5G対応ホームルーターのおすすめはコレ!通信速度、月額料金など選び方も紹介

5444 views

5G対応のホームルーターのおすすめはどれ?
5G対応のホームルーターはどんなメリットがあるの?

自宅用のネット回線として工事不要で利用できるホームルーター。
5Gに対応することで通信速度がアップし、光回線の代わりとしてさらに期待が持てるようになりました。

今回は、5G対応のホームルーター10社を比較し、おすすめ3社もピックアップしています。

5G対応のホームルーターが本当にいいのかわからないという方のために、メリットやデメリットについても触れていますので、5G対応のホームルーターに興味のある方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

※本記事は2022年8月2日に更新されたものです。 現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

〇この記事でわかること

  • ・月額料金が安いのは「モバレコAir」、通信速度で選ぶなら「home5G」、WiMAXなら「BroadWiMAX」がおすすめ
  • ・5G対応ホームルーターのメリットとデメリット
  • ・5G対応エリア外の場合のおすすめは「モバレコAir」、「縛られないWiFi

目次:

5G対応のおすすめホームルーター10社のプランを比較!

プラン比較

5G対応ホームルーターのおすすめ10社を紹介します。
以下の10社の料金や速度などを徹底的に比較しました。5Gホームルーターの選び方も解説しているので、参考にしてください。

  • ・モバレコAir
  • ・ソフトバンクエアー
  • ・Broad WiMAX
  • ・カシモ WiMAX
  • ・au
  • ・UQ WiMAX
  • ・BIGLOBE WiMAX
  • ・DTI WiMAX
  • ・So-net
  • ・ドコモ

なお、当ページでは「実質月額料金」を算出しています。

〇実質月額料金 計算式

実質月額料金=(基本月額費用×契約月数+初期費用-キャッシュバック-割引)/契約月数

※実質月額は各契約年数で算出しております。契約期間の縛りのないものは38ヶ月で算出しております。

実質月額料金は、合計月額料金や初期費用、キャンペーン特典を加味した合計料金を、契約月数で割った値です。 総合的なお得さの目安としてチェックしてみてください。

〇5G対応ホームルーター10社比較表(税込)

使用回線*1プラン名月額費用実質月額料金*2最大速度*3
平均下り速度*4
契約期間キャッシュバック・割引
モバレコAirSoftBank Air
5G/4G/4GLTE
Airターミナル51~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月:3,679円
25ヶ月目~:5,368円
3,255円2.1Gbps
96.31Mbps
なし・モバレコAir限定月額キャンペーン
WiFiストア限定 最大10,000円キャッシュバック
・端末購入で最大30,000円のモバレコAir限定キャッシュバック
・端末代実質無料
ソフトバンクエアーSoftBank Air
5G/4G/4GLTE
Airターミナル51~24ヶ月:4,180円
25ヶ月目~:5,368円
4,704円2.1Gbps
96.31Mbps
なし・端末代実質無料
・SoftBank Airスタート割プラス
Broad WiMAXWiMAX
au 5G/au 4G LTE/ WiMAX 2+
ギガ放題バリュープラン初月1,397円~
2ヶ月目~:3,883円~

