円
端末代:28,800円
(Pocket WiFi 5G A102ZT)
(オンラインストアの申し込みで18,000円割引)
ドコモeximo~1GB:4,565円/月
1GB~3GB:5,665円/月
無制限:7,315円/月
8,225円/月なし無制限*24.9Gbps契約事務手数料:3,300円
端末代金:35,640円

1 4Gデータ通信のみです。4G高速データ通信量が上限無しのアドバンスオプション「アドバンスモード」は、通信方式「TDD-LTE」・「AXGP」の提供エリアでご利用いただけます。 詳しくは製品ごとのエリアマップをご確認ください。 「FDD-LTE」のみの提供エリアでは、「標準モード」への切り替えが必要です。なお、「アドバンスモード」利用時、混雑回避など通信品質確保のための速度制御があります。(3日間で約10GB以上利用時/「アドバンスモード」と「標準モード」での利用パケット通信量の合計において)
2 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
3 ネットワーク混雑時・大量通信時などに通信制限がかかる場合があります。通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。 ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。5G対応エリアは一部に限ります。
※4 Rakuten WiFi Pocket 2Cにおける通信速度は公平なサービス提供または環境により速度低下する場合があります。
※5 サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。(ご利用の集中する時間帯(夜間など)、特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。)

ポケット型WiFiの取り扱いのある16社の概要や実質料金などを比較したところ、最もおすすめはキャンペーンが豊富で手厚いサービスが魅力のBroad WiMAXでした。ここからは、おすすめのプロバイダを順番に見ていきましょう。

最もおすすめは「Broad WiMAX」

参照元:Broad WiMAX 公式サイト

Broad WiMAXは、手厚いサポートや豊富なキャンペーンが魅力のポケット型WiFiです。 ホームルーターの取り扱いもあり、ネットは自宅専用という人にもおすすめです。

〇Broad WiMAX概要

スクロールできます
プラン名ギガ放題コスパDXプランギガ放題コスパDXプラン
(「学割・引っ越しキャンペーン」適用時)
ギガ放題縛りなしDXプラン
タイプホームルーターポケット型WiFi
回線サービス※1WiMAX 2+au 4G LTEau 5G
月額料金初月:1,397円
1~36か月目:3,773円/月
37ヶ月目~:4,818円/月
初月:無料
1~6か月目:3,223円/月
7~36か月目:3,773円/月
37ヶ月目~:4,818円/月
初月:1,397円
1~36か月目:3,960円/月
37ヶ月目~:4,950円/月
実質月額4,970円/月(25か月利用の場合)4,782円/月(25か月利用の場合)4,764円/月
(37か月利用の場合)
キャンペーンコスパDX初月割
コスパDX割
初期費用0円のWEB割キャンペーン
UQ mobile「自宅セット割 インターネットコース」
auスマートバリュー
WiFiストア経由の申し込みで事務手数料が無料
契約解除手数料還元のお乗換えキャンペーン
2台同時お申し込みキャンペーン"











コスパDX初月割
コスパDX割
初期費用0円のWEB割キャンペーン
UQ mobile「自宅セット割 インターネットコース」
auスマートバリュー
WiFiストア経由の申し込みで事務手数料が無料
学割・引っ越しキャンペーン
契約解除手数料還元のお乗換えキャンペーン
2台同時お申し込みキャンペーン"












縛りなしDX初月割
縛りなしDX割
UQ mobile「自宅セット割 インターネットコース」
auスマートバリュー
WiFiストア経由の申し込みで事務手数料が無料
契約年数2年なし
月間データ容量上限なし※4
支払い方法・クレジットカード
・口座振替

※1 5Gの提供エリアは一部となります。またプラスエリアモード(一部のLTE回線)を利用する場合は別途料金がかかります。
※2 WEBからのお申込み+クレカ支払い+指定オプションの加入が必要となります。
※3 適用には条件があります。詳細は公式ホームページをご確認ください。
※4 一定期間内に大量のデータ通信が発生した場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される可能性があります。

すでに冒頭でも紹介しましたが、改めてBroad WiMAXをおすすめする理由を以下に紹介します。

○Broad WiMAXをおすすめする理由

  • データ通信容量が無制限*で利用できる
  • 契約期間ありとなしの縛りがないプランを選べるためいつでも解約できる
  • 初期費用無料キャンペーンや違約金還元キャンペーンで費用を抑えて始めやすい!
  • いつでも解約サポートでBroad WiMAXを解約後アフターフォローも完備!
  • 当サイトからの申し込みで、事務手数料3,300円が無料に!

Broad WiMAXの魅力を見ていきましょう。

手厚いサービスと豊富なキャンペーン

Broad WiMAXのキャンペーンは、以下のとおりです。

  • 初期費用0円のWeb割キャンペーン
  • 契約解除手数料還元のお乗換えキャンペーン
  • いつでも解約サポート
  • 事務手数料無料(WiFiストア限定)

初期費用0円のWeb割キャンぺーンは、公式サイトからのWeb申し込みとクレカ払い、指定のオプションサービスに加入で、通常20,743円(税込)の初期費用が無料になります。

契約解除手数料違約金キャンペーンは、他社からBroad WiMAXへの乗り換え時に発生した違約金を還元してくれるサービスです。最大19,000円まで補償してくれるので、いつでも契約解除料違約金キャンペーンで安心して乗り換えできます。

万が一Broad WiMAXのサービスに満足できない場合には、いつでも解約サポートで別のインターネットサービスへの乗り換えが違約金可能です。Broad WiMAXが指定する回線への乗り換えを条件に、違約金なしでの乗り換えできます。

さらに当サイトからの申し込みで、事務手数料3,300円も無料になりますよ。

「Speed Wi-Fi 5G X12」対応の下り最大通信速度3.9Gbps

Broad WiMAXでは、最新のSpeed Wi-Fi 5G X12が提供されています。ホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME 5G L13も同時に提供を開始しており、どちらも最新の高速ルーターを利用可能です。

最新機種はWiMAX初となる5G SA対応機で、ポケット型WiFiとしては最速クラスの通信速度を実現しています。ポケット型WiFiの通信速度は、ドコモのWi-Fi STATION SH-54Cが4.9Gbpsと国内最速クラスです。

しかし、Broad WiMAXでは安い月額料金で最高クラスの通信速度を楽しむことができます。コスパ的には、Broad WiMAXがより手軽で利用しやすいと言えるでしょう。

2024年3月時点では、最新機種に対応する他社WiMAXサービスが増えつつあります。Broad WiMAXは2023年6月1日の販売開始当初から提供しており、最新端末の対応速度も早いという印象です。

