ホームルーターのメリット・デメリット!固定回線 / モバイルWi-Fiルーターとの違いも解説

42578 views

今やインターネット回線は、一家に一回線引かれているといっても過言ではないほど普及しています。
みなさんのお家のインターネット環境はどのようになっていますか?
固定回線の代名詞ともいえる「光回線」。
外出先でも使える「モバイルWi-Fiルーター」。
回線工事不要の「ホームルーター」。
一口にインターネット環境といっても、様々なタイプがありますよね。

今回はそんなインターネット環境のうち、「ホームルーター」に着目。

ホームルーターとはいったいどんなサービスなのか。
ホームルーターを選ぶメリット・デメリットや、おすすめのサービスはどれなのか。
固定回線やモバイルWi-Fiルーターとの違いとは?
気になる部分を徹底的に解説していきたいと思います。

※本記事は2022年9月1日に更新されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

 

ホームルーターとは

ホームルーター

「ホームルーターという名前だけは知っているけど、詳しくはよく知らない…」
そんな方のために、まずホームルーターの特徴について解説していきます。

ホームルーターとは、コンセントに接続するだけですぐにインターネットが使えるようになる機器のことです。
有線ケーブルではなく、電波(無線)を介してインターネットに接続することから、回線工事不要で手軽にインターネットを楽しめるところが魅力といえます。

ホームルーターのメリット

ホームルーター

ホームルーターのメリットを一言で表すと、「手軽さと通信性能の両立」です。
導入が簡単なので、手軽に自宅用のネット回線を用意したい方や、引っ越しが多い方におすすめといえます。

ホームルーターのメリットを、6つの項目に分けてご紹介しましょう。。

ホームルーターのメリット
工事不要。届いたその日に使える
設定がラクラク
モバイルWi-Fiルーターよりも電波が安定している
固定回線よりも料金が安い
同時に接続できる台数が多い
引っ越し先でも使える

①:工事不要。届いたその日に使える

ホームルーターは、端末が届いたらコンセントに挿すだけで使えるところが強みです。
回線工事がいらないことから、固定回線と比べて下記のようなメリットがあります。

〇工事不要のメリット

  • ・機器が届いたらすぐ使える(工事がある場合、ネット開通まで1~2ヶ月ほどかかる)
  • ・立会い工事のためのスケジュール調整が不要
  • ・平均2万~4万円ほどの回線工事費が浮く
  • ・業者さんを家にあげなくて済む

工事をしないことで、時間もお金も節約できます。
ホームルーターは手軽にインターネット回線を用意したい方におすすめです。

 

②:設定がラクラク

ホームルーターの設定手順はいたってシンプル。誰でも簡単に、インターネットが使えるようになる点がメリットといえます。

設定手順は以下の通りです。

  • 1.ネットに繋げたいパソコンやスマホのWi-Fi設定をオンにする
  • 2.パソコンやスマホのWi-Fi設定画面で「ホームルーターのネットワーク」を選択し、接続用のパスワードを入力
  • 3.接続完了

手順はたったこれだけなので、設定に自信がない人でも安心してスタートすることができます。

 

③:モバイルWi-Fiルーターよりも電波が安定している

ホームルーターはモバイルWi-Fiルーターよりもアンテナが強く、通信が安定するところが強みです。

端末が大きいことや、コンセント必須の製品であることから、気軽に持ち運ぶことはできませんが、ネットに同時接続できる端末数も多く、一台で家族全体のインターネット環境をカバーすることができます。

ちなみに筆者は2階建ての一軒家に住んでおり、1階にホームルーターを設置して2階の寝室で使うこともありますが、通信が途絶えることなく快適に使えています。

 

④:固定回線よりも月額が安い

ホームルーターの月額料金は、光回線(固定回線)と比べて安い傾向にあります
月額料金は業者によって異なりますが、ホームルーターの平均月額は3,000~5,000円前後。
光回線の平均月額は4,000~6,000円前後が相場です。

固定回線とホームルーターの費用比較については、下記の記事で詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

⑤:同時に接続できる台数が多い

ホームルーターはモバイルWi-Fiルーターと比べて、同時に接続できる台数が多い点がメリットです。

機種によって最大接続台数は異なりますが、ホームルーターの場合は20~60台。
モバイルWi-Fiルーターの場合は10~16台ほど、同時に接続することができます。

ホームルーターであれば、パソコンやタブレットが豊富にあるご家庭でも安心して使用することが可能です。

 