4,625円2.7Gbps
58.53Mbps
2年・WEB申込&クレカ支払いで初期費用0円
・事務手数料無料(WiFiストア限定)
・端末代実質無料
カシモ WiMAXWiMAX
au 5G/au 4G LTE/ WiMAX 2+
縛りなしプラン初月:1,408円
1ヶ月目~:4,378円
4,386円2.7Gbps
78.02Mbps
なし・端末代実質無料
auWiMAX
au 5G/au 4G LTE/ WiMAX 2+
ホームルータープラン5G初月~25ヶ月目:4,620円
26ヶ月目~:5,170円
4,895円2.7Gbps
表記なし
なし・端末代実質無料
・5Gホームルーター割
UQ WiMAXWiMAX
au 5G/au 4G LTE/ WiMAX 2+
ギガ放題プラス
ホームルーター/モバイルルータープラン
初月~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目~:4,950円
4,879円
(UQオンラインショップでSpeed Wi-Fi HOME 5G L12を申し込みの場合)
2.7Gbps
表記なし
なし・WiMAX +5G はじめる割
BIGLOBE WiMAXWiMAX
au 5G/au 4G LTE/ WiMAX 2+
ギガ放題プラス初月0円
1ヶ月目:1,166円~
2~24ヶ月目:4,015円~
25ヶ月目以降:4,928円~
3,970円2.7Gbps
76.37Mbps
なし・利用料金初月無料
・端末代実質無料
・最大10,000円キャッシュバック
DTI WiMAXWiMAX
au 5G/au 4G LTE/ WiMAX 2+
ギガ放題プラス1~25ヶ月目:4,180円
26ヶ月目~:4,730円
4,328円2.7Gbps
表記なし
2年・端末本体代金相当21,780円キャッシュバック
・はじめる割
So-netWiMAX
au 5G/au 4G LTE/ WiMAX 2+
ギガ放題プラス初月:3,300円
1ヶ月目~:4,950円
5,566円2.7Gbps
表記なし
なし・プラスエリアモード利用料無料
ドコモドコモ
5G/4G/4GLTE
home5Gプラン4,950円4,555円4.2Gbps
223.2Mbps
なし・端末代実質無料
・dポイントプレゼント(店舗:10,000p/オンラインショップ:15,000p)
・事務手数料無料(ドコモオンラインショップ限定)

*1 5G提供エリアは一部です。
*2 実質月額は各契約年数で算出しております。
*3 本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。
*4 平均下り速度は「みんなのネット回線速度」を参照しています。(2022年7月調べ)

 

5G対応ホームルーターの選び方

5G対応のホームルーターを選ぶ際には、次の3つのポイントに注目です。

  • ・通信速度の速さで選ぶ
  • ・月額料金で選ぶ
  • ・5G対応エリアを確認する

これらのポイントから、自分に合ったホームルーターを選びましょう。
それぞれ詳しく解説していきます。

通信速度の速さで選ぶ

同じ5G対応のプランであっても、選ぶ端末のスペックによって通信速度が異なります。
特に、下りの通信速度が重要で、目安は次の通りです。

通信速度目安

上記の表を目安に、必要な通信速度が出る端末を選びましょう。

現在契約できる5G対応ホームルーターの、通信速度の違いは以下の通り。

ソフトバンクエアー(5G)*WiMAX(5G)*home5G*
使用機種Airターミナル5ZTE Speed Wi-Fi
HOME 5G L11
ZTE Speed Wi-Fi
HOME 5G L12
home5G HR01
最大下り速度2.1Gbps2.7Gbps2.7Gbps4.2Gbps
平均実測下り速度※96.31Mbp77.05Mbps56.15Mbps223.2Mbps

※横にスクロールできます。

* 5G提供エリアは一部に限ります。
※平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から引用しています。(2022年7月調査)

最大通信速度は理論値のため、利用環境によっては最大速度まで出ることはほとんどありません。それぞれの端末のリアルな通信速度は、実際に使用した速度である「平均実測下り速度」を確認しましょう。

通信速度を重視するならドコモ「home5G」がおすすめです。
全ての機種の中で最も通信速度が速く、通信速度の目安からもかなり速い速度であることがわかります。

月額料金で選ぶ

月額料金で選ぶ場合は、端末代金や事務手数料、キャンペーン、キャッシュバックを加味した実質月額料金を比較して選びましょう。

当記事では、それらを全て含めた実質月額料金を比較して一覧表にまとめています。5G対応ホームルーターを比較する際の参考にしてください。

月額料金の安さで選ぶなら、比較中月額料金が最も安い「モバレコAir」がおすすめです。

最大30,000円のキャッシュバックに加えて、36ヶ月の機種代金の割引で端末代は実質無料。
モバレコAir限定月額キャンペーンなら2年間ずっと月額料金が割引され、2年間の割引総額は43,560円です。