今後も新機種が販売された場合にも、いち早く提供を開始してくれる期待が高まります。

月間データ容量が無制限で使い放題

Broad WiMAXの通信回線は、その名からもわかる通りWiMAXを利用しています。

4G LTE回線と比較した場合、5Gや専用の通信回線を使用しているWiMAX回線のほうが通信速度は圧倒的です。屋内でも専用クレードルを利用することで、電波の受信感度が上がり安定した通信速度を維持できます。

また、Broad WiMAXは、データ通信容量も無制限*で利用できます。月間のデータ通信量に上限がないので、思う存分利用できることもメリットです。

※一定期間内に大量のデータ通信を利用した場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

口座振替も選択できる

Broad WiMAXは、支払い方法に口座振替も選択できます。ポケット型WiFiの支払い方法は、クレジットカード払いのみに対応しているサービスが多い中、口座振替が選択できるのはBroad WiMAXの魅力の1つです。

\ WiFiストア限定 /
事務手数料3,300円が無料に!

シンプルに安いレンタルWiMAX「シンプルWiFi」

シンプルWiFi 公式サイトはこちら

月額料金定額で、名前の通りシンプルに安くて使いやすいのがシンプルWiFiの特徴です。

〇シンプルWiFi概要

スクロールできます
プラン名かんたんシンプルプラン
タイプホームルーターポケット型WiFi
回線サービス※1WiMAX 2+
au 4G LTE
au 5G
月額料金4,840円/月
実質月額4,930円/月(37か月利用の場合)
キャンペーン・auスマートバリュー
・自宅セット割
契約年数なし
月間データ容量上限なし※2*
支払い方法クレジットカード

※1 5Gの提供エリアは一部となります。またプラスエリアモード(一部のLTE回線)を利用する場合は別途料金がかかります。
※2
一定期間内に大量のデータ通信が発生した場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される可能性があります。

○シンプルWiFiをおすすめする理由

  • レンタルなので端末代金分の契約期間の心配なし
  • 定額制のフラットな月額料金がシンプルで使いやすい
  • レンタルでは珍しいスマホのセット割に対応


※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

シンプルWiFiの魅力をチェックしていきましょう。

レンタルなのに最新機種とセット割が使える希少なWiMAX

シンプルWiFiは、WiMAXでは数少ないレンタルサービスです。WiMAXはレンタルサービスの数が限られ、さらに言えば最新機種とセット割が使えるプロバイダは希少と言えるでしょう。

シンプルWiFiは珍しさだけではなく、端末料金込みのリーズナブルな月額料金が魅力です。利用期間に応じて月額料金が変動することなく、いつまで使っても料金は初月から変わりません。

契約期間が撤廃されたプロバイダが多いポケット型WiFiですが、高額な端末代金が現在も解約を困難にさせています。
端末代金は非常に高額なため、ほとんどの方が分割購入という形で契約していることでしょう。一般的な分割回数は36回払いのため、現在もポケット型WiFiのサービスは事実上の3年契約となってしまっているのが実情です。

しかし、シンプルWiFiは端末代金0円で契約縛りなしのレンタルサービスのため、いつ解約しても月額料金以上の費用が請求されません。おまけにスマホのセット割も使えるので、いつでも自由にお手軽に使えるのが魅力です。

また、X(旧Twitter)と連動したキャッシュバックキャンペーンも実施しており、1人最大5万円分Amazonギフト券がもらえるチャンスがあります。

国内最高クラスの通信速度をリーズナブルな月額料金で提供し、わかりやすいサービスはまさにシンプルイズベストと言えるでしょう。

\ ずーっと定額 /
月額4,840円!

WiMAXをお試し利用したいなら「UQ WiMAX」

参照元:UQ WiMAX 公式サイト

WiMAXをお試し利用したいなら、「UQ WiMAX」がおすすめです。 UQ WiMAXではWiMAXの使い心地を試すために、15日間無料でポケット型WiFiを利用できます。

〇UQ WiMAXの概要

プラン名WiMAX +5G ギガ放題プラスS
タイプホームルーターポケット型WiFi
回線サービス※1WiMAX 2+
au 4G LTE
au 5G
月額料金課金開始月~13カ月目:4,268円/月
14カ月目~:4,950円/月(「WiMAX +5G はじめる割」適用の場合)
実質月額5,068円/月(37か月利用の場合)場合)
キャンペーンWiMAX +5G割
自宅セット割
auスマートバリュー
オンラインストア限定キャッシュバック
契約年数なし
月間データ容量※2無制限
支払い方法・クレジットカード
・口座振替

※1 5Gの提供エリアは一部となります。またプラスエリアモード(一部のLTE回線)を利用する場合は別途料金がかかります。
※2 一定期間内に大量のデータ通信が発生した場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される可能性があります。

〇UQ WiMAXをおすすめする理由

  • Try WiMAXで15日間無料でお試しできる
  • 口座振替が振替手数料無料で利用できる
  • WiMAX運営元の安心感がある

UQ WiMAXをおすすめする理由について紹介していきます。

「Try WiMAX」で15日間お試し利用できる

「Try WiMAX」は、UQ WiMAXを送料・事務手数料・利用料金が一切かからず15日間利用できるサービスです。
いつでも気軽に申し込めるので、WiMAXを試してみたいという方におすすめします。Try WiMAXの申し込み条件は、以下の通りです。

  • 本人名義のクレジットカードを登録できる方
  • 過去180日間以内に本サービスの利用履歴がない方、また貸出機の未返却履歴のない方
  • 利用規約に同意できる方

Try WiMAXへの申し込みは、本人名義のクレジットカードが必要です。

また、違約金が発生する事態に備えて、クレジットカードのショッピング利用枠を一時的に確保されます。クレジットカードでの支払いに支障が出る可能性もあるので、普段からキャッシュレス決済を利用されている方は念のため覚えておいてください。

自宅でWiFiを使用する際の接続環境や回線の状態を確認したいなど、実際に体験できるので興味がある方におすすめです。

【Try WiMAXのメリット】

  • 完全無料でWiMAXを試せる
  • 申し込みはWEBで簡単にできる

Try WiMAXは、端末返却にかかる送料や事務手数料なども一切不要の完全無料でWiMAXを試せます。

\ 口座振替の手数料が無料! /
公式サイトではチャットでオペレーターに質問可能!