⑥:引っ越し先でも使える

ホームルーターは、サービス圏内かつコンセントがある場所ならどこでも使えます
出張先や実家はもちろん、引っ越し先でも利用可能。
移行作業も簡単で、利用したい場所に持っていき、コンセントに挿すだけです。

ホームルーターの利用に際して住所登録が必要なサービスもありますが、登録住所の変更手続きはオンラインでできるため、それほど手間もかかりません。

引っ越しが多い方や、一時的に単身赴任する方には特にメリットの大きいサービスといえるでしょう。

 

ホームルーターのデメリット

ホームルーター

これまでたくさんのメリットについて紹介してきましたが、残念ながらホームルーターも万能ではありません。
ホームルーターのデメリットは以下の4つです。

自分のネット用途を満たせるかどうか、確認してみましょう。

ホームルーターのデメリット
固定回線より通信の安定性・速度で劣る
速度制限のリスクがある
持ち運びが出来ない
電波の入りやすさを考慮する必要がある

①:固定回線より通信の安定性・速度で劣る

ホームルーターは光回線のような固定回線と比べると、通信の安定面でやや劣ります
なぜなら、ホームルーターは建物の構造や電波状況に左右されやすい「モバイル回線(無線)」を介して、インターネットに接続するサービスだからです。

また、当然ながら通信速度も、光回線の方が優れています。
通信の安定性を重視したい方や、通信速度に強いこだわりがある方は、ホームルーターよりも光回線がおすすめといえるでしょう。

 

②:速度制限がかかるリスクがある

ホームルーターは現在「WiMAX」「SoftBank」「ドコモ」「au」の4社がサービスを展開していますが、いずれもネットの使い方によっては速度制限がかかる可能性があります。

各社の速度制限のルールについてまとめました。

<WiMAX>

  • ●WiMAX +5G対応プランの場合
    一定期間内に大量のデータ通信を行った場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される場合があります。
  •  

  • ●WiMAX4G対応プランの場合
    直近3日間で10GB以上データ通信を行うと、翌日の夕方18時~深夜2時まで通信速度が最大1Mbpsに制限されます。
  • WiMAX通信制限

<SoftBank・ドコモ・au>

  • ・夜間などの回線が混雑する時間帯や、特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、速度制限がかかる可能性があります。
  • ・一定期間内に大量のデータ通信を行った場合、通信速度が制限される場合があります。

上記をまとめると、ホームルーターはいずれのサービスも「短期間で大量のデータ通信を行った場合や、回線が混雑した場合は一時的に通信速度が落ちる可能性がある」といえます。

大容量のデータをやり取りする方は、光回線などの固定回線も検討してみましょう。

 

③:持ち運びが出来ない

ホームルーターにはバッテリーが搭載されていないため、コンセントのない場所では使用することができません
そもそも端末が大きく、持ち運びには向いていないため、基本的には室内での使用に限られます。

移動中も使いたい人は、モバイルWi-Fiルーターの利用がおすすめです。

 

④:電波の入りやすさを考慮する必要がある

ホームルーターは無線を利用したモバイル回線なので、電波の入りが良い場所を設置場所に選ぶ必要があります。

電波の受信状況が悪いと、通信が不安定になったり、通信速度が遅くなったりするので注意が必要です。

〇ホームルーターの置き場所を決めるポイント

  • ・周囲に障害物がない
  • ・電波の出る家電(電子レンジ)や金属の近く、水周りは避ける
  • ・床から1~2mの高さを目安に置く
  • ・電波の入りが悪いときは窓際に置く

なおホームルーターを始めとする各インターネットサービスには「初期契約解除制度」という、クーリングオフに似た制度があります。

もしホームルーターを契約した後に「電波の入りが悪い」「うまく繋がらない」という事態になっても、端末到着から8日以内に申請すれば事務手数料(税込3,300円)のみで契約をキャンセルすることが可能です。

自宅での使用感を契約前に確認できるよう、短期間のお試しプランを用意している業者もあるので、電波の入りが不安という方はぜひ活用してみてください。

 

【11社比較】ホームルーターの費用の相場は?