さらに当サイトを経由することで、追加で最大10,000円キャッシュバック。合計83,560円もお得にホームルーターを利用できます。

月額料金の安さを重視する方は、モバレコAirをチェックしてみてください。

5G対応エリアを確認する

ホームルーターを利用する予定の場所が、5Gに対応していることを確認しましょう。

5G対応エリア外の場合でも、4G回線でホームルーターを使用することができますが、5G通信の恩恵を受けることはできません。
それぞれの回線のエリアは下記のリンクから確認してください。

ドコモ home5Gドコモ サービスエリアマップ
WiMAXWiMAX エリアマップ
auau エリアマップ
ソフトバンクエアーソフトバンクエアー 5Gサービス提供住所リスト

おすすめホームルーター3社

ここでは、これまで紹介した5G対応ホームルーター10社の中から、おすすめ3社をピックアップして紹介します。
重視するポイントごとにおすすめをまとめましたので、参考にしてください。

  • ・安い月額料金で使いたい→ソフトバンクエアーの「モバレコAir
  • ・WiMAXをなるべく安く使いたい→「Broad WiMAX
  • ・速度を重視したい→ドコモ「home5G

それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

月額料金を安く5G対応ホームルーターを使いたいなら「モバレコAir」

モバレコAir

ホームルーターを検討している多くの方には、「モバレコAir」がおすすめです。
比較したプランの中では、実質月額料金が最も安く、端末代金も実質無料。できるだけ安く5G対応ホームルーターを利用したい方におすすめです。

〇モバレコAir概要(Airターミナル5)

月額費用1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目~:5,368円
実質月額3,255円
契約年数なし
初期費用事務手数料:3,300円
使用回線サービスSoftBank Air
最大下り通信速度*12.1Gbps
平均実測下り速度*296.31Mbps
主なキャンペーン・最大30,000円キャッシュバック
・WiFiストア限定 最大10,000円キャッシュバック
・モバレコAir限定月額キャンペーン
・あんしん乗り換えキャンペーン

*1 最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。5G提供エリアは一部です。

*2 平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています。(2022年7月調べ)

 

モバレコAirはソフトバンクエアーの代理店です。 回線サービスは本家ソフトバンクエアーと同じで、幅広いエリアで使うことができます。

キャンペーンが充実しており、独自のキャッシュバックである最大30,000円や月額割引を受けられ、お得に契約が可能です。

さらに、当ページからご契約いただいたお客様限定!通常キャッシュバック30,000円に+10,000円追加!!

当ページからのお申込みが、モバレコAir公式や他の窓口よりも一番おトクなのでぜひご活用ください。※

また、SoftBankあんしん乗り換えキャンペーンも実施中。 乗り換えで契約する際、他回線サービスの違約金や撤去工事費を還元してくれます。 いつでも気兼ねなく契約できるのもモバレコAirの魅力です。

実質月額が安く、従来プランで比較してもお得なホームルーターです。 他のホームルーターとの費用比較を行った記事もあるので、気になる方は参考にしてみてください。

※モバレコAirのキャッシュバックキャンペーン取扱い窓口4つの比較において、株式会社グッド・ラック調べ(2022年7月25日時点)

月額料金をできるだけ安く5Gホームルーターを使用したい方は、ぜひモバレコAirをチェックしてみてください。

\【WiFiストア限定】/
最大+10,000円キャッシュバック実施中!

WiMAXならサポートが充実した「BroadWiMAX」

Broad WiMAX

WiMAXを使いたい方にはBroad WiMAXがおすすめです。 キャンペーンも豊富なので、おトクに利用できますよ。

〇Broad WiMAX概要(ギガ放題バリュープラン)

月額費用初月:1,397円~
2ヶ月目~:3,883円~
実質月額4,625円
契約年数2年
初期費用事務手数料:0円(WiFiストア限定)
初期費用:通常時 20,743円(税込)がWEB申込&クレカ支払い0円※2
端末代:21,780円
使用回線サービスau 5G、WiMAX2+、au 4G LTE
最大下り通信速度※12.7Gbps
平均実測下り速度※358.53Mbps
主なキャンペーン・5Gバリュー割
・違約金還元乗換えキャンペーン
・事務手数料無料(WiFiストア限定)
・いつでも解約サポート
・初期費用0円※2