【Try WiMAXのデメリット】

  • お試し期間は配送期間も含まれるので実際に試せるのは10日間程度
  • 在庫がない場合はレンタルできない
  • お試し期間も速度制限がかかる可能性がある

Try WiMAXのお試し期間には、発送日・端末到着日が含まれます。つまり、15日間における発送~到着日の期間や返却にかかる期間も計算されるため、実際にお試し利用できる期間は10日程度です。

【Try WiMAXのスケジュール】

1日目(端末発送日)申込完了→Try WiMAX開始
2日目端末が手元に届く
3日目~13日目お試し期間
14日目UQ社に端末を返却
15日目(返送端末到着日)UQ社に返却端末が到着→Try WiMAX終了

Try WiMAXの端末返却期間を過ぎると、違約金25,300円が発生します。配送や返却期間などを考慮して、余裕をもって端末を返却しましょう。また、端末の在庫がない場合はすぐにレンタルできません。Try WiMAX申し込み前に、端末の在庫を事前確認しておきましょう。

Try WiMAX期間中はデータ容量無制限で利用できますが、通常サービスと同じ条件で速度制限がかかる場合があります。以上の注意点を踏まえ、Try WiMAXを上手に利用してください。

参照元:「UQ WiMAX Try WiMAX

支払い方法に口座振替選択できてメリットが多い

Try WiMAX を利用しない場合は、口座振替を選択できます。UQ WiMAXでは口座振替手数料が無料なうえ、オンラインストア限定キャッシュバックは口座振替払いが非常にお得なキャンペーンです。

口座振替でのメリットが多く、クレジットカード払いを望まれない方の選択肢になり得ます。

WiMAX運営元の安心感がある

UQ WiMAXは、WiMAX回線を運営するUQコミュニケーションズ株式会社のプロバイダです。はじめてWiMAXを契約する場合、プロバイダを不安に感じる方にとっては安心感があるでしょう。

\ 口座振替の手数料が無料! /
公式サイトではチャットでオペレーターに質問可能!

WiMAXとクラウドSIMから豊富なプランが選べるレンタルサービス「縛られないWiFi」

縛られないWiFi

参照元:縛られないWiFi 公式サイト

縛られないWiFiは、契約期間の縛りがないレンタルポケット型WiFiです。

料金プランはWiMAX とクラウドSIMの2種類の回線タイプを選ぶことができ、WiMAXは5G SAにも対応しています。
今では珍しいWiMAX 2+も取り扱っており、豊富なプランのバリエーションが特徴的です。

〇縛られないWiFiの概要

スクロールできます
プラン名WiMAXギガ放題プラン(縛られないコース)WiMAXギガ放題プラン(1年おトクコース)どんなときもWiFi MAXプランどんなときもWiFi MAXプラン(おトク割適用時)クラウド30GBプラン(縛られないコース)クラウド30GBプラン(1年おトクコース)クラウド50GBプラン(縛られないコース)クラウド50GBプラン(1年おトクコース)
タイプ・ホームルーター
・ポケット型WiFi
ポケット型WiFi
回線サービス・WiMAX 2+
・au 4G LTE
・WiMAX 2+
・au 4G LTE
・WiMAX +5G
クラウドSIM
月額料金4,620円/月4,290円4,840円/月3,960円/月3,190円/月2,970円/月3,740円/月3,520円/月
実質月額4,710円/月(37か月利用の場合)4,544円/月(13か月利用の場合)4,9720円/月(25か月利用の場合)4,532円/月(25か月利用の場合)3,444円/月(13か月利用の場合)3,224円/月(13か月利用の場合)3994円/月(13か月利用の場合)3,774円/月(13か月利用の場合)
キャンペーンなしおトク割
おトク割なしおトク割なしおトク割
契約年数なし1年2年なし1年なし1年
月間データ容量上限なし※1上限なし※230GB/月 ※350GB/月 ※3
支払い方法・クレジットカード
・口座振替(1年おトクコース)

※1 直近3日間のデータ通信量が10GBを超えた場合、翌日の18時~深夜2時ごろまで通信速度が概ね1Mbpsに制限されます。
※2 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
※3 月間30GB/50GBを超過すると月末まで最大128Kbpsの通信制限がかかります。

○縛られないWiFiをおすすめする理由

  • WiMAXとクラウドWiFiの2回線から選べる
  • 5G SA対応WiMAXをレンタル可能
  • クラウドSIMを口座振替で契約できる

縛られないWiFiの魅力について、詳しく見ていきましょう。

WiMAXとクラウドSIMの2回線から選べる縛られないWiFiでは、WiMAXとクラウドSIMの2種類の回線から選ぶことができます。

WiMAXは最新の5G SA対応コースから、今では数が少ない5G非対応のWiMAX 2+を利用可能です。クラウドSIMは50GBと30GBのデータプランがあり、ライフスタイルに合わせた使い方が選べます。

縛られないWiFiは基本的に契約期間なしですが、1年契約を条件に安い月額料金で利用できる1年おトクコースが用意されています。また、5G対応コースは24ヶ月契約ですが、専用割引のおトク割を適用すれば格安で国内最高クラスの高速5Gを利用可能です。

WiMAX 2+は5G非対応で3日間制限の縛りがありますが、5G対応コースより安い料金で実質無制限のWiFiが楽しめます。データ容量や高速通信はほどほどにして、さらに安く抑えたいならクラウドSIMがおすすめです。

用途に合わせて好みの回線が選べて、程よい料金で気軽に楽しめるのが縛られないWiFiの特徴でもありメリットと言えるでしょう。

クラウドSIMを口座振替で契約できる

縛られないWiFiの支払い方法は、クレジットカードと口座振替の2種類です。ポケット型WiFiはクレジットカード払いのみのサービスが多いため、支払い方法の選択肢が広がるのが嬉しい方もいるのではないでしょうか。

特にクラウドSIMは口座振替ができるサービス自体が少なく、WiMAXも選べる縛られないWiFiは非常にユーザーの都合に良いプロバイダと言えるでしょう。

口座振替手数料は220円かかるため、月額料金が安い1年おトクコースでの契約がおすすめです。

\ WiFiストア限定 /
事務手数料3,300円が無料に!

