自宅のWiFiに最適なホームルーターを比較! 話題の5Gプランも紹介

81251 views

昨今、家庭でのインターネットは、さまざまな通信手段で利用することが可能になっていますが、みなさんはご自宅のネット環境はどのようなものをお使いですか?

やはり代表的なものとしては「光回線」が挙げられます。通信速度が速く、モバイルネットワークよりも安定した通信を実現しているため、使用している人も多いのではないでしょうか?

たしかに安定して通信速度の速い光回線ではありますが、工事開通までに時間がかかりすぐにインターネットを使うことができないことや賃貸のため光回線が引けない、そもそも月額料金が割高などいくつかのデメリットもあげられます。

そんな光回線のデメリットを解消してくれるWiFiサービスがあるんです。それが「ホームルーター」です。工事が不要で自宅用のWiFiにおすすめなんです。

今回はスペックや費用を比較して、おすすめのホームルーターをご紹介しますホームルーターの特徴5Gプランについても詳しく解説するので、ぜひご覧になってください。

ホームルーターをお探しの方は、下記WiFiストアの公式サイトもチェックしてみてください。

※本記事は2021年5月25日に作成されたものです。
 現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

自宅用WiFiには光回線よりホームルーターがおすすめ!

自宅用WiFiにはホームルーターがおすすめ

ホームルーターとは、開通工事をしなくてもコンセントに機器を接続するだけで、すぐにインターネット環境を整えられる機器です。

通信方式にモバイル回線を使用しているので、工事不要で使えるのが特徴。届いたその日から使うことができます。

また、内蔵されているアンテナの感度も高いため、通信が安定しやすいのもポイント。 通信速度は最大下り速度440~962Mbps程と、日常使いには十分。光回線の代わりに、自宅用WiFiとしておすすめの回線です

ホームルーターのメリットデメリットは?光回線と比較

ホームルーターと光回線のメリットとデメリットを比べてみました。

 ホームルーター光回線(固定回線)
メリット・工事不要で使える
・費用が安め
・セッティングが簡単
・通信速度が速い
・通信が安定している
デメリット・通信速度、安定性ともに光回線より劣る
・通信制限がかかる場合がある
・工事が必要
・費用が高め
・配線が面倒
おすすめな人・ネット閲覧、動画視聴がメインの人
・引っ越しが多い人
・工事をしたくない人
・通信品質を優先したい人
・ネットゲームユーザー

ホームルーターのメリットは、手軽さと費用の安さです。工事が不要なので面倒な手続きは必要なく、工事費もかかりません。月額費用でもホームルーターの方が安いケースが多く、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめ。

使い方はコンセントに差すだけで、面倒な設定や配線は必要ありません。 初めて自宅にネット回線を導入する方も、迷わず使うことができます。

デメリットは、通信品質では光回線に負けるところです。通信速度・安定性は光回線にかなわないので、コアなゲームユーザーには光回線の方が適しています。

また、通信回線によっては3日で10GB以上使うと速度制限がかかるなどの制限があります。 大容量データを取り扱う場合は制限にかからないよう、注意が必要です。

ホームルーターの通信速度について

ホームルーターの通信速度はどの程度の速さなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。ホームルーター2種と光回線の速度を比較してみましょう。

 ホームルーター
WiMAX(HOME 02)
ホームルーター
SoftBank Air(Airターミナル4)
光回線
SoftBank光
下り最大通信速度(※1)440Mbps962Mbps1Gbps
実測平均下り通信速度(※2)41.38Mbps43.99Mbps269.41Mbps

※1表記の通信速度は、システム上の下り最大速度であり、実際の通信速度は、通信環境やネットワーク混雑状況などに応じて低下します。
※2 平均下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています。

 

通信速度の実測値を見ると光回線の方が速いですが、ホームルーターでも日常使いに必要な速度は出ています
下記は一般的なインターネット利用時の必要速度です。

〇通信速度目安

  • ・メールやライン:128kbps~1Mbpsほど
  • ・サイト閲覧:1Mbps~10Mbpsほど
  • ・動画視聴:10~20Mbpsほど

通信速度が必要な動画視聴でも、20Mbpsあれば高画質4K動画も再生可能です。(※3)通信速度や安定性が重要になってくるゲーム以外は、ホームルーターの通信速度でも十分だと言えます。

実際にホームルーターなどのモバイル通信で動画やゲームを試したレビュー記事もあるので、参考にしてみてください。

WiFiストアでは、モバイル回線の通信速度をリアルタイムで確認できる特設ページもあります。回線を選ぶ際の参考にしてみてください。

※3:参照元:YouTubeシステム要件

モバイルWiFiルーターとホームルーターの違いは?