※最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。5G提供エリアは一部です。
※2 お申込み時にクレジットカード払いをご選択いただくことが条件です。
平均下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています。(2022年7月調べ)
※ プラスエリアモードを利用された場合、ご利用された月に、別途オプション料金として1,100円(税込)がかかります。

 

Broad WiMAXはWiMAXの中ではサポート面が優れています。とくに「いつでも解約サポート」は、Broad WiMAXから指定のインターネット回線へ乗り換える際に、違約金が0円になる見逃せないサービス。

「思ったより速度が出ない・使いにくい」「やっぱり光回線に変えたい」という状況でも、気軽に乗り換えることができます。

 

5G対応プランのギガ放題バリュープラン、ギガ放題フリープランを展開しており、最新機種の「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L12」を使用できます。最大下り速度2.7Gbpsと、非常に高いスペックが魅力。通信速度を重視する方にもWiMAXはおすすめです。

またWiFiストア限定で、事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンも実施中です。下記リンクからの申し込みで適用できるので、ぜひ活用してみてください。

通信速度を重視するなら「home5G」

home5G 新バナー

通信速度を重視するならドコモ「home5G」がおすすめです。

5G対応のホームルーターの中でも端末のスペックの高さはトップクラス。最大下り通信速度は4.2Gbps*1*2です。通信速度にこだわって、5G対応ホームルーターを使いたい方にはhome5Gが最適です。

〇home5G概要

月額費用4,950円
実質月額4,555円
契約年数なし
初期費用事務手数料:3,300円
使用回線サービスドコモ5G、PREMIUM4G
最大下り通信速度4.2Gbps*1*2
平均実測下り速度*3223.2Mbps
主なキャンペーン・端末代実質無料
・dポイントプレゼント(店舗:10,000p/オンラインショップ:15,000p)
・事務手数料無料(ドコモオンラインショップ限定)

*1 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。

*2 5G対応エリアは一部に限られます。
*3 平均下り速度は「みんなのネット回線速度」を参照しています。(2022年7月調べ)

 

home5Gの実測速度を光回線と比較すると次のようになります。

home5Gドコモ光フレッツ光
平均実測下り速度*223.2Mbps278.46Mbps286.39Mbps

*平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています。(2022年7月調べ)

 

home5Gは最大下り速度もさることながら、実測値も光回線に引けを取らない速度です。モバレコAirと比較すると、実質月額料金は高めではありますが、通信速度を何よりも重視するならhome5Gが最適です。
ドコモオンラインショップで申し込みすれば、事務手数料無料、dポイントが15,000円分プレゼントされるのでお得に申し込みできますよ。

5G対応ホームルーターの4つのメリット

5G対応ホームルーターのメリット・デメリット

ホームルーターとは、モバイル回線を利用したインターネット接続機器です。 スマホと同様に無線を利用してインターネット接続を行うため、工事不要で機材が届いたその日から利用できるのが強み。 セッティングも簡単で、コンセントを挿すだけで使うことができ、面倒な設定や配線は必要ありません。

そんな便利に使えるホームルーターですが、5Gに対応すると何が変わるのでしょうか? 5G対応ホームルーターのメリットとデメリットを確認してみましょう。

5G対応ホームルーターのメリットは次の4つです。

○メリット

  • ・通信速度が2倍以上速くなる
  • ・低遅延、同時接続台数が増加
  • ・4Gにも対応しているのでつながりやすい
  • ・工事不要で高速5G通信を導入できる