対応エリア内ではデータ容量無制限「Rakuten WiFi Pocket 2C

参照元:楽天モバイル 公式サイト

楽天モバイルは、Rakuten最強プラン導入後、サービスエリアすべてがデータ容量無制限で利用できます。契約期間の縛りがなく、事務手数料無料で月額料金も最安クラスとリーズナブルなキャリア回線です。そのため、気軽に利用できます。

〇楽天モバイル概要

プランRakuten最強プラン
タイプポケット型WiFi
回線サービス楽天モバイル
月額料金0~3GB:1,078円/月
3GB超過~20GB:2,178円/月
20GB超過~:3,278円/月
実質月額3,116円/月
キャンペーンRakuten Hand 5G / Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン
楽天モバイルの対象サービスご契約者はポイント最大+3倍
【毎月開催】楽天モバイル「Rakuten最強プラン」を初めてお申し込みで3,000ポイントプレゼントキャンペーン
【Rakuten最強プランお申し込み特典】だれでも3,000ポイントプレゼント
楽天モバイルもう1回線追加お申し込みで3,000ポイントプレゼント"
契約年数なし
月間データ容量※無制限
支払い方法クレジットカード・デビットカード
口座振替
代金引換
楽天ポイント利用

※通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。

○楽天モバイルをおすすめする理由

  • キャリア回線では最安級に月額料金が安い
  • 初期費用・事務手数料・端末代は実質0円で初期費用がかからない

楽天モバイルをおすすめする理由について、順番に見ていきましょう。

基本月額料金が安い

楽天モバイルの料金プランは、3段階従量定額なので月額料金を徹底的に抑えた使い方が可能です。1ヶ月3GBまでなら月額料金1,078円で利用でき、3GBを超過し20GBまでは月額料金が2,178円、20GB超過すると月額料金で3,278円固定のデータ容量無制限*で利用できます。

ネットブラウジングやメールなどが中心の使い方なら、月間3GB以下の月額1,078円まで費用を抑えることも十分可能です。他社、それも高額なキャリア回線のポケット型WiFiと比較するまでも圧倒的コスパと言えるでしょう。

初期費用・事務手数料・端末代は実質0円で初期費用がかからない

楽天モバイルは事務手数料を請求していないため、他社では3,300円ほどの費用がかかりません。使用端末は購入が必要ですが、楽天モバイルとの同時契約で1円の超格安料金で手に入れることができます。月額料金の安さに加え、初期費用がまったくかからないサービスはまさに最強コスパと呼べるでしょう。

5G非対応で通信速度も4G LTE相応に抑えられていますが、超格安の無制限WiFiを探している方には最優先で注目すべきポケット型WiFiです。

\ 端末1円キャンペーン実施中 /
さらに事務手数料も無料!

端末補償が充実したポケット型WiFi「クラウドWiFi」

参照元:クラウドWiFi 公式サイト

クラウドWiFiは、端末の故障や紛失などの補償が充実しているプロバイダです。

〇クラウドWiFi概要

プラン名100GBプラン50GBプラン20GBプラン
月額料金3,718円/月2,980円/月2,580円/月
実質月額3,808円/月
(37か月利用の場合)
3,070円/月
(37か月利用の場合)
2,670円/月
(37か月利用の場合)
契約年数なし
月間データ容量※100GB50GB20GB
初期費用事務手数料:3,300円
支払い方法クレジットカード
キャンペーンなし

※ 各プランの月間通信容量を超えた場合は、翌月1日まで通信速度が概ね128Kbpsに制限されます。

○クラウドWiFiをおすすめする理由

  • 充実した補償内容
  • 店頭受け取りも可能で最短当日に端末を受け取れる
  • 海外でも利用可能

それでは、クラウドWiFiの特徴を見ていきましょう。

充実した補償内容

クラウドWiFi端末を紛失した場合も補償される「端末補償オプション」などの端末補償サービスが充実しています。

クラウドWiFiの安心補償のオプション内容は、以下のとおりです。

補償プラン補償内容保証外月額料金
安心補償フル全てのトラブルに対し全額補償なし550円
安心補償ライト破損・故障・水漏れは全額補償紛失・盗難・バッテリーの劣化の場合、端末代金として16,500円275円
安心補償加入なし保証なし水没・落下・盗難・紛失の場合、端末代金として27,500円なし

端末の補償オプションは他社にもありますが、その多くは端末紛失時までは補償されていません。クラウドWiFiは補償オプションが2つあり、フルを選べば故障・紛失・盗難などのあらゆる端末トラブルに対応してくれます。

旅行や外出時、いざというときの安心感を重視する方には嬉しいですね。

店頭受け取りも可能で最短当日に端末を受け取れる

クラウドWiFiは実店舗があるので、端末を以下住所の店頭で受け取れるのも特徴のひとつ。

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目8−13 栗原ビルディング 3F

新宿店での受け取りを申し込めば、最短申込当日に端末を受け取り可能です。また、通常の郵送による受け取りの場合、平日14時までの申し込み完了(土日祝は非対応)*で当日発送での対応になります。

新宿店付近にお住いの方で、すぐにポケット型WiFiが必要なシチュエーションにおすすめのサービスです。(*土日祝は非対応)

海外でも端末はそのまま利用可能

クラウドWiFiは、名前から分かるように使用する回線はクラウドSIMです。海外でも端末をそのまま持ち込んで使うことができるため、国外で使用する場合にも端末やSIMの交換は必要ありません。

海外では国内のデータプランとは別に、「海外プラン」への切り替わりとなります。海外プランは1dayの料金プランとなり、端末の電源を入れるまでは課金されない料金システムです。補償が手厚い端末オプションとの親和性も高く、海外への旅行や出張が多い方にこそおすすめできます。

\ ライフスタイルに合わせて /
選べる3つのプラン!

3ヶ月無料で利用できる「THE WiFi」

参照元:THE WiFi 公式サイト

THE WiFiは、月間データ通信量100GBのクラウドSIMです。

料金プランは100GBのみのシンプルなサービスで、30日間のお試し期間も用意されています。万が一サービスに満足できない場合は、解約にかかる費用の負担なく解約できます。

〇THE WiFi概要

プラン100GB
月額料金1~3か月目:0円/月
4か月目~:3,828円/月
実質月額3,472円/月(37か月利用の場合)
契約年数2年
月間データ容量100GB
初期費用事務手数料:3,300円
支払い方法クレジットカード
キャンペーン・3か月利用料金0円
・THE WiFi セット割
・4ヵ月以上ご契約継続の方にTHE WiFiポイント付与5,000円分
・SAISON CARD Digital加入でTHE WiFiポイント付与5,000円分

○THE WiFiをおすすめする理由

  • 3ヶ月間無料で利用できる
  • 30日間のお試し期間あり

THE WiFiのおすすめポイントを見ていきましょう。

3ヶ月無料で利用できるキャンペーン中

THE WiFiは、初回3ヶ月間の月額料金を無料で利用できるキャンペーンを実施しています。無料の対象となる料金は、基本料金、端末レンタル代金の3つです。

事務手数料やその他のサービスは対象外となるので、詳しくは公式サイトの「キャンペーンに関する注意事項を読む」をご参照ください。

3ヶ月間の月額料金3,828円が無料となるキャンペーンのため、全16社中でも屈指の安さを実現しています。

30日間のお試し期間あり

THE WiFiでは、30日間無料で使えるお試し期間を実施しています。他社のZEUS WiFiなどと同じく、30日以内での解約を条件に1ヶ月分の月額料金不要でTHE Wi-Fiが利用可能です。

ただし、期間中の使用データ通信量は30GB未満に抑えなければ、月額料金が発生してしまうので注意しましょう。

\ 最大24,000円分 /
THE WiFiポイントプレゼント!

