【2021年9月最新】5G対応ホームルーターはどう?ドコモ、auのホームルーターは?スペック・料金など比較

746 views

今年から、スマホで話題の5Gがホームルーターにも登場してきました。
手軽に使えて自宅用のネット回線として人気のホームルーターも5Gに対応することで通信速度がアップ。
光回線の代わりとして、さらに期待が持てるようになりました。

今回はそんな5G対応ホームルーターの最新情報をご紹介します。
まだ未発売の最新機種の情報から、5Gホームルーターのよくある質問も解説。
興味のある方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

※本記事は2021年9月1日に作成されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

5G対応ホームルーターとは?メリット・デメリットも解説

5G対応ホームルーターのメリット・デメリット

ホームルーターとは、モバイル回線を利用したインターネット接続機器です。
スマホと同様に無線を利用してインターネット接続を行うため、工事不要で機材が届いたその日から利用できるのが強み
セッティングも簡単で、コンセントを挿すだけで使うことができ、面倒な設定や配線は必要ありません。

そんな便利に使えるホームルーターですが、5Gに対応すると何が変わるのでしょうか?
5G対応ホームルーターのメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット:通信速度の速さ

5G対応ホームルーターは、従来の製品に比べて通信速度が速くなるのがメリット
スペック上の最大通信速度は従来の2倍以上となっています。

〇ホームルーター通信速度比較

使用機種最大下り通信速度※1平均実測下り速度※2
ソフトバンクエアーAirターミナル4 NEXT612Mbps45.84Mbps
WiMAXHOME 02440Mbps24.91Mbps
WiMAX,au(5G)ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L112.7Gbps不明
docomo(5G)home 5G HR014.2Gbps不明

※1最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。
※2平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています。

 

5G対応ホームルーターは6月4日に発売されたばかりで、実測値の平均データがありません。
その代わりに、実際に使用した速度の例をいくつかご紹介します。

上記の書き込みでは、63Mbpsと従来機種の平均よりも速い速度が出ています。
光回線と比較しても大きな差は無く、十分な速度が期待できます。

カシモWiMAX公式ページでは、モバイルWiFiルーターと実測速度の比較を行っていました。

カシモWiMAX5G通信速度

参照元:カシモWiMAX公式ページ

接続回線が4G LTEにも関わらず、78Mbpsと速い速度が出ています。
5G回線接続時にはさらに速くなる可能性があります。

通信速度の目安から確認すると、5G対応ホームルーターは50Mbps以上出ているので、高画質動画やオンラインゲームも快適に楽しめることが期待できます

通信速度目安

従来のホームルーターでは通信速度に満足できなかった方や、ゲームを楽しみたい方はぜひ検討してみてください。

デメリット:限られた対応エリアと料金の高さ

5G対応ホームルーターにもデメリットがあります。
2021年6月の段階では5Gエリアが少ないことと、5Gプランの費用が高いことです。

5G回線のエリアはまだ狭く、都市の一部にとどまっています。
例として、東京都のWiMAX 5G対応エリアを見てみましょう。

UQWiMAX5Gエリアマップ東京

参照:UQ WiMAXエリアマップ

青と濃い赤の範囲が5G対応エリアです。
東京都の都心ですら、まだエリアがまばらなことが分かります。
一応WiMAX2+、4G LTEエリアでも使用は可能で、速度も従来品より速くなる可能性が高いですが、最大限の恩恵は受けられません。

また、5G対応ホームルーターを使用するには、5Gプランに加入する必要があります。
WiMAXの場合は従来のプランより高額なので、費用とメリットのバランスを考えて契約しましょう。
Broad WiMAXを例に見ると、5Gプランと従来プランの価格差は下記のようになります。

〇プランによる価格差

ギガ放題プラス(5G)ギガ放題
月額費用初月~24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目~:5,313円
初月~2ヶ月目:2,999円
3~24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目~:4,413円

5Gプランの月額費用は、割引を適用してもギガ放題プランの基本価格(25ヶ月目以降)より高額です。
ランニングコストを優先する場合は、従来のギガ放題プランを検討してみましょう。

5G対応ホームルーターは2種類!その特徴は?