ホームルーター

ホームルーターの月額料金は、契約するサービスによって大きく異なります。
実際には月々どれくらいの費用がかかるのか、おすすめ11社のプランを調査してみました。

なお今回は「実質月額」もあわせて掲載しています。
実質月額とは、別途かかる初期費用や、キャッシュバックによる割引を考慮した費用です。
以下の計算式で算出しています。

〇実質月額計算式

  • 実質月額=(月額費用×契約月数 + 初期費用 – キャッシュバック・割引特典)/契約月数

それでは人気11社の表をもとに、実際の費用を見てみましょう。

〇ホームルーター費用等比較

サービス名回線サービス月額費用実質月額※1契約期間キャッシュバック・割引
モバレコAirSoftBank(5G)2,167円~3,470円なし・モバレコAir限定月額キャンペーン
・最大30,000円キャッシュバック
・機種代金分 月月割り
SoftBankSoftBank(5G)4,180円~4,687円なし・機種代金分 月月割り
WiFi MAX革命セットホームルーター:
SoftBank(5G)
モバイルWi-Fiルーター:
クラウドSIM
2,167円~4,035円なし※2・最大10,000円キャッシュバック
・(ホームルーター購入の場合)
機種代金分 月月割り
・モバイルWi-Fiルーター
無料レンタル
Broad WiMAXWiMAX(5G)1,397円~4,603円~2年 or なし・初期費用無料
・事務手数料無料(WiFiストア限定)
縛られないWiFiWiMAX4,620円4,710円なし・端末無料レンタル
DTI WiMAXWiMAX4,180円~4,307円2年・はじめる割
・端末代金実質無料
カシモ WiMAXWiMAX(5G)1,408円~4,387円なし・初月月額割引
・端末代金実質無料
UQ WiMAXWiMAX(5G)4,268円~4,739円なし・端末代金5,980円~(オンラインショップ限定)
home 5GWiMAX(5G)4,950円5,040円なし・端末代金実質無料
GMO とくとくBBWiMAX(5G)1,474円~3,598円2年・最大23,000円キャッシュバック
・月額36ヶ月間割引
BIGLOBE WiMAX +5GWiMAX(5G)1,166円~4,537円なし・初月月額0円
・最大10,000円キャッシュバック

※横にスクロールできます。

※(5G)の表記があるものは5Gプランです。
※1 実質月額の契約月数は37ヶ月で統一して計算しています。
※2 モバイルWi-Fiルーターは2年以上の利用不可(延長も不可)。

 

上記の表を見てお分かりになるかと思いますが、ホームルーターの月額料金は3,000円~5,000円前後が相場です。

中でも特に実質月額が安いサービスは、「モバレコAir」でした。
詳しいサービス内容については次の見出しで紹介するので、ホームルーターをお得に契約したい方はぜひ参考にしてみてください。

 

ニーズ別!ホームルーターのおすすめサービス一覧

ホームルーター

各社のホームルーターのプランは料金面ひとつ取っても、特徴が大きく異なります。
また「契約期間がないもの」「通信速度に定評があるもの」など、サービスによって特色が違うところもポイントといえるでしょう。

そこで「どのホームルーターを契約したらいいか分からない」という方に向けて、ニーズ別のおすすめサービスをまとめてみました。

 

料金の安さを重視したい方は「モバレコAir」がおすすめ

〇モバレコAir概要

月額料金1~2ヵ月目:2,167円
3~24ヵ月目:3,679円
25ヵ月目:5,368円
初期費用事務手数料:3,300円
端末代:月月割により実質0円
回線SoftBank(5G)※2
データ容量上限なし※3
端末最大下り速度※12.1Gbps
同時接続可能台数最大128台
契約期間なし
支払い方法クレジットカード
口座振替

※1 表記の速度はスペック上の最大値です。実際の通信速度を表す値ではありません。また、SoftBank Airでご利用いただける5G対象エリアは限られます。
※2 SoftBank Airでご利用いただける5G対象エリアは限られます。事前に対象エリアをご確認の上、ご契約ください。5Gエリアに加えて4Gエリアでもご利用いただけます。 また、ご利用にはAirターミナル5が必要です。
※3 ベストエフォート形式のため、お客様の通信環境により実際の通信速度は変化します。ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。詳しくは公式サイト「SoftBank Airの速度制限などについて」をご確認ください。

利用料金の安さを重視したい方は、実質月額がリーズナブルな「モバレコAir」がおすすめです。

「モバレコAir」とは、株式会社グッド・ラックが提供しているホームルーターサービスのこと。
協力会社であるソフトバンクのホームルーター「SoftBank Air」に、株式会社グッド・ラックが独自の料金プランや特典を付与して提供しているサービスになります。