【用途別】ポケット型WiFiを徹底比較!おすすめのサービスを紹介

ポケット型WiFiには、サービスごとにさまざまなタイプがあります。

ここからは、シーンや用途別にポケット型WiFiのおすすめサービスを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

短期~中期でレンタルできるおすすめポケット型WiFi

ポケット型WiFiを1日や2日の短期、または中期でレンタルできるおすすめサービスは以下の2社です。

  • WiFiレンタルどっとこむ
  • WiFiレンタル屋さん

基本的にポケット型WiFiは長期契約を中心としているサービスのため、短期や中期での利用を目的とした使い方には向いていません。旅行や入院、緊急時などで一定期間だけインターネットを利用したい場合、短期~中期向けのレンタルサービスがおすすめです。

レンタルできるポケット型WiFiのサービスについては、下記記事で詳しく紹介しているので併せてご参照ください。

関連記事

1日からレンタルできる「WiFiレンタルどっとこむ」

参照元:WiFiレンタルどっとこむ 公式サイト

WiFiレンタルどっとこむは、最短1日からポケット型WiFiをレンタルできる国内専用のレンタルサービスです。 出張や入院など、短期~中期でWiFiを使いたい方におすすめ。

申し込み後の端末受け取りは、自宅の他に全国の空港やコンビニなどでも対応しています。15時までの申し込みなら最短当日発送のため、急に出張などが決まった場合にも便利です。

端末の受取方法や返却方法は以下のとおりです。

受取方法宅配受取・空港受取・コンビニ受取
返却方法宅配返却(返却手数料負担)
空港返却(返却手数料1台:550円、2台以上:1,100円(4台まで)
ポスト返却(返送手数料:517円/台)

○WiFiレンタルどっとこむのおすすめポイント

  • 1日単位でレンタルできる
  • レンタル期間は自動延長
  • レンタルできる端末の種類が豊富
  • 受取方法や返却方法が豊富
  • 15時までの申し込みで最短即日発送
  • データ容量無制限*の端末の取り扱いもあり

*一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する可能性があります。(機種により異なる 詳しくは公式サイト参照)

〇WiFiレンタルどっとこむの概要

レンタル料金496円~/日
7,430円~/月
送料1台:550円
2台以上:1,100円(4台まで)
月間データ容量無制限 端末により異なる
最短レンタル期間1日~
事務手数料0円
支払い方法クレジットカード

WiFiレンタルどっとこむは、国内主要都市の空港やコンビニなどで端末を受け取ることができ、急な国内の旅行や出張でも対応できる利便性が魅力です。ただし、取り扱っている機種はすべて国内専用で海外での利用ができません。

1日から、または2週間以内と期間を決めて利用する場合には、大いに役立てるサービスと言えるでしょう。

\ 365日最短翌日から使える /
15時までのお申込みで当日発送!

端末の受取方法が豊富「WiFiレンタル屋さん」

参照元:Wi-Fiレンタル屋さん 公式サイト

WiFiレンタル屋さんは、WiFiレンタルどっとこむと同じく最短1日から利用可能な国内専用レンタルサービスです。

端末の受け取り方法も自宅以外に空港やホテル、滞在先の友人宅や入院先の病院など多彩に選べます。海外からの一時帰国や急な予定にも臨機応変に利用できる利便性の高さが魅力です。 

端末の返却は、レンタル終了日にお手元に届くレターパックでポストに投函するだけ。ポスト投函期限はレンタル終了日の翌朝8時までなので、終了日も終日WiFiを使用できます。

端末の受取方法や返却方法は、以下のとおりです。

受取方法自宅・ホテル・入院先の病院・滞在先の友人宅・空港カウンター・郵便局:受取手数料550円
店頭受取(秋葉原):当日受取可
返却方法2台までのレンタル:レターパックで返却
3台以上:クロネコヤマト着払い伝票

○WiFiレンタル屋さんのおすすめポイント

  • 17時までの申し込みで最短即日発送
  • 端末の返却はレターパックでポスト投函のお手軽さ
  • 店頭受取なら土日祝日も端末を受取可能
  • ホテルや入院先でも端末を受取可能

〇WiFiレンタル屋さん概要

レンタル料金390円~/日
1ヶ月パック:5,850円~/月
送料往復送料1,100円
月間データ容量端末により異なる
最短レンタル期間1日~
事務手数料0円
支払い方法クレジットカード

WiFiレンタルどっとこむとの違いは、豊富な端末の受け取り先と返却の手軽さです。どちらも国内専用の短期~中期向けのレンタルサービスですが、独自の特徴で差別化されています。

取り扱い端末や即日配送時間など若干の差異はありますが、お好みでどちらを選んでも大きな違いはありません。
シーンやシチュエーションに合った、ニーズを満たすサービスを提供してくれるでしょう。

\ 1日390円~のWi-Fiレンタル /
日本国内用のWi-Fiレンタル屋さん

端末代が実質無料「カシモWiMAX」

参照元:カシモWiMAX 公式サイト

カシモWiMAXは、初月に大幅割引があり、翌月以降は定額料金で利用できるシンプルに安いWiMAXサービスです。

〇カシモWiMAX概要

プラン名縛りなしSA端末プラン
月額料金初月:1,408円
1ヶ月目〜:4,818円/月
実質月額4,816円/月(37か月利用の場合)
契約年数なし
月間データ容量上限なし※
初期費用事務手数料:3,300円
支払い方法クレジットカード
キャンペーン・端末分割払いサポート
・auスマートバリュー
・UQ自宅セット割 インターネットコース
・カシモWiMAX端末 返却プログラム

※ 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

カシモWiMAXは、端末分割払いサポートを利用することで最新機種を実質無料で購入することが可能です。端末分割代金分相当を毎月の月額料金から割り引くことで、割引総額は合計で端末代金分となります。