5G対応ホームルーターは、2021年8月の段階では2種類発表されています。
それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

【WiMAX・au】Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G 11L

Speed Wi-Fi HOME 5G L11」は、UQコミュニケーションズが展開する5G対応ホームルーターです。
同系列のauもホームルーターやモバイルWiFiルーターでWiMAX回線を使用しており、同じ機種が販売されます。

UQ WiMAXでは6月4日に発売しており、他のWiMAXプロバイダでも契約が可能です。
auは2021年8月6日に発売開始となりました。
気になる価格はUQ WiMAXで21,780円、auで39,600円。プロバイダによっては端末無料キャンペーンも実施中なので、検討している方はチェックしてみましょう。

〇機種スペック

機種名ZTE Speed Wi-Fi
HOME 5G L11
使用回線au 5G、WiMAX2+、au 4G LTE
最大通信速度※下り2.7Gbps
上り183Mbps
(WiFi通信時の最大伝送速度は下り1.2Gbps)
対応WiFi規格IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
最大接続台数30台
月間データ通信容量上限なし
速度制限(プラン内容)直近3日で15GB以上使用した場合、1Mbpsに制限

※最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。

 

スペックは通信速度が下り最大2.7Gbpsに向上しており、従来よりも高速通信が可能です。
使用回線はau 5Gに加え、WiMAX2+とau 4G LTEにも対応しているので、5Gエリア外でも使用可能です。

WiFi規格は、802.11ax(Wi-Fi6)まで対応。
「WiMAX HOME2」など従来機では802.11ac(Wi-Fi5)までにしか対応していなかったため、スマホからホームルーター間も通信速度の向上が期待できます。

厳密にはプラン内容ですが、速度制限は直近3日間で15GB使用するとかかってしまいます。
こちらも従来機で契約するギガ放題プランと比較すると、制限までの通信量が10GBから15GBにアップ
高速通信で高画質動画等を見ても制限にかかりにくくなっています。

スペック上の注意点ですが、WiFi通信時の最大受信速度は約1.2Gbpsです。
つまり、基地局からホームルーターまでは下り最大2.7Gbpsの通信速度ですが、ホームルーターからスマホへの速度は最大1.2Gbpsとなります。

もともと最大下り速度は理論値なので実際には出ませんが、スペックほど速度が上がらない可能性があることを覚えておきましょう。

【ドコモ】HOME 5G

HOME 5G

2021年8月27日に、ドコモ初のホームルーター「HOME 5G」が発売します。
予約も2021年8月12日から開始されております。
価格は39,600円。事前予約期間中に予約し、8月27日~10月31日の間に契約およびHR01の購入を完了すると、dポイントがもらえるキャンペーンも実施されるので、検討している方はチェックしてみましょう。

後発ということもあり、WiMAXの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」よりスペックは上です。

〇機種スペック

機種名home 5G HR01
使用回線ドコモ5G、PREMIUM 4G
最大通信速度※下り4.2 Gbps 上り218Mbps
(WiFi通信時の最大伝送速度は下り1.2Gbps)
対応WiFi規格IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
最大接続台数65台
月間データ通信容量上限なし
速度制限(プラン内容)直近3日間のデータ通信量が多い場合に制限

※最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。

 

WiMAXの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」と比較すると、下り最大4.2Gbpsと通信速度がとくに優れています
より速さを求める方はドコモHOME 5Gの発売を待つのも良いでしょう。
ただし、HOME 5GもWiFi接続時の最大速度は1.2Gbpsです。
ドコモの方がWiMAXより速いと予測できますが、表記スペックほど差は出ないので注意しましょう。

また、ドコモHOME 5G用のプランでは、WiMAX同様に「直近3日間のデータ通信量が多い場合に制限」といった速度制限があります。
現在何ギガのデータ通信量で制限がかかるかは不明ですが、速度制限面ではWiMAXと大きな差はないと言えるでしょう

5G対応ホームルーターのプランを比較!料金が安いのはどこ?