順番に解説します。

メリット1:通信速度が2倍以上速くなる

5G対応ホームルーターは、従来の製品に比べて通信速度が速くなるのが最大のメリット。 スペック上の最大通信速度は従来の2倍以上となっています。

従来機種と5G対応ホームルーターの通信速度を比較してみましょう。

〇ホームルーター通信速度比較

 使用機種最大下り通信速度*1平均実測下り速度*2
ソフトバンクエアーAirターミナル4612Mbps38.79Mbps
WiMAXHOME 02440Mbps36.93Mbps
ソフトバンクエアー(5G)*3Airターミナル 52.1Gbps96.31Mbps
WiMAX,au(5G)*3Speed Wi-Fi HOME 5G L112.7Gbps77.05Mbps
docomo(5G)*3home 5G HR014.2Gbps223.2Mbps

*1 最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。
*2 平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています。
*3 5Gの提供エリアは一部に限られます。

 

5G対応ホームルーターの実際の速度に関する評判をいくつかご紹介します。

上記の書き込みでは、260Mbps、340Mbpsと従来機種の実測速度よりも、2倍以上の速さが出ていることがわかります。

カシモWiMAX公式ページでは、4G対応のモバイル型WiFiルーターWX06と実測速度の比較を行っていました。

端末接続回線下り速度(Mbps)
5G L115G72.4
5G L115G(LANケーブル有線接続)131.7
WX062+20.1

※都内5G SUB6対応エリアで12時から18時に計測
WX06はハイスピードモードで計測
参照元:カシモWiMAX公式ページ

WX06と比較すると、圧倒的に通信速度が速いことがわかります。

LANケーブルを使い有線接続すれば、さらに通信速度が速くなり131Mbpsとなります。

通信速度の目安から確認すると、5G対応ホームルーターは50Mbps以上出ているので、高画質動画やオンラインゲームも快適に楽しめることが期待できます

通信速度目安

従来のホームルーターでは通信速度に満足できなかった方や、ゲームを楽しみたい方は、5G対応ホームルーターをぜひ検討してみてください。

メリット2:低遅延、同時接続台数が増加

5G回線の特徴として、低遅延、同時接続台数の増加があげられます。

2018年国立研究開発法人情報通信研究機構の実証によって、1つの基地局に接続できる台数は4GLTE回線では、100台程度でも接続できなくなる場合がありますが、5G回線の場合2万台の同時接続できることが確認されています。

参照:国立研究開発法人情報通信研究機構 5G実証試験において端末約2万台の同時接続を確認

そのため、たくさんの人が同時にインターネットに接続した場合、4G回線では通信障害が発生しやすくなっていましたが5G回線では快適にデータ通信を行えます。
また、5G回線は遅延が少なく*よりリアルタイムの通信が可能に。従来よりもスムーズなデータ通信が可能です。

*参照:総務省 5Gの特徴

メリット3::4Gにも対応しているので繋がりやすい

5G対応ホームルーターは、5G回線だけでなく4G回線にも接続できます。

5G対応エリア外なら使えないと思うかもしれませんが、5G対応エリア外の場合は4G回線に接続できます。
接続できる回線が多いので、繋がりやすいこともメリットです。

しかし、契約前から確実に5Gエリアが対象外とわかっている場合は、4G対応のホームルーターもおすすめです。
5G対応エリア外の場合のホームルーターは「5G対応エリア外の場合におすすめのホームルーター」でも詳しく紹介しています。

メリット4:工事不要で高速5G通信を導入できる

5G対応のホームルーターなら、工事不要で高速5G通信を利用できます。

光回線の場合は、開通工事が必要。申し込みをしてから利用開始までは最短でも2週間~1ヶ月程度かかります。
工事の時には立ち会いも必要なので手間もかかってしまいます。しかし5G対応のホームルーターであれば端末が届けばすぐに利用できます。

モバレコAirなら最短3日で端末が届き、初期設定はコンセントに差し込み電源を入れてパソコンやスマホをWiFiにつなぐだけ。すぐに手軽にWiFiを利用したい人におすすめです。