モバイルWiFiルーターとホームルーター

工事なしでインターネットを使える通信手段には、ホームルーターのほかに「モバイルWiFiルーター」が挙げられます。

モバイルWiFiルーターとは、ホームルーターと同じようにモバイル通信でインターネット接続できる機器です。
どのような違いがあるのか、それぞれの特徴を確認してみましょう。

〇ホームルーターの特徴

  • ・自宅用でコンセントが必要
  • ・アンテナが強くて通信が安定している

〇モバイルWiFiルーターの特徴

  • ・小型かつバッテリー搭載で持ち運びが可能。
  • ・屋外で使える

ホームルーターとモバイルWiFiルーターの大きな違いは、持ち運べるかどうかです。

モバイルWiFiルーターは自宅だけでなく外出先でも使いたい方におすすめ。

ホームルーターはコンセントが必要となるので持ち運べませんが、モバイルWiFiルーターよりもアンテナが強く、通信が安定しやすくなっています。自宅のみでの使用を考えている方には、ホームルーターがおすすめです。

ホームルーター6社を料金・スペックで比較!もっともおすすめなのは?

実際にホームルーターを取り扱う6社の料金とスペックを比較してみましょう。
なお、表の数値は全てデータ容量上限なしのプランから参照しています。

 月額費用3年間実質費用※5キャッシュバック回線下り通信速度(理論値/実測平均値)
Broad WiMAX2,999円~※1140,106円最大5,000円
(ルーター2台購入時のみ)
WiMAX 2+、au 4G LTE440Mbps/41.38Mbps
モバレコAir2,167円~※2152,988円最大26,580円SoftBank962Mbps/43.99Mbps
DTI WiMAX2,849円~※3142,637円最大6,000円
(NTTグループカードで支払い時)
WiMAX 2+、au 4G LTE440Mbps/41.38Mbps
GMOとくとくBB WiMAX2,849円~※1144,331円最大6,000円WiMAX 2+、au 4G LTE440Mbps/41.38Mbps
ソフトバンク4,180円~※4182,292円最大10,000円SoftBank962Mbps/43.99Mbps
au4,721円195,256円
(機種代22,000円の場合※6)
WiMAX 2+、au 4G LTE1Gbps/49.41Mbps

※1 初月~2ヶ月目の月額料金。
※2 初月~1ヶ月目の月額料金。
※3 2ヶ月目の月額料金。初月~1ヶ月目は0円。
※4 初月~11ヶ月目の月額料金。
※5 3年間実質費用には事務手数料などの初期費用も含みます。
また、月額費用は利用開始日を初月、次月を1ヶ月目として合計36ヶ月間の合計費用を元に計算しています。
※6 機種代は店舗によって変わる場合があります。

現在ホームルーターを選ぶ場合、「WiMAX」か「ソフトバンクAir」から選ぶことになります。 また、2021年5月現在では、一部のWiMAXではホームルーターを取り扱っておらず、選択できるプロバイダが限られます。

ホームルーターを比較する際、注目すべきなのは費用と通信速度。総合的に見ると、もっともおすすめできるホームルーターは「モバレコAir」です。

WiFiストアおすすめNo.1ホームルーターは「モバレコAir」

モバレコAir

モバレコAirは通信性能・費用のどちらも優秀なホームルーターです。 通信サービスとしては、SoftBank Airと同じものとなります。

最大通信速度962Mbpsと高速通信が可能。データ容量の上限もないので、快適なインターネットを楽しめます。 ホームルーターへの接続は最大64台まで可能で、通信機器の使用が多い家庭でも安心して使用可能です。

使い方はコンセントに挿すだけ。インターネット回線に不慣れな方でも簡単に扱えます。

費用面では3年間の実質費用はWiMAXに劣るものの、キャッシュバックを加味するともっともお得になります。

また、他社回線からの乗り換え費用を満額還元するキャンペーンも実施。違約金・撤去費用・他社の支払い中端末代金分を最大10万円還元してくれるので、安心して乗り換えられます。

モバレコAir限定キャッシュバック

WiFiストアからの申し込みで、上記の最大26,580円キャッシュバックキャンペーンを適用できます。ホームルーターを契約する際は、ぜひチェックしてみてください。

WiMAXで検討するなら「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

対応エリアの都合などでWiMAXを検討している方には「Broad WiMAX」がおすすめ。

端末費用無料、初期費用割引、さらにWiFiストア限定で事務手数料3,300円が無料となります。とにかくリーズナブルにホームルーターを使い始められます。

3年間の実質費用が6社中もっとも安いのもポイント。BroadWiMAXは割引がメインでキャンペーン適用の申請も簡単なため、特典の受け取り忘れもありません。確実にキャンペーンを活用したい方にもおすすめです

WiMAXの通信速度は実測平均値40Mbps以上と十分な速さで、動画もスムーズに視聴可能です。対応エリアの広さも人口カバー率90%以上(※)と広く、多くの地域で使用可能で、通信品質でもソフトバンクAirに劣りません。

下記リンクやWiFiストアからの申し込みで事務手数料3,300円が無料になるので、ぜひ検討してみてください。

※ 市町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かを基に算出しています。
参照元:2012年7月2日 UQコミュニケーションズ株式会社 ニュースリリース

 

5G対応ホームルーターを先取り比較!ドコモとWiMAXどちらがおすすめ?

