無制限で使えるホームルーターはある?おすすめも紹介

944 views

工事不要で使えて自宅用に便利なインターネット回線であるホームルーター。
しかし、データ通信量が増え「ギガ不足」という言葉も生まれる昨今、データ使用容量の制限が気になるところですよね。

今回は、ホームルーターのデータ容量制限や速度制限についてまとめました。
データ容量無制限のホームルーターはあるのか、速度制限がかかる条件は何かなど、気になるポイントを詳しくご紹介していきます。
ぜひ最後までご覧になってください。

※本記事は2021年8月4日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

月間データ容量無制限のホームルーターは2種類!ただし注意点もあり

ホームルーター

ホームルーターで月間データ容量を無制限で使えるのは「ソフトバンクエアー」と「WiMAX」の2種類です。
ただし、どちらも速度制限が掛かる場合があり、「完全無制限」で使えるわけではありません
それぞれの制限内容を簡単に説明すると、下記のようになります。

ソフトバンクエアー

使用する時間帯や提供エリアで通信量が増えた場合に制限される可能性あり。

WiMAX

直近3日間で15GB(もしくは10GB)以上使用すると翌日18時~深夜2時まで通信速度を1Mbpsに制限。

とくにWiMAXは短期間での制限がありますが、使い方次第で無制限のように使用することも可能です

それぞれの特徴を交えて、どんな人におすすめかを詳しく確認してみましょう。

容量無制限で使うならソフトバンクエアーがおすすめ

単純に日々のデータ通信量を気にしたくない方には、ソフトバンクエアーがおすすめです。
データ使用量によって通信制限がかかることが無いため、動画やゲームも気にせず楽しむことができます。

ただし、状況次第では速度制限がかかることがあるため、注意が必要です。

〇通信制限内容

  • ・夜間などの利用が集中する時間帯は、サービス安定提供にともなう通信速度制限が発生する場合がある。
  • ・特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアでサービス安定提供にともなう通信速度制限が発生する場合がある。

ソフトバンクエアーは周囲の利用状況によって通信制限が発生するため、自分では速度制限をコントロールできないというデメリットがあります
どれだけ自分がデータ通信を行っていなくても、速度が制限される可能性があります。

使い方次第で実質容量無制限にできるWiMAX

WiMAXはソフトバンクエアーと違い、短期間でのデータ通信量の制限があります。
ただし、「午前~夕方に利用する人」「データ通信量を計画的にコントロールできる人」にはおすすめのホームルーターです。

まずは詳しい制限内容を確認してみましょう。

〇通信制限内容

  • ・ギガ放題プラン:直近3日間で10GB以上使用すると混雑する時間帯(翌日18時~深夜2時まで)で通信速度を1Mbpsに制限。
  • ・ギガ放題プラスプラン:直近3日間で15GB以上使用すると混雑する時間帯で通信速度を1Mbpsに制限。

プランによって内容が少し異なり、ギガ放題では3日間で10GB、5Gプランであるギガ放題プラスでは15GBまでの制限となっています。

ポイントとなるのは、制限が掛かるのは翌日18時~深夜2時までということです。
仮に3日間のデータ通信量が10GBを超えていても、午前中から夕方18時までの使用なら無制限で利用できます

また、どれだけデータを使っても3日間我慢すると速度制限は解除されます。
たとえば下図のように、1日で50GBを使っても3日間データ通信量を抑えれば速度制限は解除されます。

〇使用イメージ

10GB以上使用しても制限が掛かるのは翌日以降なので、その日の間は速度制限なしで利用可能です。
使う日、使わない日を決めて通信量をコントロールできる方は、あまり制限を気にせず利用できるでしょう。

それぞれどんな人におすすめ?

それぞれのホームルーターのメリット・デメリットと、おすすめできる人をまとめてみました。

〇特徴とおすすめできる人

ソフトバンクエアーWiMAX
メリット・データ通信量を気にする必要が無い・午前中から夕方までは制限が掛からない
・制限を掛けられても1Mbpsの速度は出る
デメリット・いつ速度制限がかかるか分からない・直近3日間でデータ通信量の制限がある
おすすめな人・データ通信量を気にせず使いたい人
・継続的にインターネットを利用する人
・たまに制限がかかっても気にしない人
・たまにインターネットを利用する人
・データ通信量をコントロールできる人
・WEB会議など特定のタイミングで通信制限にかかりたくない人