5G対応ホームルーターの3つのデメリット

ただし、5G対応ホームルーターには次のようなデメリットもあります。

○デメリット

  • ・限られた対応エリア
  • ・月額料金が高くなる可能性
  • ・5G対応端末が必要

それぞれ解説します。

デメリット1:限られた対応エリアと料金の高さ

まずは、2022年7月の段階では5Gエリアが限られていることです。

5G回線のエリアはまだ狭く、都市の一部にとどまっています。 例として、東京都のWiMAX 5G対応エリアを見てみましょう。

参照:UQ WiMAXエリアマップ

赤と濃いオレンジの範囲が5G対応エリアです。 東京都の都心ですら、まだエリアがまばらなことが分かります。 5G対応端末は、WiMAX2+、4G LTEエリアでも使用は可能で、速度も従来品より速くなる可能性が高いですが、5G通信の最大限の恩恵は受けられません。

デメリット2:月額料金が高くなる可能性

また、5G対応ホームルーターを使用するには、5Gプランに加入する必要があります。 従来のプランより高額なので、費用とメリットのバランスを考えて契約しましょう。例えばモバレコAirを例に見ると、5Gプランと従来プランの価格差は下記のようになります。

〇プランによる価格差

 5G対応プラン
(Airターミナル5)
4Gプラン
(Airターミナル4)
月額費用1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月:3,679円
25ヶ月目~:5,368円
1~2ヶ月目:2,167円
3~12ヶ月:3,080円
13~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目~:5,368円

5Gプランの月額費用は、割引を適用しても3ヶ月目以降は4Gプランの基本価格より高額です。 ランニングコストを優先する場合は、従来の4Gプランを検討してみましょう。

しかし、料金プランが5G対応プランのみのプロバイダーも増えており、徐々に月額料金が下がりつつあります。

デメリット3:5G対応端末が必要

5G通信を利用するためには、5G通信に対応する端末が必要です。
そのため手持ちの端末が4G通信にしか対応していない場合は、例え5G通信のエリア内で5G対応プランを契約しても5Gの恩恵を受けることはできません。

5G対応のホームルーターを申し込む場合は、5Gに対応する端末も同時に購入しましょう。
例えばモバレコAirなら、3年間利用すれば実質無料で5G対応の端末を購入可能です。ホームルーターを長期間利用する予定があるなら、実質無料で購入できる端末を探すのもおすすめです。

5G対応のホームルーターの申込手順

申込手順

ここからはホームルーターを使ってみたいと思った方のために、申し込みの手順を紹介します。 次の3つの手順で簡単に利用できますよ。

  • 1.生活圏が5G対応エリアか確認する
  • 2.希望のWebサイトから申し込み
  • 3.ホームルーターが届いたら初期設定を行い利用開始

順番に詳しく解説していきます。

生活圏が5G対応エリアか確認する

希望のホームルーターが決まったら、まずは生活圏内で利用できることを確認します。

5G対応エリアはまだまだ全国的ではなく、一部地域では利用できない可能性もあります。

対応エリアは下記の公式サイトから確認できます。

ドコモ home5Gドコモ サービスエリアマップ
WiMAXWiMAX エリアマップ
auau エリアマップ
ソフトバンクエアーソフトバンクエアー 5Gサービス提供住所リスト

5G対応エリア外でも4G回線は使用できます。5G対応エリアはどんどん拡大されているので、5Gプランを申し込み4G回線を使いつつ、5G対応エリアが拡大するのを待つ方法もあります。

希望のWebサイトから申し込み

ホームルーターはオンラインや家電量販店、各社の実店舗から申し込み可能です。しかし、少しでもおトクに申し込むためには、オンラインでの申し込みがおすすめ。

オンラインからの申し込みは、キャッシュバックや月額料金の割引などのキャンペーンも豊富です。 Webサイトから申し込まなければキャンペーンは適用されませんので、注意しましょう。

ホームルーターが届いたら初期設定を行い利用開始

ホームルーターが自宅に届いたら、初期設定を行い利用開始します。 初期設定はとても簡単。SIMカードを挿入し、パソコンやスマホなどと接続すればすぐに使えるようになります。