プラン比較

5G対応ホームルーターはどこが一番安いのか、料金を比較してみました。

なお、当ページでは「実質月額料金」を算出しています。

〇実質月額料金 計算式

実質月額料金=(基本月額費用×契約月数+初期費用-キャッシュバック-割引)/契約月数

※実質月額は各契約年数で算出しております。契約期間の縛りのないものは3年で算出しております。

実質月額料金は、合計月額料金や初期費用、キャンペーン特典を加味した合計料金を、契約月数で割った値です。
総合的なお得さの目安としてチェックしてみてください。

〇5G対応ホームルーター5社比較表

月額費用実質月額料金※契約年数キャッシュバック・割引発売日
カシモ WiMAX(5G)初月:0円
1ヶ月目:4,500円
2ヶ月目~:4,750円
4,704円3年・初月月額無料
・端末代無料
6月4日
Broad WiMAX(5G)初月~24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目~:5,313円
4,823円3年・5,000円キャッシュバック
・端末代無料
・事務手数料無料(WiFiストア限定)
6月4日
UQ WiMAX(5G)初月~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目~:4,818円
5,124円2年6月4日
au初月~24ヶ月目:4,620円
25ヶ月目~:5,170円
4,888円なし端末代無料8月6日
ドコモ4,950円4,950円+分割機種代金なし端末代無料
事務手数料無料(ドコモオンラインショップ限定)
8月27日

※実質月額は各契約年数で算出しております。

 

比較した結果、「カシモWiMAX」の実質費用がもっとも安いことが分かりました。
端末代無料キャンペーンも受けられるので、お得に5G対応ホームルーターを使い始めることが可能です。

スペックで期待できるドコモは、まだ機種代金が発表されていません。
仮に機種代金が0円だとしても、カシモWiMAXより実質月額料金は高いので、費用面ではWiMAXの方が優秀です。

今契約できるおすすめホームルーター

今すぐ契約できるおすすめのホームルーターについて、詳しく解説します。
5G対応以外のホームルーターもご紹介するので、5Gエリア外だった方もぜひご覧になってください。

5GプランならカシモWiMAX

カシモWiMAX

5G対応ホームルーターを検討している方には、カシモWiMAXがおすすめです。
月額費用が比較した中でもっとも安く、さらに初月は月額費用0円なのでお得に使い始められます

〇カシモWiMAX概要

カシモWiMAX
月額費用初月0円
1ヶ月目:4,500円
2ヶ月目~:4,750円
実質月額料金4,704円
初期費用事務手数料:3,300円
使用回線au 5G、WiMAX2+、au 4G LTE
最大下り通信速度※2.7Gbps
実測下り速度78Mbps
主なキャンペーン・端末代金無料
・月額初月無料

※最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。

 

端末代が無料なのもうれしいポイントで、UQ WiMAXと比べると初期費用が21,780円もお得に。
キャッシュバックキャンペーンなどはありませんが、基本料金が安めなため申請などの面倒な手続きなしでお得に利用が可能です。
5G対応ホームルーターを使いたい方は、ぜひカシモWiMAXを検討してみてください!

5Gエリア外ならモバレコAir

モバレコAir

ホームルーターを検討している多くの方には、「モバレコAir」がおすすめです。
まだ5Gエリアは狭いため、対応エリア外だった方はこちらを検討してみましょう。

〇モバレコAir概要

月額費用1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目~:5,368円
実質月額2,167円
契約年数2年
初期費用事務手数料:3,300円
使用回線サービスSoftBank Air
最大下り通信速度※1612Mbps
平均実測下り速度※244.63Mbps
主なキャンペーン・最大26,580円キャッシュバック
・モバレコAir限定月額キャンペーン
・あんしん乗り換えキャンペーン

※1最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。
※2平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています

 

モバレコAirはソフトバンクエアーの代理店です。
回線サービスは本家ソフトバンクエアーと同じで、幅広いエリアで使うことができます。

また、キャンペーンが充実しており、独自のキャッシュバックや月額割引を受けられ、お得に契約が可能です。
さらにソフトバンク公式キャッシュバックキャンペーンも併用ができるため、モバレコAirのキャッシュバックである最大26,580円と合わせて、最大合計36,580円の高額キャッシュバックを受け取れます。