「SoftBank Air」の性能はそのままに、モバレコAir独自の月額割引やキャッシュバックによってお得に契約できるところが魅力です。
2年間の月額割引に加え、最大30,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを行っています。
なるべく安くホームルーターを契約したい方にうれしいポイントです。

また、「あんしん乗り換えキャンペーン」により、他回線からの乗り換えでもお得です。
乗り換え時、他回線サービスの違約金と撤去工事費用を最大100,000円まで還元。
契約期間を気にせず、いつでもモバレコAirに切り替えられます。

ホームルーターを検討している方は、ぜひモバレコAirの公式サイトをチェックしてみてください。

 

安く2台持ちしたい方には「WiFi革命セット」もおすすめ

〇WiFi革命セット概要

「モバレコAir」「ONE MOBILE」
月額料金
(税込)
1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月以降:5,368円
※ホームルーター端末購入・36回払いの場合
契約期間なし上限2年間
※延長不可
回線SoftBank(5G)※1クラウドSIM
月間データ容量上限なし※1100GB/月※2
端末代金
(税込)
購入:実質無料
レンタル:539円/月
無料レンタル
事務手数料
(税込)
3,300円

※横にスクロールできます。

※1 SoftBank Airでご利用いただける5G対象エリアは限られます。事前に対象エリアをご確認の上、ご契約ください。5Gエリアに加えて4Gエリアでもご利用いただけます。 また、ご利用にはAirターミナル5が必要です。
※2 ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。詳しくは「SoftBank Airの速度制限などについて」をご確認ください。

※3 月間容量を超過後は当月末まで最大128Kbpsに速度制限となり、翌月1日の午前0時に解除されます。

 

「モバレコAir」のリーズナブルさに興味があり、自宅でも外出先でもネットをよく使うという方は、「WiFi革命セット」も一度検討してみるとよいでしょう。

「WiFi革命セット」とは、ホームルーターの「モバレコAir」と、モバイルWi-Fiルーター「ONE MOBILE」がセットになっているプランです。

最大の魅力は、ホームルーター「モバレコAir」約1台分の月額料金で、モバイルWi-Fiルーターも使えるようになること。

ホームルーターとモバイルWi-Fiルーターの2台持ちも考えている方には、特にお得なプランになっています。
また、10,000円キャッシュバックキャンペーンも行っているのでさらにおトクに利用できます。

「WiFi革命セット」については以下の記事でも詳しく紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

他社からの乗り換えを考えている方におすすめ。「Broad WiMAX」

〇Broad WiMAX概要

プラン名ギガ放題バリュープランギガ放題フリープラン
月額料金
(税込)
初月:1,397円
1ヶ月目以降:3,883円
初月:1,397円
1ヶ月目以降:4,070円
初期費用事務手数料:0円(WiFiストア限定)
端末代:21,780円(分割払い可)
データ容量上限なし※3
端末最大下り速度※1,22.7Gbps
契約期間2年なし

※横にスクロールできます。

※1 表記の速度はスペック上の最大値です。実際の通信速度を表す値ではありません。
※2 5G通信は一部エリアでのみ提供されています。
※3 一定期間内に大量のデータ通信を利用した場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される場合があります。

 

「Broad WiMAX」は、他社インターネットサービスからの乗り換えを考えている方におすすめです。

「Broad WiMAX」では、他社から「Broad WiMAX」に乗り換える方を対象に、最大19,000円の違約金を補助するキャンペーンを実施中。
また、「Broad WiMAX」から他回線へ乗り換える方を対象とした、「いつでも解約サポート」という制度も設けています。
この制度を使えば、「Broad WiMAX」が紹介するインターネット回線への乗り換えについては、いつでも違約金0円で行うことが可能です。

他社からの乗り換えを考えている方や、契約の見直しを気軽に行いたい方におすすめのサービスといえるでしょう。

 

契約期間・機種代金なしで使いたい方におすすめ。「縛られないWiFi」

〇縛られないWiFi概要

プラン名WiMAX
ギガ放題プラン
クラウド
30GBプラン
クラウド
50GBプラン
月額料金
(税込)
4,620円3,190円3,740円
初期費用事務手数料:3,300円
データ容量上限なし※230GB/月※350GB/月※3
端末最大下り速度※11.2Gbps※4150Mbps
契約期間なし