割引回数は36回なので実質3年契約となりますが、長期利用を目的とした場合には決して損はないプロバイダです。

また、カシモWiMAXで購入した端末を返却することで、5,000円分のAmazonギフト券がもらえます。他社に乗り換え時も端末を無駄にならず、月額料金も安いので長期利用が一番おすすめです。

100GBプラン中最安クラスの実質月額料金と使いやすいサービス「ZEUS WiFi」

参照元:ZEUS WiFi 公式サイト

ZEUS WiFiは、100GBで利用できるクラウドSIMの中で最安クラスの実質月額料金で利用できるサービスです。

終了時期未定の神コスパキャンペーンは、ZEUS WiFiのスタンダードプランすべてに適用される割引キャンペーンです。
最大24ヶ月間50%以上の割引価格となり、適用期間中のギガ特盛100GBプランは実質月額3,221円で利用できます。

○ZEUS WiFiのおすすめポイント

  • ・実質月額が比較中最も安い
  • 30GB、50GB、100GBのデータ容量を選べる
  • 2年目以降は違約金なし
  • 支払い方法が多彩

〇ZEUS WiFi概要

プラン名スタンダードプランギガ並盛30GBスタンダードプランギガ大盛り50GBスタンダードプランギガ特盛100GB
月額料金~3か月:980円/月
4~24か月:2,361円/月
25か月目~:2,508円/月
(「神コスパキャンペーン」適用時)
~3か月:1,480円/月
4~24か月:3,106円/月
25か月~:3,278円/月
(「神コスパキャンペーン」適用時)
~3か月:1,980円/月
4~24か月:3,212円/月
25か月目~:3,828円/月
(「神コスパキャンペーン」適用時)
実質月額2,334円/月(25か月利用の場合)3,050円/月(25か月利用の場合)3,221円/月(25か月利用の場合)
契約年数2年
月間データ容量30GB50GB100GB
初期費用事務手数料:3,300円
支払い方法・クレジットカード
・口座振替
・コンビニ後払い
キャンペーンなし

ZEUS WiFiは3つの料金プランから選ぶことができ、いずれも月額料金の安さが魅力的です。特に30GBプランは際立っていて、それほどデータ容量を消費しないライトユーザーなら満足できる料金ではないでしょうか。

ZEUS WiFiは2年契約のスタンダードプランと縛りなしのフリープランがありますが、コスパ的には断然スタンダードプランがお得です。スタンダードプランは25ヶ月目以降はいつ解約しても解約事務手数料がかからないので、長期的な利用をおすすめします。

支払い方法も口座振替やコンビニ後払いにも対応しているので、ユーザーファーストの優れたポケット型WiFiと言えるでしょう。

\ 神コスパキャンペーン実施中! /
初月から最大24ヶ月大幅値引き!

5G対応のおすすめポケット型WiFiまとめ

5G通信対応のポケット型WiFiをまとめました。ここまで紹介してきた中で、総合的に見ておすすめできる5G対応のポケット型WiFiが以下になります。

  • Broad WiMAX
  • シンプルWiFi
  • カシモWiMAX

月額料金の安さと高いレベルでの通信速度と安定性で、総合的にWiMAXがおすすめです。回線品質や通信速度においてキャリア回線は高品質ではありますが、やはり高額な月額料金とキャンペーンの乏しさからコスパ面でWiMAXに軍配が上がります。

ここで紹介できなかった5Gサービスが、必ずしも劣っているというわけではありません。あなたにとって相性のいいポケット型WiFiが埋もれているかもしれないので、今回の内容を参考に、理想のサービスを見つけてください。

海外で利用できるポケット型WiFiについて

ポケット型WiFiの中には、海外で利用できるものとできないものがあることにお気づきでしょうか?すでに気付かれた方も多いと思いますが、キャリア回線とWiMAXは海外で利用できません。

今回紹介したポケット型WiFiで海外利用可能なのは、クラウドSIMのみになります。それ以外のポケット型WiFiを海外で使うには、海外対応の機種にコンビニや家電量販店などで買えるプリペイド式のSIMカードに差し替えるといった手順が必要です。

手続きの手間や費用などを考えれば、クラウドSIMのお手軽さは非常に魅力的と言えるでしょう。海外へのお供には、クラウドSIMの利用を強くおすすめします。

ポケット型WiFiの選び方!重要な6つのポイントを紹介

ここからは、ポケット型WiFiを選ぶ際にチェックすべきポイントを紹介します。

自分に合うポケット型WiFiの回線サービスを選ぶ

ポケット型WiFiには、いくつかの回線サービスがあります。 それぞれ端末スペックやプラン内容などの特徴が異なるので、自分に合うサービスを選ぶことが重要です。回線ごとのおすすめの人は、以下のとおりです。

回線の種類おすすめの人
WiMAX・UQモバイルやauスマホユーザー
・国内旅行や単身赴任、一人暮らしの人
・自宅に固定回線を引けない人
・毎日のデータ通信量が多い人
キャリア回線・回線品質や会社の信頼性を重視する人
・各キャリアに対応したスマホユーザー
クラウドSIM・(海外)旅行や出張など幅広い用途で使いたい人
・手ごろな料金でインターネットを使いたい人
・山間部など電波の入りにくい場所に住んでいる人
・通信速度はほどほどで良いライトユーザー

費用の安さやキャンペーンを比較する

同じ回線やプランでも、契約するプロバイダによって月額費用が異なります。なるべく月額費用や初期費用のかからないプロバイダで契約しましょう。プロバイダごとの費用を比較する際、注意するポイントは2点あります。

費用は年単位で計算した実質費用で比較

キャンペーンで割引が行われていても、適用期間はプロバイダによって異なります。1ヶ月分の費用だけで比較すると、キャンペーンをすべて反映した実質費用がわかりません。

そのため、初期費用やキャンペーンを含めた実質月額料金を計算してみましょう。

〇実質月額料金の計算式

実質月額料金=(月額料金×契約月数+初期費用 – キャッシュバック・割引特典)÷契約月数

実質月額料金で比較することで、キャンペーンや月額割引を含めた総合的なお得さを比較できます。

キャンペーン内容と適用条件を確認

各プロバイダで展開されているキャンペーンも要チェック。 キャッシュバックや割引、乗り換え費用の補助などを活用することで、よりお得に契約が可能です。

ただし、キャンペーンには適用条件があるので必ず確認しておきましょう。適用条件を満たさないと、キャンペーンの特典を受け取れません。

特にキャッシュバックは適用条件が厳しかったり、受け取りにくかったりする場合があるので要注意です。

通信速度は速い方が接続は安定する

ポケット型WiFiの通信速度が速ければ通信状態が安定して容量の大きなデータを扱うときも快適に使うことができます。 大量のデータ処理が必要なゲームや動画、大人数が接続するオンラインゲームは安定した通信回線が必須です。