実質月額が安く、従来プランで比較してもお得なホームルーターです。
他のホームルーターとの費用比較を行った記事もあるので、気になる方は参考にしてみてください。

モバレコAirでは安心乗り換えキャンペーンも実施中。
乗り換えで契約する際、他回線サービスの違約金や撤去工事費を還元してくれます。
いつでも気兼ねなく契約できるのもモバレコAirの魅力です。

5Gエリア外でお得にホームルーターを使いたい方は、ぜひモバレコAirをチェックしてみてください。

5Gホームルーターのよくある質問

よくある質問

5Gホームルーターによくある質問を解説していきます。
5Gはまだまだ馴染みのないサービスです。
気になるポイントがある方は、ぜひチェックしてみてください。

そもそも5Gとは?

5Gとは「5th Generation」の略語で、第5世代移動通信システムのことを指します。
現在、スマホなどで利用されているのは「4G LTE」なので、まさに次世代の通信システムです。

5Gの特徴は、従来の通信システムより下記の点で優れていることです。

  • ・大容量の高速通信
  • ・低遅延
  • ・多数の機器を同時接続可能

単純なメリットを挙げると、通信速度が速くなります
ゲームや動画など、反応速度や通信速度が重要なコンテンツを楽しみやすくなるでしょう。

知っておきたい「Sub6」と「ミリ波」

5Gには2種類の電波があり、「Sub6」「ミリ波」と呼ばれています。
それぞれ使用する周波数帯が違うので特徴が異なります。

〇Sub6とミリ波の違い

周波数帯特長
Sub63.6~4GHz・通信範囲が広い
・4G技術の転用ができ、環境整備が早い
・障害物に強い
・通信速度はミリ波より大きく劣る
ミリ波30~300GHz・通信速度が速く、低遅延
・多数の機器を同時接続できる
・電波の届く範囲が狭い
・障害物に弱い

スマホだとどちらかの電波にしか対応していないこともあります。
5G通信機器を購入する際は、利用したい電波を拾えるか確認すると良いでしょう。

また、WiMAXの対応エリアマップをよく見ると、5GエリアがSub6とミリ波で分かれています。
5Gエリア内だからと言って、どちらの電波も使えるとは限らないので注意しましょう。

5G対応ホームルーターは無制限で使える?

どの5G対応ホームルーターもデータ通信容量の上限はありませんが、完全な無制限とは言えません

たとえばWiMAXでは、直近3日間で15GB以上のデータ通信を行うと、翌日の夕方18時~2時ごろまで最大通信速度1Mbpsとなる制限が掛かります。
ただ、午前中などはどれだけ使っても制限が掛からないので、使い方次第では実質無制限で利用可能です

auやドコモの5G対応エリアを知りたい

各回線サービスの5G対応エリアは、公式ページのエリアマップで確認できます。
今回ご紹介した、WiMAX・au・ドコモの5G対応エリアは、下記リンクから確認可能です。

ソフトバンクの5G対応ホームルーターはない?

2021年6月の段階では、ソフトバンクから5G対応ホームルーターは発表されていません。
しばらく5G対応ホームルーターは、WiMAXかドコモから選ぶことになります。

しかし、ソフトバンクでも5G通信が普及し始めており、スマホでは5Gプランも登場しています。
今後5G対応ホームルーターが発売される可能性は十分にあるでしょう

まとめ

5G通信はまだ広い範囲に普及しておらず、使える場所が限られます。
5G対応ホームルーターを検討している方は、自宅が対応エリア内か必ず確認しておきましょう。

また、5G対応ホームルーターは通信速度が向上するのがメリットですが、月額料金が高いのがデメリット。
費用対効果が十分高いのか、自身がインターネット接続で何をしたいのかを考えて検討してみてください。

当記事では5G対応ホームルーターならカシモWiMAX、それ以外ならモバレコAirをおすすめしています。
どちらも費用面でお得なホームルーターなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。