※横にスクロールできます。

※1 表記の速度はスペック上の最大値です。実際の通信速度を表す値ではありません。
※2 直近3日間で10GB以上のデータ通信を行った場合、翌日18時~深夜2時まで通信速度が最大1Mbpsに制限されます。
※3 規定のデータ通信量を超えた場合、通信速度が月末まで最大128kbpsに制限されます。
※4 下り最大1.2Gbps・上り最大75Mbpsは、ハイスピードプラスエリアモード、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンでご利用時の下り最大速度です。一部エリアで提供。最新エリア情報はUQホームページでご確認ください。USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。

 

契約期間や機種代金の分割払いといった縛りを避けたい方には、「縛られないWiFi」がおすすめといえます。

本来インターネットサービスには、一定期間契約し続ける必要がある「契約期間」が設けられていることが多いです。

また契約期間がなくても、機種代金が年単位の分割払いになっているなど、すぐにはサービスを解約しにくい縛りが設けられていることもあります。

一方「縛られないWiFi」にはサービス名のとおり、契約期間の縛りも、機種代金の分割払いによる縛りもない「縛られないコース」が用意されています。

短期間だけホームルーターを使いたい方や、いつでも解約しやすいプランがいい方におすすめといえるでしょう。

 

通信速度を重視したい方は「ドコモhome 5G」がおすすめ

〇home 5G概要

月額料金4,950円※1
初期費用端末代:月々サポートにより実質0円
(オンラインショップ限定)事務手数料:0円
回線ドコモ(5G)
データ容量上限なし※2
端末最大下り速度4.2Gbps※3,4
契約期間なし

※1 月額料金にはISP料金を含みます。また、別途対応機種代金が発生します。
※2 ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。
※3 5G通信は5Gエリア内に限られます。通信速度は機器設置場所の通信サービスの提供状況によります。また、有線LAN通信時は受信最大1,000Mbps、Wi-Fi通信時は受信最大1201Mbpsです(いずれも技術規格上の最大値)。機器接続時の通信速度は、お客さまの通信環境と接続機器の規格により異なります
※4 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。

「物件の都合で回線工事はできないけど、通信速度は重視したい!」
そんな方には「ドコモ home 5G」をおすすめします。

まず注目したいのが、「ドコモ home 5G」のホームルーター「HR01」のスペックです。
最大受信速度は4.2Gbpsと、他社のホームルーターと比べても高い数値を誇ります。

また、実際にそのサービスを使っている人が調べた通信速度「実測値」においても、「ドコモ home 5G」の通信速度は他社と比べて速いところが大きな特徴です。

「ドコモ home 5G」と、他のホームルーター2社の実測値を比べてみました。

サービス名機種名平均実測値
(ダウンロード)
平均実測値
(アップロード)
ドコモ home 5GHR01234.35Mbps20.43Mbps
Broad WiMAXSpeed Wi-Fi HOME 5G L1279.71Mbps15.63Mbps
SoftBank AirAirターミナル591.99Mbps9.41Mbps

※横にスクロールできます。

※実測値は「みんなのネット回線速度」を参照しています。(2022年8月19日以前直近3ヶ月の実測平均値)
ドコモ home 5G
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Airターミナル5

 

上記の通り、「ドコモ home 5G」の通信速度はダウンロード速度・アップロード速度ともに速いことがわかります。

通信速度の目安として、同社の光回線「ドコモ光」の実測値とも比べてみましょう。

サービス名サービスタイプ平均実測値
(ダウンロード)
平均実測値
(アップロード)
ドコモ home 5Gホームルーター234.35Mbps20.43Mbps
ドコモ光光回線272.65Mbps222.41Mbps

※横にスクロールできます。

※実測値は「みんなのネット回線速度」を参照しています。(2022年8月19日より直近3ヶ月の実測平均値)
ドコモ home 5G
ドコモ光

 

アップロード速度においては固定回線の「ドコモ光」と桁一つ分の差がありますが、ダウンロード速度についてはモバイル回線の「ドコモ home 5G」も、光回線に迫る速度が出ています。

他社のホームルーターと比べて月額料金は税込4,950円とやや高めではあるものの、通信速度を重視したい方は満足しやすいサービスといえるでしょう。

なおドコモユーザーの方は、「home 5G セット割」を利用することでドコモスマホの月額料金の割引を受けることも可能です。
ドコモユーザーの方はぜひ活用してみてください。

 

シンプルに5Gを利用したい方におすすめ。「カシモ WiMAX」

〇カシモ WiMAX概要

プラン名+5Gギガ放題プラス
縛りなしプラン
月額料金
(税込)
初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,378円
初期費用事務手数料:3,300円
端末代:割引サポートにより実質0円
データ容量上限なし※3
端末最大下り速度※1,22.7Gbps
契約期間なし