比較する際の注意点として、各回線サービスの公式ページに記載されている「最大下り通信速度〇〇Mbps」という表記はあくまで理論値です。

現実的に表記どおりの速度が出ることはほぼないので、実際にポケット型WiFiを使って測定した実測値も確認して比較しましょう。また、通信速度は下記の要素によって影響を受ける場合があります。

  • 使用場所
  • 周囲の障害物
  • 通信エリア
  • 時間帯
  • 使用端末

Wi-Fiの電波は利用環境下の影響を受けやすいので、、通信速度の実測値は平均値で見ることをおすすめします。各回線サービスの代表機種を元に、実測の下り通信速度をまとめると以下のようになります。

〇速度比較表

回線サービスWiMAXキャリア回線クラウドSIM
機種名Speed Wi-Fi 5G X12Rakuten WiFi PocketU2S
実測平均下り速度104.88Mbps25.45Mbps23.7Mbps

※実測平均下り速度は「みんなの回線速度」から参照しています。(2024年3月調査)

使用する端末によって異なりますが、速度を重視するなら3大キャリア回線かWiMAXがおすすめです。

なお、プロバイダが違っても同じ回線サービスなら通信品質に差はありません。例えば、WiMAX運営元である「UQ WiMAX」とプロバイダの「Broad WiMAX」は、どちらも通信能力は同じです。

データ通信容量は上限なしの無制限がおすすめ

ポケット型WiFiは、スマホと同様に契約プランによって使える月間データ通信容量が決められています。

さまざまな容量のプランがありますが、おすすめはデータ通信容量が「上限なし」のプラン。文字通り1か月間で使えるデータ容量の上限がない無制限なので、大容量通信時の消費データ量が気になりません。

データ通信容量無制限なら、WiMAXがおすすめです。一定期間内に大量のデータ通信があった場合、混雑する時間帯に通信速度を制限される可能性がありますが、制限がかかるデータ容量は明確に決まっていません。

インターネットをあまり利用しない方は上限の決まっている低容量プランでも問題なく、費用面でお得になる可能性があります。ライフスタイルにもよりますが、屋内外で好きなだけインターネットを使いたいという方には無制限のポケット型WiFiがおすすめです。

自宅で使える?対応エリアを確認

ポケット型WiFiは、利用する回線によって対応エリアが異なります。自宅や普段の活動圏内で使えるか、契約前に事前確認しておきましょう。各回線ごとのエリアマップは、下記のようになります。

○利用回線と対応エリア

 使用回線対応エリア確認(リンク)
WiMAX・WiMAX +5G
・WiMAX 2+
・au 4G LTE
UQWiMAX公式 エリアマップ
キャリア回線(クラウドSIM)・ドコモ
・au
・ソフトバンク
ドコモ公式 エリアマップau公式 エリアマップソフトバンク公式 エリアマップ
楽天モバイル楽天楽天モバイル公式 エリアマップ

キャリア回線を3つ使うことができるクラウドSIMは、実質的に対応エリアが最大範囲と言えるでしょう。ほぼ全国エリアをカバーしており、クラウドSIMなら海外利用も可能です。

キャリア回線単体では1キャリアごとのサービスエリアが決まっていますが、クラウドSIMならエリアごとに自動で切り替わるので広範囲に繋がります。

ポケット型WiFiの5G通信は、専用プランと対応機種の利用が必須です。紹介した回線の中では、WiMAXとキャリア回線が5Gに対応しています。 5Gには以下のメリット・デメリットがあるので、自分に必要かどうか検討してプランや機種を選びましょう。

〇5Gのメリット

  • 5Gエリア内で高速通信が可能
  • 5Gプランは4G LTE回線も使い分けられる

〇5Gのデメリット

  • プランの月額料金が高い
  • 5Gの対応エリアが十分に拡充されていない

5G通信のメリットは、通信速度や反応速度が飛躍的に向上することです。 大容量データ通信を必要とする4K/8Kの高画質ストリーム動画や、複数人が同時進行で行われるリモートワークを快適にしたい人におすすめします。

ただし、5Gエリアはまだ提供エリアが十分に展開されていないので、利用できる地域は限られているのが現状です。

5Gの提供エリアに在住の方なら、WiMAX +5Gがおすすめできます。 月額料金は割高の傾向ですが、5Gの高速通信を無制限*で利用可能です。

*一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

また、WiMAXにはスタンダードモードとプラスエリアモードの機能があり、プラスエリアモードに切り替えることでau 4G LTE回線に任意で切り替え可能です。プラスエリアモードは30GBという月間上限がありますが、必要なときにON/OFFで容量を節約できます。

ポケット型WiFiの申し込み方法

ポケット型WiFiをこれから申し込む方のために、申し込みの手順を解説します。当ページおすすめの「Broad WiMAX」の契約方法を例に、ひとつずつ見ていきましょう。

WEB上から申し込む場合

1.公式ページからBroad WiMAX申し込みページへ

下記のリンクから公式ページへ行き、「今すぐお申込みする」から申し込みましょう。

\ WiFiストア限定 /
事務手数料3,300円が無料に!

2.案内に従い、契約プラン・機種・オプションを選択

ルーターの機種や契約したいプランを選択します。また、適用したいキャンペーンをチェックする項目があるので、利用する際は忘れないようにしましょう。

3.契約者情報を入力して申し込み完了

氏名や住所などの契約者情報を入力し、内容を確認したら申し込み完了です!

電話で申し込む場合

WEBページでの契約はよくわからない……という方は、電話での契約がおすすめです。公式ページの「オペレーターに電話で相談する」から、電話相談の申し込みを行いましょう。

\ WiFiストア限定 /
事務手数料3,300円が無料に!