ソフトバンクエアーはデータ通信量を気にする必要が無いため、毎日ホームルーターを利用したい人におすすめできます。

ただし、速度制限がいつ発生するか分からないのがネックです。
午前中など、回線を利用する人が少ない時間帯は良いですが、夜間は速度が落ちる可能性が高いので要注意。
多くの人におすすめできるホームルーターですが、リモートワークやWEB会議など、制限が掛かると困るタイミングがある人は避けた方が良いでしょう。

WiMAXは直近3日間でデータ通信量に制限があるものの、使い方次第で実質無制限で使うことができます。
たまにインターネット利用したいという方や、データ通信量をコントロールできる人におすすめです。

制限が掛かる時間帯は翌日18時~深夜2時と決まっており、自分のデータ使用量を管理していれば、いつ速度制限が掛かるか把握することができます。
予定に合わせてデータ通信量をコントロールすることで、ソフトバンクエアーより安定した利用もできるでしょう。

また、ギガ放題プラスプランなら3日で15GBまでは制限が掛からないので、データ使用量が少なめな方は気にせず使うことができます。

月間データ容量無制限のホームルーターを一括比較!おすすめのプロバイダも紹介

ソフトバンクエアーとWiMAXを合わせて、ホームルーターの費用を比較してみました。
なお、当記事では費用の比較用に「実質月額」を算出しています。

〇実質月額計算式

実質月額=(基本月額費用×契約月数+初期費用-キャッシュバック-割引)÷ 契約月数

※比較表では、契約期間のないものは契約月数24ヵ月で計算しています。

初期費用やキャッシュバック・割引などを含めた総支払額を契約年数で割ったものとなるので、総合的なお得さを比較するのに役立ちます。
ぜひ参考にしてみてください。

〇費用比較

回線サービス※1月額費用実質月額契約期間キャッシュバック・割引
モバレコAirソフトバンクエアー2,167円~5,368円2,166円2年・26,580円キャッシュバック
・公式10,000円キャッシュバック
・機種代金分 36ヵ月割
カシモ WiMAXWiMAX(5G)4,500円~4,750円4,704円3年・初月無料
・端末代無料
縛られないWiFiWiMAX4,620円4,758円なし
Broad WiMAXWiMAX(5G)4,763円~5,313円4,823円3年・端末代無料
・事務手数料無料(WiFiストア限定)
・5,000円キャッシュバック
ソフトバンクソフトバンクエアー4,180円~5,368円4,494円2年・10,000円キャッシュバック
・機種代金分 36ヵ月割
UQ WiMAXWiMAX(5G)4,268円~4,818円5,271円2年

※1 WiMAXで(5G)表記のあるものはギガ放題プラスプランです。
 無いものはギガ放題プランになります。

 

6社で比較した結果、もっとも実質月額が安いのは「モバレコAir」でした。
特徴を詳しく見てみましょう。

ソフトバンクエアーなら実質料金の安い「モバレコAir」!

モバレコAir

ソフトバンクエアーを検討している人には、割引やキャッシュバックが充実した「モバレコAir」がおすすめです。

〇モバレコAir概要

月額費用1~2ヵ月目:2,167円
3~24ヵ月目:3,679円
25ヵ月目~:5,368円
実質月額2,166円
初期費用事務手数料:3,300円
使用回線サービスソフトバンクエアー
使用機種Airターミナル4 NEXT
最大下り通信速度※1612Mbps
主なキャンペーン・最大26,580円キャッシュバック
・公式最大10,000円キャッシュバック
・モバレコAir限定月額キャンペーン
・36ヵ月割
・あんしん乗り換えキャンペーン

※1 最大下り速度はスペック上の最大値です。実際の通信速度を表すものではありません。

 

独自キャッシュバックの最大26,580円に、ソフトバンク公式キャンペーンの最大10,000円キャッシュバックも加えて、合計で最大36,580円の高額キャッシュバックを受け取れます
また、機種代金分を割引する36ヵ月割も適用できるので、実質機種代無料で利用可能。
比較中でも実質料金がもっとも安く、コスパを重視する方におすすめです。

モバレコAirでは「あんしん乗り換えキャンペーン」も実施しており、他回線からの乗り換えもお得にできます。
違約金・撤去工事費用・機種代金残積などを最大100,000円まで還元してくれるので、契約期間を気にせず乗り換えることが可能です。
今のインターネット回線に不満がある方は、ぜひ検討してみてください。

WiMAXはキャンペーンが充実した「Broad WiMAX」!