5G対応エリア外の場合におすすめのホームルーター

5G対応エリアはまだまだ狭いため、5G対応ホームルーターが使いたくても対応エリア外で使えないこともあります。

5G対応エリア外の場合は、次の2つのホームルーターがおすすめです。

  • ・月額料金が安い!「モバレコAir
  • ・端末がレンタルできて契約期間に縛りなし!「縛られないWiFi

詳しく紹介していきます。

月額料金が安い!「モバレコAir」

〇モバレコAir概要(Airターミナル4)

月額費用1~2ヶ月目:2,167円
3~12ヶ月目:3,080円
13~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目~:5,368円
実質月額2,940円
契約年数なし
初期費用事務手数料:3,300円
使用回線サービスSoftBank Air
最大下り通信速度*12.1Gbps
平均実測下り速度*238.79Mbps
主なキャンペーン・最大30,000円キャッシュバック
・WiFiストア限定 最大10,000円キャッシュバック
・モバレコAir限定月額キャンペーン
・あんしん乗り換えキャンペーン
・Airターミナル4!特別割引キャンペーン

*1 最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。5G提供エリアは一部です。
*2 平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています。(2022年7月調べ)

モバレコAirは、5G対応エリア外の場合や、5G回線は必要ない方のために4Gプランを選ぶこともできます。
4Gプランは5G対応プランと比較すると、実質月額料金が安いです。キャッシュバックやキャンペーンも5Gプランと同様に受けられ、4G端末を購入するならさらに割引もあります。

実質月額は2,940円(税込)と5Gプランと比較すると安いので、とにかく月額料金の安さを重視する方にもおすすめです。

端末がレンタルできて契約期間に縛りなし!「縛られないWiFi」

〇縛られないWiFi概要(ギガ放題プラン:Speed Wi-Fi HOME L02)

月額費用4,620円
実質月額4,706円
契約年数なし
初期費用事務手数料:3,300円
使用回線サービスWiMAX2+、au 4G LTE
最大下り通信速度*11.0Gbps*3
平均実測下り速度*249.99Mbps
主なキャンペーン

*1 最大通信速度は技術規格上の最大値です。実際の通信速度を示すものではありません。
*2 平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から参照しています。(2022年7月調査)
*3 下り最大1.0Gbps・上り最大75Mbpsは、ハイスピードプラスエリアモードご利用かつLANケーブル接続時の下り最大速度です。一部エリアで提供。最新エリア情報はUQホームページでご確認ください。USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。

縛られないWiFiは、契約期間の縛りがないホームルーターです。

契約期間の縛りがない「ギガ放題プラン」(WiMAX)、「30GBプラン」、「50GBプラン」(クラウドSIM)の3つのプランを展開しています。
契約期間1年の「1年おトクコース」を選べば、月額料金はさらに安くなり口座振替を選べるようになります。

なかでもおすすめなのは、WiMAXの「ギガ放題プラン」です。 月額料金が高くなるものの、月間データ通信量の上限がありません。(※1)

※1 ギガ放題プランは、速度回避のための速度制限(3日間で10GB以上使用時)があります。3日で10GB超過後、翌日18時頃から翌々日2時頃にかけて通信速度を概ね1Mbpsの制限になります。 ハイスピードプラスエリアモードでの通信速度制限(月間7GB超)が適用後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信そのものも制限対象となります。ハイパースピードプラスエリアモードご利用時は7GB/月間です。

5G通信には対応していませんが、Speed Wi-Fi HOME L02なら最大下り通信速度は1.0Gbps*と高速です。

* 下り最大1.0Gbps・上り最大75Mbpsは、ハイスピードプラスエリアモードご利用かつLANケーブル接続時の下り最大速度です。一部エリアで提供。最新エリア情報はUQホームページでご確認ください。USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。

端末はレンタルできるので、高額な端末費用がかからないこともメリットです。

ホームルーターを使用する場所が5G対応エリア外の場合は、4Gのホームルーターも検討してみましょう。

5Gホームルーターのよくある質問

よくある質問

5Gホームルーターによくある質問を解説していきます。 5Gはまだまだ馴染みのないサービスです。 気になるポイントがある方は、ぜひチェックしてみてください。

そもそも5Gとは?