電話相談申し込みフォームから氏名や電話番号、希望の時間帯を送信すると、折り返しの電話がかかってきます。
オペレーターと相談しながら申し込めるので、ぜひ活用してみてください。

ポケット型WiFiを契約する際の注意点

ポケット型WiFiを契約する際、注意すべき点がいくつかあります。確認を怠ると思わぬ出費やトラブルが発生してしまうので、必ずチェックしておきましょう。

表記月額や通信速度の注意書きをよく確認する

公式ページを見ると、月額費用や通信速度の表記に※マークがついていることがあります。

※マークは、表記に対する注意書きがあることを示しており、月額料金や各種キャンペーン適用条件、通信速度を出すための条件などが記載されています。

注意書きの条件を満たしていないと、表記通りにならない可能性があるので必ず確認しておきましょう。

契約期間と違約金

ほとんどのポケット型WiFiには、契約期間が設定されています。「最低何年継続使用する」という期間で、2~3年が一般的です。

契約期間中に解約すると違約金が発生することがあるため、解約するタイミングには十分注意しましょう。
ただし、「更新月」もしくは「更新月以降」に解約すれば、ほとんどのプランでは違約金は発生しません。

各プロバイダの契約プランごとに更新月が異なるため、契約内容の確認をしておくことが重要です。

キャッシュバックの受け取り忘れ

キャッシュバックキャンペーンの受け取りには、別途手続き申請が必要な場合があります。申請方法はキャンペーンにより異なりますが、申請手続きを忘れるとキャッシュバックを受け取れません。

特に契約後から申請の手続き期間までに時間が空くものは、申請期限を失念してしまいがちなので注意が必要です。
ほとんどのキャッシュバックには申請期限が設けられており、期限が切れると受け取れなくなります。

キャッシュバックキャンペーンのあるプロバイダを申し込む際は、手続きの手順方法と申請忘れに注意しましょう。

ポケット型WiFiに関するよくある質問

ポケット型WiFiに関するよくある質問をまとめました。

気になるポイントがある方は、ぜひ参考にしてください。

ポケット型WiFiとWiMAXにはどんな違いがある?

ポケット型WiFiとWiMAXは、端末の呼称と通信技術という違いがあります。一般的な認識で言えば、ポケット型WiFiとWiMAXをモバイル回線サービスの呼称として使われることが多いです。

そもそもポケット型WiFiは、モバイル通信回線をするために電波を送受信するための端末機器として用いられています。WiMAXに接続するためにポケット型WiFiが必要であり、ポケット型WiFiでWiMAXを受信するためには対応している端末でなくてはいけません。

WiMAX、キャリア回線、クラウドSIMとポケット型WiFiで使用できる回線には種類がありますが、それぞれの規格に合ったルーター・機種端末を用意する必要があります。

 支払いは口座振替にも対応している?

一部のプロバイダでは口座振替にも対応しています。口座振替対応プロバイダの一例を以下に紹介しているので、参考にしてください。

  • 縛られないWiF
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX
  • UQ WiMAX
  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • ドコモ
  • ソフトバンク
  • au
  • ZEUS WiFi

口座振替で支払えるポケット型WiFiについては、詳しくまとているめ記事があるので併せてご参考ください。

関連記事

ポケット型WiFiでもゲームや動画を楽しめる?

ポケット型WiFiでもゲームや動画は楽しめます。

例として、YouTubeでは4K動画の再生に必要な通信速度を20Mbps*としています。これまでに紹介したWiMAXやキャリア回線なら、平均実測値が約90~100Mbpsなので、問題なく推奨回線速度を満たしていると言えるでしょう。

また、ポケット型WiFiで実際にゲームや動画再生をしたレビュー記事もあるので、ご参考ください。

関連記事

自宅用のネット回線は光回線(固定回線)、ホームルーター、ポケット型WiFiのどれがいい?

通信性能を重視するなら光回線の方がおすすめですが、ポケット型WiFiにもメリットはあります。

それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

〇通信回線メリット・デメリット比較

 メリットデメリット
光回線(固定回線)・通信速度が速い
・通信が安定している
・工事が必要
・開通までに時間がかかる場合がある
ポケット型WiFi・工事なしで使える
・費用は比較的安価
・屋外での利用が可能
・通信が不安定になりやすい
ホームルーター・工事なしで使える

・ポケット型WiFiよりも電波が安定している
・通信性能は光回線よりも劣る

通信速度やPing値が重要になるFPSなどのオンラインゲームでは、通信性能が高品質な光回線がおすすめです。ネット閲覧や動画視聴をメインにするなら、ポケット型WiFiの通信回線でも問題ありません。

自宅メインで使用するなら、工事不要で開通するまでの期間がほとんどないホームルーターがお手軽でおすすめです。自宅用のネット回線については、下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事

ポケット型WiFiを使う際の注意点は?

ポケット型WiFiを使う際、注意したいポイントは2点あります。

〇注意したいポイント

  • 電波の入りやすい場所で使う
  • プラン内容をしっかりと確認する

ポケット型WiFiは、基地局から送られてくる電波を受信することによってインターネットに接続できます。そのため、電波が届かないところや電波干渉を受ける場所では繋がらない可能性が高いです。

対応エリア内で使うことはもちろんですが、障害物の多い場所だとうまく電波が拾えない可能性があります。遮蔽物のない空間の開けた場所や、屋内なら窓際などの電波が届きやすい場所で使うと良いでしょう。

 もうひとつ注意したいポイントは、プラン内容です。

料金プランごとに使えるデータ容量や契約期間、適用されるキャンペーンなどが異なります。縛りなしと縛りありの料金プランのあるWiMAXでは、月額料金の差額やキャンペーン適用対象の有無で契約期間中の費用が大きく異なります。

また、選んだ支払方法によっても費用が大きく変わってしまう場合もあるので、自分が望む契約ができるようにプラン内容にはよく目を通しておきましょう。

まとめ

ポケット型WiFiを選ぶ際は、重要なポイントを抑えるために他社やプラン内容をじっくりと比較することが大切です。

本記事で紹介した内容から、費用と通信能力で最もバランスがよくおすすめなのが「Broad WiMAX」です。

Broad WiMAXは、WiFiストアからの申し込みで事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンを実施中です。ぜひ活用して、お得にWiMAXを始めてみてください。

\ WiFiストア限定 /
事務手数料3,300円が無料に!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WiFiストアは、Wi-Fiに関する情報メディアサイトです。

今、世の中にたくさんの通信サービスが提供されてます。一方、サービスが多すぎて、自分にぴったりのサービスを選ぶ事が難しいという声をたくさん耳にします。そこでWiFiストアは、皆様のそのような悩みを解決すべく、Wi-Fi(WiMAX、ソフトバンク、docomo、auなど)に関する情報を分かりやすく記事にして監修しています。例えば、おすすめのWi-Fiサービスをランキングにしたり、各サービスの口コミやレビュー、メリットデメリットをご紹介してます。WiFiストアの記事を読んでいただく事で、皆様にぴったりのWi-Fiは何かが見つかれば幸いです。

目次