Broad WiMAX

WiMAXを検討している方には、キャンペーンやサポートが豊富な「Broad WiMAX」がおすすめです。

〇Broad WiMAX概要

プランギガ放題プラス(5G)※1
月額費用初月~24ヵ月目:4,763円
25ヵ月目~:5,313円
実質月額4,823円
初期費用事務手数料:0円(WiFiストア限定)
端末代:0円
使用回線サービスWiMAX(5G)
使用機種ZTE Speed Wi-Fi
HOME 5G L11
最大下り通信速度※22.7Gbps
主なキャンペーン・5,000円キャッシュバック
・端末代0円
・いつでも解約サポート

※1 5Gの提供は一部エリアのみとなります。詳しくはエリアマップをご確認ください。
※2 最大下り速度はスペック上の最大値です。実際の通信速度を表すものではありません。

 

Broad WiMAXはカシモWiMAXより実質料金では劣りますが、サポートで優れています。
とくに「いつでも解約サポート」は、Broad WiMAXから指定のインターネット回線へ乗り換える際に、違約金が0円になる見逃せないサービス。
「思ったより速度が出ない・使いにくい」「やっぱり光回線に変えたい」という状況でも、気軽に乗り換えることができます。

5G対応プランのギガ放題プラスを展開しており、最新機種の「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を使用できます。
最大下り速度2.7Gbpsと、非常に高いスペックが魅力。通信速度を重視する方にもWiMAXはおすすめです。

今ならWiFiストア限定で、事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンも実施中です。
下記リンクからの申し込みで適用できるので、ぜひ活用してみてください。

ホームルーターの選び方

ホームルーターの選び方

どんなホームルーターが良いか分からない方のために、詳しい選び方をご紹介します。
5つのポイントをしっかりと理解して、自分にぴったりのホームルーターを手に入れましょう。

対応エリアを確認する

まずは各ホームルーターが自宅で使えるか、対応エリアを確認しましょう。
ソフトバンクエアーとWiMAXは、それぞれ下記のリンクから対応エリアが確認できます

〇対応エリアリンク

自宅が対応エリア外だと、ホームルーターを設置してもインターネットにつながりません
使用できるホームルーターを必ず契約前に確認しておきましょう。

どちらも対応エリア外だった場合は、クラウドWiFiなら使用できる可能性があります。
ホームルーターではなくモバイルWiFiルーターとなってしまいますが、気になる方は下記の記事をチェックしてみてください。

用途に合うスペックのものを選ぶ

ホームルーターは機種によってスペックが異なります。
とくに下り通信速度が重要で、ゲームや高画質動画の視聴ではある程度の速さが必要です。

〇通信速度目安

上記の速度を目安に、用途に合うスペックの機種を探してみましょう。

現在契約できる代表的な機種のスペックは、下の表のようになります。

〇通信速度比較表

ソフトバンクエアーWiMAXWiMAX(5G)
使用機種Airターミナル4 NEXTHOME 02ZTE Speed Wi-Fi
HOME 5G L11
最大下り速度612Mbps440Mbps2.7Gbps
平均実測下り速度※42.44Mbps26.69Mbps26~260Mbps

※平均実測下り速度は「みんなのネット回線速度」から引用しています。

 

通信速度を比較する際は、実際に使用した速度の平均値である「平均実測下り速度」を確認しましょう
最大下り速度はスペック上の最大値なので、実際にその速度がでることはほぼありません。
ただし、平均実測下り速度もあくまで平均値なので、利用環境によっては表記の速度が出ない可能性もあるので覚えておきましょう。

ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11」の平均速度データはまだありませんが、ツイッターの口コミを見るとHOME02などの従来機より速度が出ていることがわかります。
ゲームプレイヤーや高画質動画視聴を楽しみたい方は、WiMAXの5Gプランがおすすめです。

ただし、5Gプランを最大限生かすには自宅が5Gエリア内でなければいけません。
5Gエリア外でも十分速度は出ますが、速度を重視する方はエリアのチェックをしておきましょう。

〇ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11の通信速度口コミ

5Gエリア外でそこそこのスペックでも問題ない方は、ソフトバンクエアーの「Airターミナル4 NEXT」がおすすめ。
高画質動画やオンラインゲームを楽しめるだけの速度が出ています。