2021年5月現在、WiMAXとドコモが5G対応のホームルーターを発表しています。

サービス開始はまだ先ですが、一足先に現在の情報をまとめ、ふたつの5Gホームルーターを比較してみました。

 au(WiMAX)ドコモ
機種名Speed Wi-Fi HOME 5G L11home 5G HR01
通信速度2.7Gbps
(Wi-Fi通信時の最大伝送速度は1.2Gbps)
4.2 Gbps
(Wi-Fi通信時の最大伝送速度は1.2Gbps)
接続台数30台65台
対応WiFi規格802.11a/b/g/n/ac/ax802.11a/b/g/n/ac/ax
月額費用1~24ヶ月:4,763円
25ヶ月以降:5,313円
4,950円
3年間実質費用※1177,518円※2181,500円+機種代(不明)

※1 3年間実質費用には事務手数料などの初期費用も含みます。
※2 WiMAXの費用はBroad WiMAXの月額費用・初期費用を参照しています。

現在の情報を比較すると、費用面ではWiMAXが安く、スペック面ではドコモが有利。総合的に見ると、WiMAXの方がおすすめです。

2021年5月の段階ではドコモの5Gホームルーターの価格は発表されておらず、3年間の実質費用の詳細は不明です。しかし機種代金を加えなくてもWiMAXより費用が高く、お得さではWiMAXが一歩リードしています。

スペック面ではドコモが有利。WiMAXの下り最大2.7Gbpsを大きく上回る、下り最大4.2Gbpsの通信速度は圧巻です。

ただし、WiFi通信時の最大伝送速度で制限がかかるため、WiMAXとスペックほどの差はありません。 現状のWiFi規格は1.2Gbpsまでの速度でしか通信できず、スマホとルーター間での通信速度はWiMAXもドコモも同じです。基地局からルーターまでの速度に差があるためドコモの方が速いのは確かですが、過度な期待は禁物です。

通信速度は実測値を見ないと予想の域を出ませんが、現段階の情報比較ではWiMAXの方がコスパが良いと判断できます

5G対応ホームルーターの発売はいつ?

5G対応ホームルーターの発売日は以下の予定になっています。

  • WiMAX:2021年6月4日発売
  • ドコモ:2021年8月下旬以降

発売はWiMAXの方が早く、詳細な日にちも確定しています。

ドコモはまだ情報が出たばかりで、夏以降ということしかわかりません。 延期もありうるので気長に待ちましょう。

WiMAXの5Gサービスは複数のプロバイダで予約を受付中です。おすすめのプロバイダは月額費用の割引が多く、機種代も無料になる「Broad WiMAX」です。

WiFiストアからの申し込みで事務手数料3,300円が無料になるので、ぜひチェックしてみてください。

5G対応ホームルーターのメリット・デメリットとは?

5Gサービスはまだ始まったばかりなので、メリットがイメージしづらい方もいらっしゃると思います。

5G対応のホームルーターにはどんな特徴があるのかまとめたので、参考にしてみてください。

〇5Gのメリット

  • 通信速度や反応速度が速くなる
  • 多くの機器と同時に通信できる

〇5Gのデメリット

  • ・月額費用が高くなる
  • ・5G対応エリアがまだ狭い

5G通信を行うことにより、通信速度が大幅にアップ。反応速度も速くなるため、FPSなどの遅延が気になるゲームもさらに快適になります。ネット回線の混雑も起こりづらくなり、より快適にインターネットを楽しめるでしょう。

ただし、現状は5G対応エリアが狭いので使える場所が限られます。 自宅がエリア外の場合5G通信はできないので、契約前に必ずエリアを確認しましょう。

また、5G対応プランは通常のプランより月額費用が高めです。ネット閲覧やちょっとした動画視聴なら通常プランで十分なこともあるので、自分の用途に合わせてプランを選びましょう。

まとめ:ホームルーターがおすすめな人

ホームルーター

ホームルーターは光回線と比較し月額料金が安いことも魅力の一つです。光回線ほどの通信速度は求めていないので毎月の支払額を少しでも抑えたいという、いわゆるライトユーザーの人に強くおすすめしたいです。

ちなみに、筆者の私もホームルーターを使用しています。中古でホームルーターの本体を購入し別途SIMカードのみ契約をして自宅のインターネット環境として運用しています。

使用用途は記事の執筆や動画の視聴やウェブの閲覧が中心ですが、回線のスピードも安定していて、全くストレスに感じた事はありません。何より光回線と比較し価格が安いのが個人的には最大の魅力ですね。

コンセントを差すだけで手軽にインターネットを楽しむことが出来るホームルーター

通信も安定していて価格も非常に安価です。みなさんもぜひホームルーターの導入を検討としてみてはいかがでしょうか?

ホームルーターをまとめて比較して検討したい人は、WiFiストアの比較サービスもぜひ参考にしてみてください。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。