5Gとは「5th Generation」の略語で、第5世代移動通信システムのことを指します。 現在、スマホなどで利用されているのは「4G LTE」なので、まさに次世代の通信システムです。

5Gの特徴は、従来の通信システムより下記の点で優れていることです。

  • ・大容量の高速通信
  • ・低遅延
  • ・多数の機器を同時接続可能

単純なメリットを挙げると、通信速度が速くなります。 ゲームや動画など、反応速度や通信速度が重要なコンテンツを楽しみやすくなるでしょう。

知っておきたい「Sub6」と「ミリ波」

5Gには2種類の電波があり、「Sub6」「ミリ波」と呼ばれています。 それぞれ使用する周波数帯が違うので特徴が異なります。

〇Sub6とミリ波の違い

 周波数帯特長
Sub66GHz未満・日本の5Gでは3.7GHz帯と4.5GHz帯
・通信範囲が広い
・4G技術の転用ができ、環境整備が早い
・障害物に強い
・通信速度はミリ波より大きく劣る
ミリ波30~300GHz・日本の5Gでは28Hz帯
・通信速度が速く、低遅延
・多数の機器を同時接続できる
・電波の届く範囲が狭い
・障害物に弱い

スマホの場合、どちらかの電波にしか対応していないこともあります。 5G通信機器を購入する際は、利用したい電波を拾えるか確認すると良いでしょう。

また、WiMAXの対応エリアマップをよく見ると、5GエリアがSub6とミリ波で分かれています。 5Gエリア内だからと言って、どちらの電波も使えるとは限らないので注意しましょう。

5G対応ホームルーターは無制限で使える?

どの5G対応ホームルーターもデータ通信容量の上限はありませんが、完全な無制限とは言えません

各社の通信制限をまとめると、下記のようになります。

ソフトバンクAir使用する時間帯や提供エリアで通信量が増えた場合に制限される可能性あり。
WiMAX(5G)一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限される可能性あり。
home5Gネットワークの混雑状況や直近3日間でデータ利用量が多い場合は通信速度制限される可能性あり。

ホームルーターは、一度に利用する通信容量が多い場合や、利用が混雑する時間帯(夜間など)に通信制限がかかる可能性があります。

ただし、上記の表からもわかる通り、各社通信制限がかかる基準については明言していません。そのため、ある程度自由に使うことはできます。
しかし、いつ通信制限がかかるか予想ができない点がデメリットでもあります。

ドコモhome5Gに通信制限はある?

home5g データ容量無制限

ドコモhome5Gは月間データ容量無制限で使用できます。

しかし、上述した通り完全は無制限とは言えず、一時的にインターネットを大量に使用すると通信制限がかかり通信速度が遅くなる可能性があります。

ドコモhome5Gの公式サイトには下記のとおり注意事項が記載されています。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。
なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。
引用:ドコモ公式サイト:home5Gのプランについての注意事項

どれだけのデータ通信で発生するのか、どの程度遅くなるのかなどの詳細は明言されていません。いつ通信制限がかかるか予想できないので、大量のデータ通信を行った場合は注意しましょう。

auやドコモ、ソフトバンクの5G対応エリアを知りたい

各回線サービスの5G対応エリアは、公式ページのエリアマップで確認できます。 今回ご紹介した、WiMAX・au・ドコモの5G対応エリアは、下記リンクから確認可能です。

まとめ

5G通信はまだ広い範囲に普及しておらず、使える場所が限られます。 5G対応ホームルーターを検討している方は、自宅が対応エリア内か必ず確認しておきましょう。

また、5G対応ホームルーターは通信速度が向上するのがメリットですが、月額料金が高いのがデメリット。 費用対効果が十分高いのか、自身がインターネット接続で何をしたいのかを考えて検討してみてください。

当記事では5G対応のホームルーターならモバレコAirBroadWiMAX速度面ではhome5Gをおすすめしています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。