WEB閲覧やYouTubeの動画再生程度であれば、3機種のどれでも問題はありません。
例として、YouTubeの4K動画の視聴でも平均20Mbpsの速度があれば視聴できます。(※1)
スペックが低めの「HOME02」でも平均26.69Mbpsの速度が出ているので、一般的な用途であれば不都合なく使えるでしょう。

※1 参考:YouTubeシステム要件

 

制限内容に無理がないか確認しておく

「ソフトバンクエアー」「WiMAX」は月間データ容量に上限はないものの、速度制限がかかることはあります。
それぞれ制限の掛かる条件が異なるため、自分に適した方を選ぶと良いでしょう。

詳しくは「月間データ容量無制限のホームルーターは2種類!ただし注意点もあり」で解説しているので、参考にしてみてください。

費用の安さを比較する

どのホームルーターも月額費用がかかるので、なるべくお得に使えるものを選びましょう。
比較する際は、端末代金や事務手数料といった初期費用や、キャッシュバックや割引などのキャンペーンも考慮する必要があります

当記事ではそれらを含めて計算した「実質月額」を計算した比較表を掲載しているので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。
詳しくは「月間データ容量無制限のホームルーターを一括比較!おすすめのプロバイダも紹介」にて解説しています。

なお、比較中もっとも安いホームルーターのプロバイダは「モバレコAir」です。
合計最大36,580円のキャッシュバックに加え、36カ月間の機種代金割引も実施。
コスパを重視する方はぜひチェックしてみてください。

契約期間をチェックする

ホームルーターの各プランには、契約期間が決められています。
契約期間は長くて3年程度あり、期間中に解約すると違約金が発生してしまいます
短期で解約する可能性がある方は、必ずチェックしておきましょう。

契約期間の縛りが気になる場合は、違約金補助のサポートがある「Broad WiMAX」で契約するか、「縛られないWiFi」のようなレンタルサービスの利用がおすすめです。

ホームルーターと制限に関するよくある質問

よくある質問

ホームルーターと制限に関するよくある質問をまとめました。
よく分からない点や気になるポイントがある方は確認してみましょう。

ドコモ HOME 5Gは無制限で使える?

ドコモの「HOME 5G」はデータ量無制限を謳っていますが、速度制限に関する注釈が存在します
完全無制限で利用するのは難しいでしょう。

ドコモ公式サイトの注釈をよく見てみると、直近3日間のデータ利用量が特に多いと通信速度が遅くなると記載があります。

引用:https://www.nttdocomo.co.jp/home_5g/

 

どれだけのデータ通信で発生するのか、どの程度遅くなるのかなどの詳細は不明ですが、WiMAXに近い使用感になることが予想されます。

ホームルーターのレンタルサービスでも速度制限はかかる?

レンタルサービスでも速度制限は発生します。
各プランの注釈などに記載があるので、よく確認しておきましょう

速度制限なしの完全無制限で使えるホームルーターはある?

2021年8月現在、速度制限が発生しない完全無制限で使えるホームルーターはありません

以前はモバイルWiFiルーターで完全無制限のサービスがありましたが、通信量の多さで回線がパンクしてしまい、通信環境を維持できませんでした。

現在の通信技術と利用者数では、完全無制限は難しいと言えるでしょう。

モバイルWiFiルーターや光回線は無制限で使える?

WiMAXはモバイルWiFiルーターも展開しているため、月間のデータ容量に制限はありません。
ただし、ホームルーターと同じ3日間のデータ通信量の制限はあるので、注意が必要です。

光回線(固定回線)はデータ通信量に関する制限はありません。
完全無制限でインターネットを利用したい場合は、光回線がおすすめです

まとめ

ホームルーターには速度制限が一切かからない「完全無制限」で使えるものはありません。
しかし、使い方次第で実質無制限で使える、月間データ容量に上限がないものは存在します。
混みあわない午前中~夕方に利用するなど、各ホームルーターの制限内容に合わせて利用するようにしましょう。

月間データ容量が無制限のホームルーターの申し込み先は、ソフトバンクエアーなら「モバレコAir」、WiMAXなら「Broad WiMAX」がおすすめです。
どちらもキャンペーンが豊富でお得に申し込むことができるので、ホームルーターを検討している方はぜひチェックしてみてください。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。