※横にスクロールできます。

※1 表記の速度はスペック上の最大値です。実際の通信速度を表す値ではありません。
※2 5G通信は一部エリアでのみ提供されています。
※3 一定期間内に大量のデータ通信を利用した場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される場合があります。

 

「カシモ WiMAX」は、シンプルな料金体系で5G回線を利用したい方におすすめです。

「カシモ WiMAX」の料金体系は、契約初月のみ1,408円で以降はずっと月額4,378円というシンプル設計になっています。
加えて、初期費用も端末代が割引サポートで実質0円になり、オプション加入なども不要のため、事務手数料の3,300円のみ。

「プロバイダ料金は、キャッシュバックの条件が複雑だったり、途中で月額が変動したりで分かりにくい」という方に、ピッタリのサービスと言えます。

 

モバイルWi-Fiルーター / 固定回線との違いは?

ホームルーター

ホームルーターのメリット・デメリットや、おすすめのサービスについてご紹介しました。
最後に、ホームルーターと他回線の違いについて簡単におさらいしておきましょう。

記事冒頭でも触れたとおり、インターネット回線は「ホームルーター」「モバイルWiFiルーター」「光回線(固定回線)」の3種類に分けられます。

それぞれの特徴を比較してみましょう。

〇インターネット回線3種類の特徴比較

通信速度通信安定性費用の安さ手軽さ持ち運び可否
ホームルーター
モバイル型WiFiルーター
光回線××

※横にスクロールできます。

表をまとめると、各回線は以下のような方におすすめです。

  • ・ホームルーター:手軽に自宅用のインターネット回線を用意したい人
  • ・モバイル型WiFiルーター:外出先でもインターネット回線を使いたい人
  • ・光回線:通信速度・安定性に優れたインターネット回線が欲しい人

ホームルーターとモバイルWi-Fiルーターの違い

ホームルーターとモバイルWi-Fiルーターの大きな違いは、「持ち運びが可能かどうか」と「アンテナの強度」の2点です。

<ホームルーター>

  • ・持ち運び【△】…コンセントに挿さないと使えないため、持ち運びには不向き
  • ・アンテナの強度【〇】…据え置き機ならではのアンテナを搭載。通信が安定しやすい

<モバイルWi-Fiルーター>

  • ・持ち運び【◎】…バッテリーを内蔵。外出先でも使うことができ、置く場所にも困らない
  • ・アンテナの強度【△】…電波の入りが悪い場所では、通信が途切れやすい

以上の特徴から、自宅用ならホームルーター
外出先でも使いたいならモバイルWi-Fiルーターがおすすめといえます。

なお、どちらもモバイル回線を使用しており、無線でインターネット接続をする点は同じです。
プランも共通の場合が多く、費用面や工事不要などの手軽さは変わりません。

ホームルーターと固定回線の違い

ホームルーターと固定回線の違いは、「回線工事の有無」と「通信の安定性」の2点です。

<ホームルーター>

  • ・回線工事【不要】…工事費はもちろん、工事のスケジュール調整の手間もかからない
  • ・通信の安定性…【〇】…インターネットの利用には問題ないが、固定回線には劣る

<固定回線>

  • ・回線工事【必要】…工事費がかかる他、工事当日は立ち会う必要がある
  • ・通信の安定性【◎】…有線通信ならではの通信速度や安定性が魅力

F以上の特徴から、回線工事のない利便性を求めるならホームルーター。
FPSゲームや高画質動画のストリーミング再生など、通信性能が重要なコンテンツを楽しみたい方には固定回線が適しているといえます。

ただし、普段のネット用途によってはホームルーターの通信速度でも十分というケースもあります。

特にゲームについては、ホームルーターでも楽しむことが可能です。
実際にホームルーターやモバイルWi-Fiルーターでゲームを試した記事もあるので、参考にしてみてください。

 

まとめ:ホームルーターはどんな人におすすめか?

まとめ

ホームルーターのメリット・デメリットの他、おすすめのサービスなどをご紹介しました。

ホームルーターは、手軽に自宅用のインターネット回線を用意したい人に特におすすめできるサービスです。
工事不要で難しい設定もいらないので、初めてインターネット回線を契約する方も使いやすいでしょう。

光回線と比べると通信性能・安定性は劣りますが、費用の安さと手軽さで勝ります。
普段のインターネットの用途に合わせて、自分にぴったりのサービスを選んでみてくださいね。

 

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。